プロバイオティクス・ウルトラジャロードフィルスの画像

 ちょっと前から、海外産のプロバイオティクスサプリを始めました。

 乳酸菌をはじめとした、人体に有益な腸内細菌がたっぷりと入った食品です。

 もともと、国産の乳酸菌サプリや乳酸菌のお薬(ビオフェルミンとか)などはときどき摂っていたのですが、ご存じの通り腸とは人間にとっての最重要器官

 「腸の調子=身体の調子=人生の幸福度」といってよいほど大切なものです。

 より高いレベルの「好腸」を目指し、あらたなサプリも試してみることにしたわけです。

10種、500億個入りの高含有

 で、購入してみたのが、Jarrow Formulas社製、ウルトラジャロードフィルスという商品。

プロバイオティクス・ウルトラジャロードフィルス成分表の画像

  • アシドフィルスLa-14
  • ラムノサス R0011
  • アシドフィルスR0052
  • カゼイLc-11
  • パラカゼイLpc-37
  • プランタルムLp-115
  • サリバリウスLs-33
  • ラクティスBl-04
  • ブレ―ヴェBb-03
  • ロンガムBB536

 という10種類の有益菌が1カプセルに500億個も入っているとのこと。

 まあ正直こういった細菌名を並べられても、それらひとつひとつがどういうモノかまではさすがに知りませんので「なんか凄そう…」くらいに思うばかりなのですが、細菌の種類が多いことはなにげに重要です。

 有益な細菌といえども、ひとによって「アタリ」「ハズレ」にわかれるといいます。

 人の腸内環境、あるいは腸そのものは、

  • 体質
  • 人種
  • 先祖代々がなにを喰ってきたか
  • 自身が幼い頃よりどんな食生活を送ってきたか

 等々の事柄によって、ひとそれぞれ異なります。

 自分にとって相性のいい「アタリ」の菌を摂取しなくては、有益な効果は望めないわけです。

 よって含有する細菌の種類が多ければ…単純な話「アタリ」に出会える可能性は高くなります。もちろん、有益菌同士の相乗効果等も期待できます。

 日本のドラッグストアで買えるプロバイオティクス商品に含まれている細菌の種類は、3~4種類のものが多いようです。

 それに比べれば10種類というのはすばらしい

 500億個というのも、カプセル、錠剤系のプロバイオティクスの中では極めて多い数となります。

 一日の推奨摂取量は1カプセルで、60カプセル入り(2ヶ月分)。

 お値段は¥3370-(2017/08/30現在)。一日あたり約56円…というならたいした額ではなさそうですが、海外サプリの中ではお高めです(だから効きそう! と考えて購入したわけですが)。

プロバイオティクス・ウルトラジャロードフィルスのカプセルの画像

 こんな感じのカプセル製。

 胃で溶けず、腸で溶ける腸溶性カプセルなのが嬉しい。

 ご存じのように、口から摂取したプロバイオティクスは、その多くが胃酸等にやられて、腸にたどり着いたときには死菌となってしまいます。

 死菌は死菌で有益らしいのですが、どうせなら生きた菌のほうがありがたいでしょう。

(本当に、胃で溶けません。かなり汚い話になりますが、まえにちょっとひどい風邪を引いて、食後このカプセルを飲んだ1時間後くらいに、嘔吐してしまったことがあります。まったく溶けてないコイツが、そのまんまの状態で出てきました。腸にたどり着いたらほんとに溶けるんだろうな? と逆に不安になったくらい)

さて、その効果のほどは?

 飲み始めて2~3日後、さっそく効果が現れました。

 出ました! ぬるりと!! でっかい山吹色のウンチが!!!(また汚い話ですんません)

 不思議なことに、大便が山吹色だったのはそのときのみで、それ以降はいつもの茶色い便に戻ったのですが、快適なお通じはその後も続きました

 体調面に関しても、よい効果は感じられています。

 良質のコーヒーやココアなど、有益なポリフェノールをたっぷり摂った後というのは、おなかがなんだかウキウキしてハイテンションになるものですが、それをソフトにしたような感覚が、そのかわりずっと続いているような感じがするのです。

 精神的にも、頭脳的にも、肉体的にも、「穏やかな冴え」とでもいうべき好調感が、朝から晩まで継続しています。

プロバイオティクスは続けなきゃダメ

 ところでプロバイオティクスの効能は、摂取をやめると消えてしまいます

 続けなきゃダメだそうなのです。

 こんなことを考えたことはないでしょうか。

 腸内の善玉菌というのは食物繊維等のプレバイオティクスを餌にしてガンガン増えるのだから、高価なプロバイオティクスとプレバイオティクスサプリを同時に飲んで、腹の中で永久的に培養してしまえば、そのうちにプロバイオティクスのほうは要らなくなるではないか、と。

 私は考えていました(笑)。

 けど、総都合良くはいかないらしいのです。

 いわく、人の腸内に永続的に住み着く細菌の種類というのは、そのひとの幼少期ですでに決まってしまい、それ以外の種類の細菌を外部から摂取したとしても(すべてではないらしいが)そのほとんどが数日で排泄されてしまうのです。

 もちろん、腹の中にいる数日間においては、しっかり良い働きをしてくれます

 悪玉菌と戦い、食物繊維類を分解し、人の身体、脳、心に有益な影響を与える代謝物を生産します。

 数日たったら、ウンチとともにさようなら。だから、効能を得つづけたければ、継続して飲む必要があるわけです。

もちろん、こいつだけ飲んでいればよいというわけではない

 当然ながら、いいサプリを飲んだところでそれ以外の部分でいい加減な生活を送っていては意味がありません

 ある時期忙しさにかまけ、やたらジャンクな食生活に陥り、野菜、果物不足になった時期がありました。

 腸を悪くしたくはありませんでしたので、このプロバイオティクスサプリに関しては続けていたのですが、やはり腸内環境は悪化…コンディションはガタガタになってしまいました。

 腸への重要度でいうなら、1に野菜類、2に果物やポリフェノール類、3にプロバイオティクスやプレバイオティクスのサプリといったところでしょうか。

 いい加減な生活をフォローしてくれるサプリ……というものではないと思います。

 逆にいうなら、まっとうな食生活を送るという基本さえ守っていれば、それにプラスアルファした良い効能を与えてくれる、といった感じです。

 前述したとおり「アタリ」「ハズレ」がひとそれぞれなので、このウルトラジャロードフィルスがすべてのひとに効くわけではないでしょうが、自分に合うプロバイオティクスをいろいろ捜してみるというのは、なかなかに楽しく、有益なことではないかと考える次第です。

追記

 私が試したときには特に問題は感じませんでしたが、この商品、冷蔵保存が必須なので、海外からの輸入には向かないそうです。

 iHerbでは、下記の商品が代替としてオススメされています。

California Gold Nutrition, LactoBif プロバイオティクス, 300億 CFU, 60ベジカプセルCalifornia Gold Nutrition, LactoBif プロバイオティクス, 300億 CFU, 60ベジカプセル

【writer : doku】