生姜サプリぽかりん

 もともとは、どちらかというと暑がりで汗っかきなタイプだったのです。

 けれどもここ最近は、冬場になると微妙に調子を崩すことが多くなりました。

 なんとなく胸だの腹だのをさわってみると……ヒヤッ! あきらかに冷えていたりします。

 冷えは万病の元。免疫力を低下させ、元気を奪い、精神を憂鬱にします。これはなんとかしなくてはなりません。

ショウガサプリ“ぽかりん”

 体を温める食べ物といえば―――やっぱりショウガ!
 ひさびさに、粉末ショウガでも買ってショウガ紅茶でも作ろうかな、とも思いましたが、どうせなら錠剤サプリタイプのものがめんどくさくなくていいかなぁ、とも思いました(横着)。

 前飲んでいた米国産カプセル製ショウガサプリもいいですが、ちょっと新しいものを試してみたい気もします。

 そこでちょっと探して見つけたのが、ぽかりんという生姜サプリ。説明書きを呼んでみると、これがなかなか興味深いではありませんか。

ぽかりんの有効成分

 ぽかりんにはいくつもの有効成分が配合されています。

ダブルスチームジンジャー

 ぽかりんの最大の売りは、ダブルスチームジンジャーという成分。

 ジンジャーとは生姜のことです。なにか特別な品種の生姜なのかというとそんなこともなく、普通の生姜のようです。しかしその製法が異なります。

 通常の生姜サプリは、生の生姜をそのままフリーズドライ等にしているようですが、ぽかりんの生姜は、

「二段階蒸気化熱方式」

 なる独自の製法で加熱後、サプリに加工しているらしいのです。

 「二段階蒸気化熱方式」で加熱するとどうなるか? 生姜の、体を温める作用が大幅に増加するのです。メーカーによれば、通常の生姜に比べ温めパワーが6倍にもなるとのこと。

 これはなかなか意外でした。どちらかというと、生の状態の生姜の方が「効きそう」な印象があったからです。

 なんでも生の生姜にも過熱した生姜にも、ともに体を温める効果はあるのですが、その性質はかなり異なるのだそうです。

 生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、これは体内部の熱を外側に移すことで、体表面を温めます。

 確かにあたたかさを感じ、発汗などもするかもしれませんが、一方で体内部は冷えてしまう―――可能性もあるのです。

 そのジンゲロールは、過熱されるとショウガオールという成分に変化します。

 ショウガオールは血流を良くし、体を内部から温めます。冷え性対策・心身活性などに使うなら、こちらのほうが具合がよいわけです。

 で、そのショウガオールの効果をより高める加熱方法が、前述の「二段階蒸気化熱方式」。

 過熱されたということは、胃腸や消化にも優しい成分となっているでしょうから、そこもうれしい点です。

 生姜サプリはひとによって、胃腸の具合を悪くしてしまったり、体調不良に陥ってしまったりすることもありますが、そういう心配が少ない、と考えられるのです。

カプサイシン

 2番目の成分は、唐辛子の辛み成分であるカプサイシン。

 新陳代謝を促進させ、発汗を促し、体内の老廃物や毒素を排泄して、アンチエイジング、ダイエットに役立ちます。

 正直いうと、最初はちょっと、このカプサイシンが入っている点を不安に思っていたのです。

 大いに薬効のあるカプサイシンですが、同時に非常に刺激の強い成分であることも確か。

 唐辛子を食べ過ぎてしまった人が、胃腸はもちろん、精神や脳神経すらおかしくしてしまった…というようなお話、ひょっとしたら聞いたことがあるのではないでしょうか。

 私は以前、カプサイシンのサプリを飲んでみて、確かに発汗や新陳代謝促進効果は感じるけれども、お腹を悪くして体調不良に陥ってしまったことがあります。

 そのときと同じにならないか心配だったのですが…幸い、現状おかしな副作用は出ておりません。

 カプサイシンの質が良いからかも知れませんし、それほど大量には入ってないということかも知れません。

 一方、発汗や新陳代謝促進効果は実感しております。

ヒハツ

 胡椒に似た香辛料、ヒハツのエキスは、血流を促進し、体を温めることに役立ちます。

 またヒハツの成分は体内における酸素の循環をよくし、肩など筋肉のこりをほぐします。

 それ単体でも体を温めると同時に、他の有効成分が体中に行きわたりやすいようにしてくれるわけですね。

マグネシウム

 マグネシウムが入っていることも売りにしているようですが……個人的には、どうでもいいかな?

 マグネシウムマニアであるわたくし。マグネシウムに関しては、海外産のグッドなサプリを別に飲んでいるので、特に必要性は感じません。

 原材料一覧を見ると、使われているのは吸収されにくく軟便を招くという酸化マグネシウムの模様。あまり積極的に飲みたい成分ではありません。

生姜サプリぽかりん

 まあ飲んでみても、特に不都合や副作用は感じないので、そんなに気にすることもないのかなぁ、とも思います。

 便秘症の方だったら、多少日々のお通じを楽にしてくれるかも知れません。

飲んで運動。汗ダラダラ

 さて届いたこの「ぽかりん」。さっそく飲んでみました。

生姜サプリぽかりん

 上の写真のような錠剤を、1日1回、朝に2錠の摂取が推奨とのこと。

 とりあえずはその指示に従い、2錠をぬるま湯で飲んでみました。

 30分もたてば、体がポカポカしてくるとのことでしたが、そんなにはかかりません。10分もすれば、さっそく体が温まってくるのを感じました。

 これはよさそうだ、と思い、エアロバイクをこいでみることにしました。

 中の下くらいの負荷でこぎはじめて、まもなくダラダラと汗が出始めました。

 あきらかにいつもとは違います。いつもなら、30~40分くらいやって「全身にしっとりと汗をかく」程度なのです。

 あんまり汗が出るので、いったんこぐのをやめて、タオルを取りにいくハメになりました。

 運動における効果は発汗だけではありませんでした。

 この負荷及びペースでエアロバイクをこいだ場合、一時間もやると「さすがにくたびれたな、もういかな?」という気分になるものですが、ぽかりんを摂取後だと、

「まだまだ。もっとやれる」

 そういう気持ちでいられるのです。

 精神的にも、肉体的にも、エネルギーレベルは非常に高まっています。

 とりあえずエアロバイクは一時間でやめにしましたが、その後は筋トレなどで汗を流しました。

 体温は高まり、血の巡りは良くなり、頭脳も気分も調子良し。その活性状態は、その後寝るまで続きました。

 非常にグッドな、当たりのサプリだったといえます。

ぽかりん摂取における注意点は?

 続いては注意点です。

「飲み過ぎには注意です。推奨量以上を摂りすぎないようにしましょう」

 ……なんてことはどんなサプリでもいわれていることですが、このぽかりんに関しては特に、飲み過ぎに注意する必要があります。

 やはり酸化マグネシウムのためでしょう。過剰摂取するとお腹がユルくなってしまうのです。

 前述したとおり、1日1回、朝に2錠の摂取が推奨です。

 個人的には、1日1回、運動前に1錠でもいいかな、とも感じています。

 減らすのはいいですが、増やすのはやめておいたほうがいいしょう。

生姜サプリぽかりん

 ちなみに上は原材料等が書かれたパッケージ裏の下部ですが、消費期限に注目。

 2018/08/28。……通販で家に届いたのが2月の末だったので、約半年の消費期限です。

 容量は60錠。1日2錠飲んで一ヶ月分、1日1錠のんで二ヶ月分です。

 短すぎる消費期限ではありませんが、それほど長いわけでもありません。安易にまとめ買いするのは、やめておいた方が良いかもしれません。

 冷え性に悩んでいる方。寒い時期の体調不良にまいっている方。運動やダイエットを捗らせたい方。そういった方々にとってグッドな選択肢になるサプリではないかと思います。

【writer : doku】