乳酸菌歯磨き粉・アバンビーズの画像

 みなさん、歯磨きはしてますか?

 まぁ大概の人はしてるでしょう。してない人はちゃんとしましょう、歯磨きくらい(笑)。

 ではみなさん、どんな歯磨き粉を使っておいででしょうか。

 スーパーで適当に買った品? こだわりを持って通販で取り寄せた高級品? それとも歯磨き粉は使わない主義?

 今回は、私が使っているちょっと変わった歯磨き粉についてお話しします。

もともとはごく普通の歯磨き粉を使っていたが…

 かつて、私は歯磨き粉に対するこだわりなど持ってはいませんでした。

 いや、中途半端に、こだわりともいえないこだわりは持っていたのかも知れません。

 歯磨き粉がなくなりそうだな~、という状況になると、スーパーやドラッグストアの歯磨き粉コーナーへ行き、何を買おうかちょっと迷います。

 各商品の売り文句を眺め、比べ、結局のところ、お値段的には「下の上」程度のものを買って帰ります(最も安いものを選ぶわけではない点が中途半端さを表しています)。

 さてある時期、腸を良くしたくて、プロバイオティクスについていろいろ調べることが多くなりました。

 お馴染みビオフェルミンについて、たしかアマゾンのレビューを見ていたときだったと思います。

 多くのレビューの中に、

「ビオフェルミンを囓ると、口内の環境が良くなり、歯周病の予防になる! 体調も良くなり、いろいろはかどる!」

 というような一文を見つけました。

 ほう、と興味を持ち、乳酸菌とお口についても調べることにいたしました。

乳酸菌が口内にもたらす効能

 大人の人で、口の中には300~700種類の細菌が生息していると言われます。

 細菌の個数、ということでいうなら、これは歯を良く磨くか否かで個人差があり、1000億~1兆個(!)もの細菌が存在するそうです。 

 もちろん細菌イコールすべてが体に害悪、ではありませんし、無菌、少菌状態はむしろ身体にとって危険な場合もありますが、やはりケアを怠れば、口内の細菌叢はよろしくない状態へと傾いてしまいます。

 そんな、悪玉菌だらけの修羅の国と化したお口の中に乳酸菌を放り込むとどうなるか。

 腸内同様です。悪玉を倒す正義の勢力として活躍してくれるのです。

 むろん即日で効果が出るわけではありませんが、日々、乳酸菌錠剤の類いを噛み噛みし、乳酸菌軍団に援軍を送り続けてやれば……

 ついには口内で乳酸菌軍団が悪玉菌を駆逐! …とまではいきませんが、善玉乳酸菌軍が口内における最大勢力となり得ます。

 そうするとどうなるでしょう?

 多くの人々が気にするお口のトラブル、その多くの予防・改善が期待できるのです!

 まず、口内がきれいになります。

 歯垢が発生しにくくなり、口内のネバネバも少なくなります。

 こいつらの正体は、悪い細菌だからです。

 善玉菌にやっつけられた結果、悪い細菌は少なくなり、よって歯垢やネバネバも少なくなります。

 虫歯の予防にもつながります。

 虫歯の原因とは何でしょうか?

 歯垢に住み着く、虫歯菌に類する細菌です。つまり、悪い細菌。善玉菌軍団の駆逐対象です。

 口臭の予防にもつながります。

 口臭の原因とは何でしょうか。

 やっぱり悪い細菌です。

 歯周病予防にも期待できます。

 歯周病の原因とは何でしょうか。

 やっぱり悪い細菌です。

 つまり、多くのお口のトラブルの原因の大概は「悪い細菌」であるので、それを退治してくれる「善玉乳酸菌」を口の中に飼っておくことは、口内環境にとって極めて有益であるわけです。

 もちろん、実際に歯垢も凝り固まって「歯石」にまで進化してしまうと、歯医者で除去してもらうしかなくなりますし、はっきり「虫歯」「歯周病」になってしまった場合も、歯科での治療は必須となります。

 それに対しても、乳酸菌は治療の一助となるでしょうし、また治療後の再発防止に有効です。

 また口内の細菌叢が良い状態にあるというのは、その持ち主の「食」のクオリティを上げます。

 想像してみてください。

 高級高品質新鮮オーガニック栄養満点食材を…

 最高のシェフが、完全な衛生状態にされたピカピカのシステムキッチン高価な調理器具類料理し…

 同じく完璧に洗浄され、磨き上げられた高級食器に盛りつけたとして……

 そのすばらしい食べ物を、最後に咀嚼する歯が、お口がバイ菌だらけでは……

 台無しじゃないですか?

 その料理がどれだけ体にいいものであっても、最後の最後で汚染されてしまうようには感じませんか?

 逆にいえば、少々変なものを食べても、口内の細菌状態が優良なら、咀嚼の過程である程度は悪いものを除去してくれる(あくまである程度は、ですが)ことが期待できるわけです。

二種類の乳酸菌歯磨き粉

 というわけで乳酸菌錠剤をポリポリやり始めました。

 聞いた通り、口の中がきれいになった感じがします。

 悪い口臭が発生することもなくなり、むしろヨーグルト系のいい匂いが、口からするようになった……気がします(実際に誰かに嗅いで、確認してもらったわけではありませんが)。

 体調も良くなってきたように思います。もちろん、ポリポリ囓るとはいえ、乳酸菌錠剤の大半は胃へ、腸へと落ちてゆくわけですから、本来の、プロバイオティクスとしての効果も得られています。

 歯磨き粉は、これまでのものを使っていました。パッケージを見返してみると、悪い細菌をやっつける「除菌効果」がなかなかに強いそうです。

 これは頼もしい。そう感じました。この歯磨き粉で悪い菌を退治して、そこに乳酸菌を送り込めば、効果倍増、間違いない!

 しかし、あるとき歯磨き粉についてネットで調べてみたところ……

 いろいろ眉をひそめさせることが書いてあるではありませんか。

  • 歯磨き粉の中で研磨性の高いものは、歯に負担となる。
  • 泡立ちが良すぎるものは問題あり。磨けてもいないのに磨いた気分なる。また泡立ち成分に、人体に害となるものが使われている場合もあり。
  • その他、海外製に多いようだが、品物によっては得体の知れない添加物が使われている可能性あり。

 私がそのとき使っていた歯磨き粉がどうだったのかはわかりませんが、ちょっと「う~ん」と考えさせられてしまいました。

 歯磨き粉にも、多少はこだわって、良いものを使った方がいいのかな、と思いました。

 そのときふとピンときたわけです。

「どうせなら、乳酸菌入りの歯磨き粉はないのだろうか?」

 そうして探してみると……あった! あった!

二種類の乳酸菌歯磨き粉

 とはいえ見つかったのは2種類です。

 乳酸菌の、口内での有益性を考えるとちょっと意外な感じもしましたが、ともあれ2種類です。

 いえ正確には1種類といったほうが性格でしょう。これから紹介する、ふたつのうちひとつには、正しくは乳酸菌が入っていないからです。

 さっそくご紹介してまいりましょう。

アバンビーズ。乳酸菌その他の成分で口内の悪玉菌を除去し、口臭を防止する歯磨き粉

 まずひとつ目が、わかもと製薬「アバンビーズ」

 伝統的整腸剤のひとつである「強力わかもと」、乳酸菌特価の「わかもと整腸薬」等でお馴染みのメーカーによる、乳酸菌歯磨き粉です。

 主成分たるWB2000乳酸菌は、ナチュラルかつパワフルな清掃剤としても活躍し、歯垢を除去。歯を自然な白さに磨き上げてくれます。

 また「ベータシクロデキストリン」「ゼオライト」といった成分が口臭ガスを吸着。口臭を抑えます。

 他にもタバコのヤニ汚れなどを除去する成分歯周病を予防する抗炎症剤などが含まれているとのこと。

 乳酸菌の口腔への利益の中でも、特に口臭対策を売りにした商品であります。

 口臭とは、非常に軽いものではありますが、ある意味一種の毒ガスともいえます。

 臭いとは周囲が思うばかりで本人は気づかない…とはよく言われるところですが、実際のところその毒ガスの害を一番被り、気付かぬうちに健康を害しているのは当人だったりします。

 このアバンビーズを使用したことで口臭がなくなったどころか、いつのまにか体調が良くなったという人もいるそうです。

デントラクト。乳酸菌生成エキスで口内の乳酸菌を増やす歯磨き粉

 つづいてはB&Sコーポレーション製「デントラクト」

 前述した、正確には乳酸菌が入ってない歯磨き粉とは、これのことです。

 そのかわりに、この歯磨き粉、他社にはない独特の成分を保有しています。

 それが乳酸菌生成エキス

 乳酸菌発酵させた大豆より抽出した、B&Sコーポレーション秘伝の成分です。

 B&Sコーポレーションが昔から発売しているお通じ改善サプリ、「ラクティス」「智通」といった商品の主成分でもあります。

 その効果は善玉乳酸菌を守り、増やすこと。

 ごく少量で、極めてパワフルな効果をもたらす、スーパープレバイオティクスといったところでしょうか(食物繊維ではありませんが)。

 乳酸菌そのものではなく乳酸菌生成エキスを使うのは、乳酸菌にはひとそれぞれ相性の合う合わないがあるので、場合によっては利益や効能を得られない可能性があるため。

 また、外から取り込んだ乳酸菌は、残念ながら体内に定着することはあまりなく、数日で体外へと排泄されてしまうことが多いから…でもあります。

 人間の体内の体に住み着く(定着する)善玉菌の種類は、幼少期の段階ですでに決まってしまいます。

 それ以外の菌を摂取しても、おなかの中にいる数日間は有益に働いてくれるものの、その後は便とともにサヨウナラ……排泄されてしまいます。

 この乳酸菌生成エキスであれば、その当人にとってすでに定着済みの、最もナチュラルかつ有益な善玉菌を増やすことができます。

 アバンビーズの「WB2000乳酸菌」が合わなくて効果を感じられない方、自分にとってナチュラルな乳酸菌でオーラルケアをされたい方などに向いています。

 またアバンビーズに比べて、添加されている成分が少ないことも特徴。

 厳選された、安全背の高い原料を使用して作られたというデントラクト。

 発泡剤や香料は不使用ですし、口臭対策の成分や歯周病対策の抗炎症剤なども含まれてはおりません。

 あくまで「乳酸菌生成エキス」で口内細菌叢の状態を良くすることに特化した歯磨き粉なのです。

 そういう意味でも、ナチュラル派の人にオススメなのではないでしょうか。

「アバンビーズ」と「デントラクト」。両方使ってみた結果。

乳酸菌歯磨き粉 アバンビーズとおまけ歯ブラシの画像

 さてこの両商品、わたくし、両方使ってみました。

 長々書いてきた割に比較及びレビュー部分はあっさりですが、この二つ、両方とも、

 うん、普通に…同じように効きます

 歯医者でのホワイトニング治療はもちろん、ホワイトニング系の歯磨き粉には劣りますが、歯、自然な感じで綺麗になります。

 口内や、舌のネバネバ、少なくなります。

 口の中がさっぱりしています。

 多分口臭も、より少なくなっていることでしょう(やはり他人にチェックしてもらってはいない)。

 口内毒ガスがなくなったおかげかはわかりませんが、気分もいい感じです。

 むかしは、多くの人々の例に漏れず歯磨きが億劫でならなかった私ですが、最近では食事の後はすぐ歯磨きをしたくなります

 食事を取る。 → 綺麗だった口内環境が乱れる。 → 不快で落ち着かなくなる。

 という回路ができあがっているのでしょう。

 これらの歯磨き粉を使うようになってから、日々の体調、生活の基本レベルが、ちょっとだけではありますが上昇したように思います。

 比較としては、添加物少なめの「デントラクト」は、そのぶん泡立ち等は少ないです。

 あまり「歯磨きしてやってる~♪」感じになりにくいかも知れません(まあそのほうが良いともいわれます)。

 ミネラル豊富な沖縄の天然塩を含んでいるというだけあって、味はしょっぱいです。

 幼少の頃、親がよく買っていたコープの塩歯磨き粉を思い出させてくれます。

 一方の「アバンビーズ」

 こちらはデントラクトと違ってシャカシャカ泡が立ちます(前述の通り、それに関する是非は諸説あります)。

 磨いた後、気持ちのいい爽快感をしっかりと味わえます。

 それも、安物の歯磨き粉を使った後のような、刺激が強すぎて痛いような感覚ではない、自然なさっぱり感です。

 ちょっと取り扱いにくい(?)点としては、歯磨き粉にしてはかなり堅めで、粘度も高いこと。

 乳酸菌を歯磨き粉内で生かすためなのでしょうか? 水分を少なめにして製造しているようなのです。

 慣れないうちは、

「チューブから歯磨き粉が出てこない!」

 と力を入れてしぼり、結果大量の歯磨き粉をぶちまけてしまう、ということが起こるかも知れません。

おわりに

 その他、注意事項、副作用等の心配などは……特にないです

 ただ、これは個人的に行っていることですが、冷蔵庫にて保存してます。

 アバンビーズの方ですが、アマゾンのレビューの方に、

「最初はいい感じだったが、次第に効かなくなった。乳酸菌がみんな死んでしまったのだろうか?」

 というような内容の一文を見つけたからです。

 確かに、乳酸菌はデリケートな物質

 口腔摂取するサプリメント商品においても、できうる限り冷蔵庫で保管すべしといわれています。

 よって念のため、冷蔵庫にしまうこととしたのです。

 デントラクトの方は、乳酸菌そのものは入っていませんが、やはり天然成分が多く入った歯磨き粉。

 妙な変質を予防するためにも、冷蔵庫で保管して悪いということはないでしょう。

 歯磨き粉にしては…ですが、安い買い物ではありません。

 アバンビーズが80gデントラクトが70gで、お値段はどちらも1000円と少々(2017.9.30時点)

 安い歯磨き粉と比べれば、分量3分の1、お値段5~10倍といったところ。

 まさにセレブリティな歯磨き粉です。

 けれどもこれらを使い続ければ…

 歯はピカピカ、お口さっぱり、口臭知らずで、毎日元気。

 そんな日々が、期待できることでしょう。

【writer : doku】