MCTオイルパッケージ画像

 前回、「バター+ココナッツorMCTオイルコーヒー! いま、世界で話題のダイエット」の続きです。

バレットプルーフコーヒーを飲み出してから起きた、不吉な体調変化

 さて、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読み終わったわたくし。

 ウキウキしながら、各材料や器材を通販にて買い求め、さっそくバレットプルーフコーヒーを試してみました。

 おいしい! 確かに元気が出る! こりゃあいい!

 またバレットプルーフ理論に基づき、食生活も改良していきました。

 一日目、二日目、いい感じです。

 しかし三日目、なんか変です。ダルいです。

 なぜなのかな? と思いました。

 食事制限も始めていたので、それが原因なのかと考え、その日はちょっと多めに食べてみました。

 けれども四日目、ダルい。昨日よりダルい。

 五日目、ますますダルい

 なんというか、胃腸の調子がおかしい? 胃腸が、ぐったり死んだようになってる?

 食べ物に合わないものがあったのかな、と思いました。

 食生活の改良により、いままでほとんど食べたこともなかった食材を多く摂取していました。

 あやしげなものから、メニューより外していきました。

 アレを外しても……ダメ。コレを外しても……ダメ。変化なし。

 ダルさは日に日に増していきます。

結局なにが原因だったのか?

 答えは、まあおわかりですよね。

 この記事のタイトルどおりです。

 実はかなりはじめの方から、あやしいとは思っていたんです。

 けど認めたくなかった。MCTオイルが自分に合わないとは。

 MCTオイルは、バレットプルーフコーヒーの肝です。

 バレットプルーフ理論においては、腸内細菌のコントロールを非常に重視します。

 腸内細菌には、善玉悪玉というカテゴライズとはまた別に、脂肪を燃えさせる痩せ菌、脂肪を蓄えさせるデブ菌という分類もあるそうです。

 デブ菌=悪玉菌であることも多いですが、必ずしもすべてではない。善玉菌にもデブ菌は存在します。

 MCTオイルは、善玉悪玉、痩せデブ問わず、腸内細菌全体を抑制する効果もあります。

 また一方、コーヒーポリフェノールには痩せ菌を養う効果があります。

 よって、

 コーヒーと脂肪を摂ることで、すべての腸内細菌をいったん抑制したあとで、「痩せ型」細菌に餌を与えて増殖させることができる。

 ことになり、その作用により劇的なダイエット効果を得ることができるというわけです。

 バレットプルーフ理論の肝はバレットプルーフコーヒーであり、そのバレットプルーフコーヒーの肝がMCTオイルです。

 それがダメとなると、いま自分が行おうとしている健康法の根幹が失われることになる……その恐怖心ゆえに、MCTオイルが合わないことを認められなかったのです。

 MCTオイルを少なめにしてみました。ダメ。

 ごく少量にしてみました。ダメ。

 アレルギーテスト…いわゆるパッチテストをしてみました。これは異常なしでしたので、その結果にすがりつくようにMCTオイルをつづけました。

 コンディションは日に日に落ちていきます。

 MCTオイルからココナッツオイルに変えてみました。やっぱり、ダメ。

 ここまできて、やっと認めるしかなくなりました。

 MCTオイル入りのバレットプルーフコーヒーから、MCTオイル抜きのただのバターコーヒーにかえると、不調は3~4日で消えました。

有効な食品ではあるんだろうけど

 もちろん私は、MCTオイルやココナッツオイルが有害だといいたいわけではありません。

 多くの人々が有益だと認めているのですから、すばらしい食材であることは真実なのでしょう。

 ただ、わたしには合わなかった。合わない人間もいるのです。

 そういう体質の人間が、健康に良いはずだと信じて合わないものの摂取を続ける……これは悲劇です。

 さいわいバレットプルーフ理論…その哲学や数々の知恵・知識は、MCTオイルなしでも有益なものでした。

 そもそも「自分が摂った食物が自分にどう影響するかを徹底的に検証しろ! 合わないものは喰うな!」というバイオハックの考え方を教えてくれたのがバレットプルーフ理論です。

 それからというもの、私は日常の摂取物をすべて慎重に検証し、なにを食べた後どんな感じだったかを欠かさず日記に付け、不調を招いたものは取り除き、好調をもたらしたものを積極的に食べ、元気な日々を過ごしています。

見つけた! MCTオイルに代わるもの

 で、MCTオイルはやめた後もバターコーヒーは飲み続けていたのですが……

 ただのバターコーヒーでも、おいしいし、元気も出るし、空腹感も消せるので、まあいいかと思っていたのですが、どうせならもっと効果を高める工夫はないかと、いろいろなものを混ぜ合わせる実験をしてみました。

  • シナモン … いまいち。あんまり好きな味じゃない。効果の高まりも感じない。
  • 生姜粉末 … どうせなら生姜紅茶にした方がいい。
  • 黒砂糖 … 一時的に血糖値が上がってテンションも高まるが、あくまでほんの少しの間だけ。太るのは困る。

 そんな感じで試していきました。

 そうしていると、すぐに、見つかりました。

 私にはなんの副作用もなく! バターコーヒーの効果を! 強烈なまでに高める食材が!!

 それはなにか!?

 答えは、次回

 つづく!!

【writer : doku】