最近スーパーなどにも冷凍野菜の詰め合わせがたくさん並ぶようになってきました。

 私もよく使ってます。というよりほぼ毎日食べてます。

 若干調理、というより解凍に手間はかかるが、冷凍庫に保存していれば腐る心配も傷む心配もありません。すでにカットされている物がほとんどですし、下処理されている商品も多いので、そのまま鍋やフライパンに放り込むことが出来ます。

冷凍野菜。普通の生鮮野菜に比べて栄養は?

 さてそんな冷凍のお野菜。普通に並んでいる生鮮の野菜に比べて、品質、栄養的にはどうなの?とは気になるところです。

 冷凍食品って、どうしてもそうでない食品に比べ身体への利益が少なそうなイメージがありますものね。

 結論を言えば、

「別にそーでもない」

 といったところの模様。

 もちろん、冷凍する過程で野菜の質や栄養は劣化しますし、解凍の過程でも劣化します。しかしながら過程を経て劣化するのは生鮮野菜も同じ。

 畑から採れ、洗浄され、市場に運ばれ、市場からスーパーに運ばれ、買われ、スーパーから各自宅へ運ばれ、冷蔵庫へしまわれ……そして調理され食される、という過程や時間により、生鮮野菜もまた劣化してしまいます

 それを考えると、冷凍野菜と生鮮野菜の品質の差は、だいたい同じようなものなのではないか、といわれています。

 もし生鮮野菜を買って、すぐには食べず冷蔵庫の中に1~2日置いておいたら……腐らないまでも、その品質は冷凍野菜よりはるかに劣化しているでしょう。

便利で扱いやすい冷凍野菜。他にも利点が

 また、意外とオーガニック製品が多いのも嬉しいでところです。

 収穫後即座に加工され、冷凍される冷凍野菜は、小売りまでへの輸送による劣化を気にしないでいいので、それほど農薬等に頼らなくてもすむようです。

 自分はブロッコリーを中心にした野菜ミックスを一袋(350gくらい、ちょっとした丼山盛りになります)を茹でて、そのまま塩を振って食べたりバターソテーにして食べたりしています。うまい!

【writer : doku】