塩化マグネシウム

 マグネシウムというミネラルについて、これまで何度か書いてきました。

Related

 そのなかで、エプソムソルト(硫酸マグネシウム)を使ってマグネシウムオイルを作った話をかつて書きました。

 このたびはその続編として、マグネシウムオイルの王道である塩化マグネシウムを使用してのマグネシウムオイル作りにチャレンジしてみました。

マグネシウムを経皮吸収

 とりあえずマグネシウムおよびマグネシウムオイルについておさらいをしておきましょう。

 体内において300以上の酵素の合成に関わり、心身の状態を「地味」にしかし「確実」によくしてくれる栄養素、マグネシウム。

 しかしこのミネラル、そのフォーム(キレート状態。マグネシウムがどんな物質を結びついているかということ。酸化マグネシウムとかクエン酸マグネシウムとか色々ある)によっては、ひどく吸収されにくい成分でもあります。

 高吸収フォームとされるグリシン酸マグネシウムなどであれば話は別でしょうが、吸収率の低いフォームのマグネシウムを経口摂取するくらいなら、その水溶液を肌に塗り、

「経皮吸収」

 を試みた方が、効率的に、消化器官等にも負担の少ない形で、体内に取り込むことができるといわれているのです。

 その水溶液が、マグネシウムオイルと呼ばれるものです。

塩化マグネシウムがマグネシウムオイルの王道

 で、前述通り以前は入浴剤としてもお馴染みエプソムソルト(硫酸マグネシウム)を水に溶いてマグネシウムオイルを作ってみて、なかなか良いものができたのでありますが……

 マグネシウムオイルというもの、一般的には硫酸マグネシウムではなく、塩化マグネシウムを使って作るものなのです。

 塩化マグネシウムとは―――海水に含まれるマグネシウムで、お豆腐などを凝固させる際に使われる、いわゆる「にがり」とよばれる成分です。

 エプソムソルトよりは割高になりますが、マグネシウムマニアとしては是非試してみたくもあったので、やってみることにしました。

塩化マグネシウムオイルの作り方

 仕入れた塩化マグネシウムはこちら。

 藤井薬品製、塩化マグネシウム500gであります。

 この商品を選んだ根拠は……特にないです(笑)。ぱっと見、医薬品グレードっぽい感じですし、お値段も他よりちょっとだけ高めだったので、まあよさそうかなぁ、と単純に考えました。

 中身はこんな感じ。サラサラした粉末です。

塩化マグネシウム

 作り方はエプソムソルトバージョンと同じです。

 塩化マグネシウムと蒸留水を適当な容器に入れてシャッフル。以上です。取りあえずはどちらも100gずつで混ぜ合わせました。

 できあがったオイルがこの写真。

塩化マグネシウムオイル

 ただの透明な液体であるのはエプソムソルトバージョンと変わりませんが、エプソムソルトよりは溶かしやすかったです。

 それでは、エプソムソルトオイル同様、お風呂上がりに体にペタペタしてみるとしましょう。

塩化マグネシウムオイルの使用感

 さて、取りあえず腕に付けてみましたが……

「おおう!?」

 と声が出てしまうくらい、ビリビリ来ます。しみるのです。

 マグネシウムが、皮膚に染みこんでゆく感覚です。慣れるとそれほど気にならなくなりますが、エプソムソルトによるマグネシウムオイルより、感覚としては強烈です。

 水に溶けやすいということは粒子が微粒だということでしょうから、肌にも吸収されやすいのかも知れません。

 前述の通り蒸留水100gに対し塩化マグネシウム100gで作りましたが、ひょっとするともっと薄めにしても良いかもしれません。蒸留水100gに対して、塩化マグネシウム50gとか、25gとか。

 あまりに刺激が強いようだと、間違ってデリケートな箇所にかかってしまうのが怖いところ。最初は超薄めに作って、具合を見て必要なら濃くしていく、という方針が無難ではないでしょうか。

 オイル自体の感触は、サラサラした液体です。海外通販などで手に入るマグネシウムオイルはベタベタしているといわれますが、そんな感触はありません。

 塗って乾いた後は、お肌がしっとりとした感じになります。この辺、肌がさらっとした感じになり、場合によっては粉っぽくもなるエプソムソルトオイルとは異なります。

 体感できる効果としては、エプソムソルトオイル同様、お肌に対する美肌効果はしっかりあります。

 荒れたところのない綺麗な肌になり、毛穴の汚れもスルスル取れるようになります。

 食欲は安定しますし、変なものを摂取したいという欲求もなくなります。心身が健康的な状態になります。

 塗った後のリラックス感―――逆にいえばダレた感じ―――は、エプソムソルトオイルより控えめです。個人的にはこれくらいの方がいいかな。

まとめ

 濃度をうまく調整すれば、やはりこの塩化マグネシウムのマグネシウムオイルの方が使いやすいかな、とは思います。

 エプソムソルトの方がコスパは良いですし、

  • マッサージソルトとしても使える。
  • 入浴剤としても使える(というかそれが本来の用途)。

 というメリットもあるので、単純に「選ぶならコッチ!」とはいいがたいですが……

 より高品質なマグネシウムオイルを自作したい!  という方は、一度塩化マグネシウム―――試してみる価値はあるのではないでしょうか。

Related

【writer : doku】