難消化デキストリン・イージーファイバーの画像

 プレバイオティクスという言葉をご存じでしょうか。

 プロバイオティクスとは違います。

 どちらも腸内の環境を整え、お通じを改善し、心身の調子をよくしてくれる食品です。プロバイオティクスはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌など腸内細菌そのものであるのに対し、プレバイオティクスとは、その腸内細菌の餌となる食物繊維類のことをいいます。

 プロバイオティクスについては、サプリや食事から摂取しても胃酸によって死んでしまうので意味がないとか、死菌でもそれはそれで有益性はあるとか、諸説様々でややこしいですが、プレバイオティクスは単純です。

 それを摂れば、腸内で有益な腸内細菌が勝手に繁殖して、増えてくれるというわけです。

プレバイオティクスを摂取するためのサプリ

 まあ要は(水溶性の)食物繊維のことですので、日常の食事からも摂取することは可能です。

 ただ通常の食品からプレバイオティクスをガッツリ摂ろうと思ったら、大量の野菜と、かなりの量の炭水化物を食べる必要があります。

 野菜は多いに結構ですが、肥満防止を考えるなら、炭水化物はほどほどにしたいところ。

 そこでサプリメントの出番です。

 いまの日本において市販ないし通販でプレバイオティクスサプリを購入しようと思ったなら、おそらく次のなかのどれかを選ぶことになるでしょう。

  • 液状オリゴ糖
  • 粉末オリゴ糖
  • 難消化デキストリン
  • イヌリン

 液状オリゴ糖はスーパー等でも売っていますし、甘くておいしいのですが、実際にプレバイオティクスたり得る成分は少なめでカロリーも高めなのが難点。それよりは粉末のものを選んだ方が良いでしょう。

 難消化デキストリンも、名前こそは難しげですがオリゴ糖の一種。「肥満をふせぐ」と謳われる、いわゆる「トクホ飲料」の多くに含まれているプレバイオティクスです。

 実際、余分な糖質や脂質を包み込み、体内に吸収させずに排泄する効能があるとのこと。「トクホ飲料」を毎日飲むくらいなら、この粉末版をお茶にでも溶かして飲んだ方が経済的です。

 イヌリンは芋類やゴボウ、ニラなどに含まれる成分で、腸内で発酵分解されることによりフラクトオリゴ糖となります。

 その分解過程において酪酸プロピオン酸など健康やダイエットに有益な成分をたっぷりと生みだし、食欲を抑えたり、痩せホルモンを分泌させたりするそうです。

プレバイオティクス摂取においての注意点や副作用

難消化デキストリン・イージーファイバーの粉末画像

 そんないいことずくめなプレバイオティクスですが、体に取り入れるに際して気をつけるべきこと副作用の心配などはないのでしょうか。

 商品パッケージの注意事項を見ていただければたいてい書いてありますが、

「飲み過ぎるとおなかが緩くなる可能性」

 …があります。

 逆に言えば、注意点や副作用なんてせいぜいそのくらいなもので、きわめて安全な健康食品といえます。

 ただ、特にイヌリンとかはそうらしいのですが、原材料次第で、人によってはアレルギーを起こし、体がかゆくなったりしてしまう可能性もあります。

 またこれは私の実体験ですが、大量の乳酸菌サプリと一緒に大量のプレバイオティクスを摂取したら、腸内で菌が繁殖しすぎて、腹部が膨満し一時的に苦しい思いをするハメになってしまいました。

 乳酸菌サプリと併用して不都合が出た場合は、互いの量を控えめにするか、摂取する時間をずらすかするといいかもしれません。

 なんにせよ、よくいうように、

最初は少量から始めて、様子を見つつ量を増やしてゆく」

 方法をとれば、問題ないはずです。

 慣れてくれば、結構な量をガッツリと飲んでも大丈夫になりますよ。

さまざまなプレバイオティクス、どれを選ぶべき?

 とことんお通じをよくしたいなら粉末オリゴ糖。

 身体に悪い成分のブロック、排泄といった、デトックス的な効能を求めたいなら難消化デキストリン。

 身体をイキイキ、元気にしたい、というならイヌリンがオススメ。

 また液状オリゴ糖も、プロテインやコーヒーなどでお砂糖代わりの甘味付けとしては優秀です。

 購入にはやはりネット通販で、大容量をまとめ買いするのがコスパ良しでしょう。

 ただ上記のように、あまりないとは思いますが、体に合わないという可能性もあります。

 あるいは飲んではみたけど特に有益性を感じない、という場合もあるでしょう。

 せっかく大容量のものを買ってそんな結果だったらもったいないので、最初は記事内の写真のような、スティックタイプのものから試してみても良いかもしれません。

 大容量版の保存に関しては、開封してタッパー等に移したあとは、出来るだけ冷蔵庫で保存するのがよいでしょう。

 量が多くてなかなか飲みきらないものを、適当な場所でに置いておいたら、しけったり変色したり変な味になったり、効果が感じられなくなったりいたしますので。

 みなさんも、積極的にプレバイオティクスを摂り、おなかウキウキな快適生活を送りましょう。

【writer : doku】