前回、「ココナッツ・MCTオイルが残念ながら合わなかった話」の続きです。

【前々回】バター+ココナッツorMCTオイルコーヒー! いま、世界で話題のダイエット
【前回】 ココナッツ・MCTオイルが残念ながら体に合わなかった話

バターコーヒーの効果を劇的に高める食材、それは

 それはチョコレートココアでした。

 スーパーとかで売っている、バンホーテンのピュアココアパウダーです。

 もともとはプロテインにでも混ぜようかと思って購入したものでした。

 ココアはコーヒー、ブルーベリーに並ぶポリフェノール供給源で、その効能としてあげられるのは、

  • 血流をよくする。
  • 悪玉コレステロールを押さえ、善玉コレステロールを増やす。
  • 記憶力を上げ、頭を良くする。
  • ストレスに対する抵抗性をあげ、精神を安定させる。
  • 抗酸化作用により肌が若返る。

 等々、実に様々。

 身体によい食品であることは間違いなさそうなので、なにかしらの形で食生活に導入したかったのです。

(低品質なものだとカビ毒の心配があるとも言われますが、ヨーロッパ産のものなら品質に対する規制が厳しいこともあり安心だとか。バンホーテンはオランダのメーカーなので、その点は大丈夫そうです)

 そんなココアを、ふと思いついてバターコーヒーに混ぜてみることにしました。レシピはシンプル。

1.フレンチプレスでコーヒーを淹れる(2杯分くらい)。

2.コーヒーに、バター8gココアパウダーをコーヒースプーン山盛り一杯程度入れる。お好みでを少々。

3.ミルクフォーマーで攪拌する。出来上がり!

バタチョココーヒーの画像

バタチョココーヒー、その強烈な効果

 さて飲んでみます。

 うん、うまい

 砂糖や甘味料の入ってないピュアココアを使っておりますので、スイーツ的な甘さはありませんが、バターや塩の味は案外ココアにもコーヒーにもよく合って、なにかチョコレート風味のおいしいスープを飲んでるようです。

 なかなか悪くないかな、と思いいつつ、ちびちび飲んで約1分後

「おおおおお!?」

 実際に声に出して、立ちあがってしまいました。

 お腹の底から、猛烈にわき上がるワクワク感!

 胃が歓喜しております。腸が小躍りしております。腸内細菌たちがお祭り騒ぎをしております。

 身体が温まり、体温が心地よく上昇いたします。脳に血液が行き渡ります。全身の細胞が、光を帯びたかのように活性化します。

 まさに感激の体験…でした。

 それまでは正直、「シリコンバレー式」の著者がバレットプルーフコーヒーの効果を大絶賛する言葉を、ちょっと大げさだなと感じていたのですが、いまならわかります

 バレットプルーフコーヒーによって、彼も同じような感覚を味わったのでしょう。飲み物ひとつで、自分の心身にここまでの現象が起こるとは。

 名付けて、バタチョココーヒー(そのまんま)! その効果は決して一時的なものではありませんでした。

 踊り出したくなるような感覚はそのうちに落ちつきますが、朝飲めば午前中は空腹感が完全にオフになりますし、頭冴え冴え、身体イキイキ、やる気ムンムンで、仕事にせよ勉強にせよ、とことん捗ってしまいます

 腹部はすっとへっこみます

 むろん即座に体脂肪が燃えて消えるわけはありませんが、内臓の炎症が低減したような感覚があります。

 おならが出てしまいますが、それですっきり。あらたな有毒ガスが、腸内に発生する感じはありません。

 またちょっと尾籠な話ですが、大小ともに便の量が明らかに増えました

 お腹を下したり、お酒に酔っ払ったときなども排泄物の量は増えますが、それらの場合とは、排泄感が明らかに違う

 とても気持ちよい爽快な排泄感です。

 大の方などは、でっかいものがぬるりと出る感じ。

 あまりにスムーズなもので、きょうはあんまり出なかったのかな、と思い排泄したものに目をやってみると、その巨大さにびっくりする、ということがしばしばです。

 ちなみに、バレットプルーフコーヒーのレシピにおいても、オプションとしてココアパウダーを使うことはアリとされています。

 バレットプルーフコーヒーが大丈夫な方なら、そこにココアパウダーを加えることで、よりすばらしい利益を得られるかもしれません。

是非ともお試し頂きたいバタチョココーヒー

 もちろん、他の記事でもしょっちゅう言っているように「個人差」「合う合わない」はありますので、ここまで大げさなことをいっておきながら、

「なんの効果もねーじゃねーか!」

「気持ちが悪くなった! 謝罪と賠償を…(以下略)」

 といわれることもあるかもしれません。

 それでも、試してみて頂きたいなぁ、バタチョココーヒー。

 別に慣れるまで三ヶ月飲み続けろとか言いません。

 バタチョココーヒーがあなたに「合う」とすれば、最初の一杯目ですばらしい効果を体験できるでしょう!

【writer : doku】