好転反応、という言葉、一度くらい訊いたことがあるでしょう。

 瞑眩反応、ともいいます。

 もともと漢方や鍼灸など東洋医学の用語でして、治療の過程で一時的に体調が悪化してしまう反応のことをいいます。

どんなことが起こるの?

 症状としては、

  • 眠気、倦怠感、疲労感が出る。
  • 熱が出る。
  • 下痢になる。逆に便秘になる。
  • 皮膚炎や湿疹が起こる。
  • フケ、垢などの排泄物が増加する。

 などなど、実に様々。

 なぜこんなことが起こるのかというと、それは身体の中の解毒、排泄作用が高まっているから。

 ほったらかしにしていた汚部屋を掃除したなら、埃が舞いあがって一時的に不快な状態になるかもしれません。押入の中の不要品を整理するなら、きれいだった部屋がその過程で一時的に散らかってしまうこともあるでしょう。そんなイメージです。

 風邪を引いたときに出る症状…熱、くしゃみ、鼻水、咳、といった症状も、好転反応といえるでしょう。あれらはすべて、免疫機能が悪性ウィルスを殺すために起こしているのですから。

 極めてもっともなことでして、この好転反応という症状は、決して有害な副作用ではないのです。

 ただ問題なのは、それが好転反応なのか悪い副作用なのか、その判別が容易にはつかないことにあります。

好転反応だと信じてみたが……

 まあよくあるパターンです。

 ネット通販で、とある健康食品を買ってみたのです。

 その紹介ページには、実に魅力的な宣伝文句が満ちあふれています。これで人生が変わったという人がいっぱいいるそうです。こりゃ試すっきゃない!

 とりよせて、さっそくワクワクしながら摂取してみます。

 即座にどうということはありませんが、翌日、ちょっとお通じが良くなったような気がします。効いてる効いてる…と嬉しくなります。

 しかしその翌日、逆に今度はお通じが悪くなったような感じがします。

 まあたまたまかな、と思い気にしません。

 しかし次の日も、また次の日も。なんだか日に日に、身体がだるくなるような気もします。また脇のあたりに湿疹が出てきたような感じもします。

 そこでちょっとその健康食品に対する不審の念が芽生えます。

 ネット上の掲示板などでそれに関する意見を収集します。自分と同じような症状を抱えている人がいるではありませんか。そしてそういった人たちに対し、その健康食品の愛好家たちが、

「好転反応だよ。効いてる証拠。がんばって」

「三ヶ月くらい続ければ慣れるし効果も出るよ」

 そう声をかけています。

 なるほどこれが好転反応であったか! と嬉しくなって、その健康食品をとりつづける決意を新たにします。

 例の素敵なマーケティングページに再び赴き、購入者の体験談だの、その健康食品がどう効くのかを解説する文章だのをニヤニヤしながらながめます

 しかしながら、どれだけたってもその「好転反応」が収まる感じはありません。元気が得られるどころか、体調は少しづつ、確実に悪化しています。

 またネット掲示板などをあさります。

「どうしてもつらいひとは量を減らしてみるといいよ」

「いったんやめてみるといいよ」

 そんな意見もあります。

 さもあらんと思い、摂取を三日くらいやめてみます。

 なんだか体調が戻ってきます。

 よし、もう大丈夫だろうと考え、その健康食品の摂取を少量から再開します。特に問題はない感じです(身体にいい影響も感じられませんが)。

 改めて例のマーケティングページに行き、解説文をニヤニヤしながらながめます

 魅力的なそのページを何度もながめすぎて、いまだなんの利益も得られてないにも関わらず「この健康食品を摂取しないなんてあり得ない」「それは人生の損失だ」と思い込んでいます。

 摂取量を、だんだんと普通に戻していきます。

 それに反比例して、やはりまた、体調は悪くなっていきます

 心の片隅くらいでは「この健康食品は自分にとって毒だ。もうやめろ」と叫ぶ部分も在るのですが、やはり支配的なのは「これを手放すなんて人生の損失」という思い込みです。

 また「自分の間違いを認めたくない」心理もあるかもしれません。続けます。摂取を続けます。

 ついに三ヶ月目に到達しました。多くの健康食品において「最低三ヶ月は続けてみましょう」といわれるあの「三ヶ月」です。さてどうなっているかというと……

 ボロボロです。

 あの「好転反応」はまるで収まる様子もなく、また身体が慣れる様子もさっぱりありません

 体調は日に日に悪化し、精神的にもまいっています

 そこまできてようやく「こいつは自分にとって毒だ。やめろ」という、あの声に従う気になります。

 私はこんな悲劇…いや喜劇を、人生でなんども演じています。

自分は騙されていた!

 なんてことをいうつもりはありません。

 MCTオイルのときも同じような話をしましたが、たまたま私には「合わない」食品だったのだと思います。

 また刺激の強い食品や薬品を始めるときには、最初の一週間とかを「慣らし」期間としてごく少量のみ摂る、という手段を取りますが、そういったことを怠ったための結果だったのかもしれません。

 ただ、身体に不快な症状があるのに、素人がそれを好転反応だと思って喜ぶ…などというのは実に滑稽であるし、また危険です。

 もちろん、冒頭で書いたとおり、好転反応というのは確かに存在します

 また悪い作用と良い作用、両方をあわせ持つ食品・薬品もあります。

 私は禁煙する際おなじみチャンピックスのお世話になりましたが、あれはなかなかにひどいクスリなんです。

 凄まじく胃に負担をかけ、猛烈に気持ちが悪くなる。ただ、同時にタバコへの欲求も確かに消えてなくなる

 悪い反応も出るけど、いい結果ももたらしてくれるわけです。

 ただ、あくまで基本的には、身体は有益な物を摂取すれば良い反応を返すし、合わない物や有害な物を摂取すれば悪い反応を返すものです。

 信頼できる医師や指導者のアドバイスを受けられる状況にないのなら、「好転反応」の出る健康食品はやめておくのが無難でしょう。

世の中には即座によい反応を得られるものがたくさんある

 いまでは、なんらかの食品を食べて、自分の身体に変な影響が現れたなら、私は即座にその食品の摂取を停止します。

 もちろんそれは「好転反応」だったのかもしれません。

 摂取を続けていればいいことがあったのかもしれません。

 でも、そうではなかったとしたら……また数ヶ月という決して短くない期間をドブに捨てることになります。

 それがいやですし、また私は、「好転反応」だの「効果が出るまでの3ヶ月」だのを経ないでも、即座に(数日中に、翌日に、半日以内に、一時間以内に、食べたその瞬間に)すばらしい効能を発揮する食品、というのを、いくつか経験しています。

 バタチョココーヒーがそうです。ブルーベリーもそうです。

 良質のスペシャリティコーヒー、ブロッコリー、オレガノ、プロバイオティクスプレバイオティクスエビオスマグネシウムサプリ、等々……。

 もちろん、即座に良い効果を得られても、続けているうちに副作用が出てくる場合もありますが、それはそれで、副作用が現れたそのときに考えます。

 もし自分自身の食生活の工夫ではどうにもならない不具合が現れたら?

 そのときは普通に医者に行くでしょう。

 そうして「副作用」なり「好転反応」なりが存在するものを勧められれば、その説明をきちんと受け、知識を得た上で摂取するでしょう。

 動物は、自分の身体に合わないものはほとんど口にしません

 本能的に、自分の身体に適する物しか摂らないのです。

 犬が、整腸剤代わりに雑草を食ったりすることもありますが、症状が治まれば本能的にやめます。

 人間はなまじ知恵があるゆえに、妙なものを摂取してしまう。し続けてしまう。皮肉なものですな。

【writer : doku】