おにぎり

 みんな大好き、コンビニおにぎり。

 お店に行けば、何種類も並んでいて、どれにするか悩んでしまう人気食品であります。 

 しかしながら、多くの出来合いの食品同様、コンビニおにぎりもまた、あまり体によろしいものではない、と一般的にはイメージされています。

コンビニおにぎりの是非

 いうまでもなく、コンビニおにぎりはシンプルな食品です。

 メインはご飯……炊いた米です。

 そのご飯の中に入れる具材、包む海苔。基本的には、それらの食材から成っています。

 ですが「コンビニおにぎりが体に悪い」派が問題視するのは、それら食材のどれでもありません。

 裏側の原材料一覧を見ると書いてあるでしょう、「ph調整剤」と表記される、腐敗・変色防止のための添加物です。

 それが体に悪い…………可能性があるというのです。

 ちょっと曖昧な言い方ですね。

 実はph調整剤というこの言葉、特定の物質を示すものではなく、

  • クエン酸
  • グルコン酸
  • 炭酸カリウム
  • リン酸
  • コハク酸
  • アジピン酸
  • (他にもたくさん!)

 等々の添加物を、

「食品のphを4~5の酸性に保つ」

 目的のためにブレンドしたものの総称であるのです。

 同じ「ph調整剤」表記でも、実際の中身は各メーカーによってバラバラ、ということもあります。

 だから、

「なにが入っているか分からない」

 ということで、

「健康に悪影響……かも知れない」

 そのように恐れられているのです。

 けれども実際のところ、ph調整剤に使われる添加物の多くは自然界に存在するものです(自然界にある=安全、というのはもちろんナンセンスですが)。

 各成分をひとつひとつ調べていけば分かることですが、よっぽど大量に摂取しない限り、人体に悪影響が出るようなことはありません。

 むしろそういうのを使わないほうが、食中毒等の発生が怖い! てなものです。むしろ健康のためにプラスな添加物、と判断するのが真っ当かと思います。

(食中毒といっても、医者にかからねばならぬような深刻なものだけとは限りません。

 無自覚の内にちょっと傷んだものを食べで微妙に具合を悪くする、ということを繰り返し、原因の分からぬ憂鬱な日々を過ごしているひとは、案外多くいます。

 傷んでない高品質なものを食べることは、大切なのです)

コンビニおにぎりはむしろ健康にいい…のではないか?

 さて、コンビニおにぎりが害悪なんてことはない! という内容でしたが、今日はそれで終わらず、コンビニおにぎりには、実は身体への非常に高い有益性もある……のではないかという方向へ、話を膨らませてみようかと思います。

「体に害はない」

 ではありません。

「むしろ体にいい!」

 です。

 なぜそんなことをいうかというと、おにぎりは冷や飯だからです。

 冷や飯……冷めたご飯です。そりゃあそうですよね。炊きたてを即座に握りでもしない限り、おにぎりのご飯は冷めているでしょう。

 その冷めたご飯。健康のために非常にいい! という説が、実はあるのです。

最強のプレバイオティクス、レジスタントスターチ

 その理由は、冷や飯の中にはレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が含まれているから。

 このデンプン質は難消化性と呼ばれるとおり、胃ではなかなか消化されず、腸内で腸内細菌の餌として分解されます。

 腸内細菌の餌となり、腸内フローラを改善するプレバイオティクスとして働くわけです。

 もちろん、プレバイオティクスにもいろいろあります。サプリメントとしても、オリゴ糖、難消化性デキストリン、イヌリンなどが人気です。

 じゃあそれらのサプリでいいじゃないか、と思うなかれ。一説では、レジスタントスターチは他のプレバイオティクスを遙かに上回る、最強のプレバイオティクスではないか、と語られているのです。

 多くのサプリ、食物繊維ではいまいち効果を得られなかったという人でも、レジスタントスターチを摂取することで劇的な体質改善を得たという例が多くあります。

 またレジスタントスターチを餌とする類の細菌は、その消化の過程で酪酸塩という有益な短鎖脂肪酸を生成するといわれています。

 酪酸塩は腸と脳を健康に保つ大切な栄養素です。レジスタントスターチを摂ることで、体を元気に、頭脳を明晰に、精神をポジティブにすることができるのです。

 他には、食事満足度を高め食欲を抑えてくれたりだとか、ミネラルの吸収率をアップしてくれたりだとか。

 もちろん、食物繊維の王道として、便秘、軟便等の改善にも役立ちます。

おにぎりを食べて元気が出るなら、レジスタントスターチのおかげかも

 もちろん、この手の腸内環境改善用の栄養素というのは、プロバイオティクスにせよプレバイオティクスにせよ相性がありますので、合わない人もいるかも知れません。

 ただ、古くからご飯を、冷や飯を、おにぎりを積極的に食べてきた我々日本人。その食の歴史を考えると、このレジスタントスターチ、非常に日本人に合った栄養素だと考えられるのではないでしょうか。

 おもしろいのは、ご飯の場合、冷めて冷や飯になった段階でレジスタントスターチが発生しますが、それを温め直してしまうと、レジスタントスターチとしての効果は(全部ではないですが)消えてしまうということです。

 レジスタントスターチの恩恵を得たいなら、冷や飯は冷や飯のままで頂きましょう。

 また、ただご飯を冷やすだけでなく、ちょっとした一工夫により、より効果的にレジスタントスターチを得ることもできます。

  1. 小さじ一杯のココナッツオイルを溶かした水でご飯を炊く。
  2. 炊飯後はさまして、冷蔵庫で一晩冷やす。

 という方法です。私はココナッツオイルが苦手な体質なので試したことはありませんが、非常に良質のレジスタントスターチがつくられるとか。

 なんにせよ、セブンイレブンの蒸し鶏サラダあたりをおかずにおにぎりを2個程度…という軽い食事を摂った後というのは、凄くコンディションがいいんですよね~。

【writer : doku】