バレットプルーフ・バターコーヒー、混ぜる前1

 「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という健康本があります。

 著者はデイブ・アスプリー氏。

 IT業界の大物経営者であり、医者でも学者でもありませんが、ぶくぶくに太り不健康の極みだった自身をなんとかすべく、巨万の私財を投じて様々な健康法を試しまくって、ついには究極のダイエット法・健康法を編み出したという人物です。

 352ページにわたる本書には無数の有益な情報が満載されており、そのすべてが「私にとって」合うものではありませんでしたが、それでもガタガタだった私の日々を、人生を、相当なレベルで良い方向へと導いてくれました。

 バイオハック、という考え方を教えてくれたのも本書です。

 このブログにとっても、極めて重要なパクリ元……もといネタ元になっている本です。

 著者のアスプリー氏は、自分が考案したダイエット・健康法を、バレットプルーフダイエットと名付けています。

 バレットプルーフとは「防弾」の意だそうで、日本語版では「完全無欠」と翻訳されています。

 その中核をなすバレットプルーフコーヒーこそが、いま世界で話題のダイエットバターコーヒーであるのです。

バレットプルーフコーヒー、その材料

 バレットプルーフコーヒーにおいて、まず大切なのは材料です。

  • スペシャリティクラス以上のコーヒー
  • ココナッツオイル、あるいはMCTオイル
  • グラスフェッドの無塩バター。無理なら高品質のバター

 スペシャリティコーヒーにこだわるのは、まず低品質なコーヒー豆にありがちなカビ毒を回避するため。

 むろん、コーヒーの有益成分が、低品質のものに比べたっぷり入っているからでもあります。

 ココナッツオイルとMCTオイルを使う狙いは、中鎖脂肪酸の摂取です。

 MCTオイルというのは、ココナッツオイル等から中鎖脂肪酸のみを抽出したものですので、どちらかというならMCTオイルの方が望ましいそうです。

 中鎖脂肪酸は他の脂質に比べ燃焼しやすい性質を持ち、その中鎖脂肪酸が燃えることに釣られて、体脂肪も燃えやすい体質になる…とのこと。

 また脳にとっても有益な栄養素で、IQが高くなるほどの効果もあるそうです。

 グラスフェッドとは、穀物飼料でなく、牧草で飼育されたもの、という意味です。

 肉にせよ、乳にせよ、牧草飼育の畜産物は、穀物飼育のそれに比べて、極めて有益な栄養素が豊富なのだとか。

 さてそれらをどうやって入手するかですが、地元にコーヒー専門のショップがあるなら、スペシャリティコーヒーはすぐに手に入ることでしょう。

 ココナッツオイルに関しても、最近ではドラッグストアやスーパーなどでも売られています。通販ももちろんOK。

 MCTオイルもたまにスーパーで見かけますが、コスパ的にはネット通販の方がよろしいかと。

 問題はバターです。グラスフェッドバターも、通販での取り扱いがあるといえばありますが、ちょっと高すぎ

 さすがに手が出ないようなら、国産であれば「比較的グラスフェッド率が高い」といわれる四つ葉バターなど良いのではないでしょうか。

作り方はシンプル。とはいえ……

 まず、コーヒーを作ります。

 普通の粗挽き~中挽きのフレンチプレスが良いでしょう。前に紹介した「細挽き沈殿式」などでは、ちょっと微粉量が多くなりすぎて合わない気がします。

 その後材料を混ぜ合わせるわけですが、目安となる分量は以下です。(ただこの分量は、考案者による現代アメリカ人向けの分量となりますので、我々日本人としてはもっと少なめで良いかもしれません)

  • コーヒー1杯
  • バター大さじ1杯まで
  • MCTオイルあるいはココナッツオイル大さじ1杯まで

バレットプルーフ・バターコーヒー、混ぜる前2

 MCTオイルについては、慣れるまでは少量から始めるのが良いということです(お腹を下す可能性あり)。

 混ぜ合わせ方ですが、スプーンでかき混ぜるとかではダメで、電動のブレンダーを使う必要があります。

 パワフルな器機を用いて攪拌することにより、脂質がより有益な状態へと変化するとのこと。

 またコーヒーに加えるバターやオイルを、ただ混ぜるだけでなく溶かし合わせることも大切だ。というのも、バターやオイルを溶かすとミセルという状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるからだ。

 そのために一番良いのは据え置きのブレンダー(ミキサー)ですが、

 こいつがちょっと大変です。

 パワーが強すぎるせいで、大きめのふきんでぐっと上から力いっぱい押さえつけた上でスイッチを入れないと、コーヒーが四方八方に飛び散ってしまいます

 また洗うのもやっかいで、中にお湯と洗剤を入れて攪拌した程度ではバターの油分が取れません。スポンジ等でこする必要があるのですが、私は一度それで指を切ってしまいました。

 ですので、おすすめは下のようなミルクフォーマー。

ハリオ・ミルクフォーマーの画像

 こいつを突っ込んで、スイッチを入れれば、据え置きブレンダーほどのものではないにしろ、ほとんどそれに近い出来のものが作れます。

バレットプルーフ・バターコーヒー、撹拌中

 下が、スプーンで一生懸命かき混ぜたバターコーヒー。

バレットプルーフ・バターコーヒー、スプーン混ぜ

 次が、ミルクフォーマーで攪拌したものになります。

バレットプルーフ・バターコーヒー、フォーマー混ぜ

 前者は単に油の浮いたブラックコーヒーですが、後者はこんもり泡立ち、ミルクを入れたような色になってますね。

 実際、前者と後者では、味わいも、身体への効果も、まるで違います。

 一口飲んでみたら……突然身体に満ちあふれるエネルギーにびっくりするでしょう!

もちろん当然ながら……

 こいつを飲めば無条件で脂肪が燃えていき痩せる、というわけではありません

 バレットプルーフダイエットについての詳細……その理論と方法については、本をきちんと全部読んで頂くしかないのですが、ちゃんと食事制限もします

 特に朝食は食べず、そのかわりにこのバレットプルーフコーヒーを飲むわけです。

 バレットプルーフコーヒーにはエネルギーレベルを高める効果、脳を活性化させる効果空腹感をオフにする効果、どれも凄いものがあります。

 午前中をこのコーヒーのみで元気に乗り切ることは、なんら難しいことではないでしょう。

しかし、悲しむべきことに……

 そんな、素晴らしい、世界中の人々が絶賛するバレットプルーフコーヒーですが……

 わたしはいま、飲んでいません!!!

 それはなぜなのか。どういうことがあったからなのか。

 それは、次回で。

 つづく!!

【writer : doku】