メディシンボール

 メディシンボールというトレーニンググッズがあります。

 上の写真のようなものです。一見するとバスケットボールかなにかに見えます。

 どんな特徴があるのかというのは、持ってみれば分かります。

 重いです。とても。―――商品によりますが、2~10キロぐらいします。

 その重さを使って、筋トレに使用するのです。

さまざまなメディシンボールの使い方

 使用法は様々です。

 ただ両手で持って、振り回してもいいでしょう。

 持ちながら、スクワットをしても良いでしょう。

 安全な場所・状況で行うのはもちろんですが、投げるトレーニング方法もあります。

 金属製のダンベルなどとは違い、重たくてもやわらかい素材なので、安心して取り扱えるのがナイスなところ。

 もちろん、見た目以上に重たいグッズではあるので、その重さをコントロールし損ねないようには気を付ける必要はありますが、ちょっとやそっとの接触なら怪我をしたり、物品を破損したりといった心配もありません。

 通常のウエイトトレーニングより、体幹やインナーマッスルに効くとされ、自然な筋力アップにつながるとされています。

腹筋の強度を超強める

 さてこのメディシンボール。腹筋運動のお供として超優秀。

 使い方は単純です。寝転がった体勢から上体を起こす、いわゆるシットアップやクランチを行うとき、お腹の上に乗せておくのです。

 両手で、ボールを抱え込むように固定します。自然と、身を起こす際、ボールが腹筋に押しつけられる形になります。

 それだけなのですが、それだけのことで、腹筋運動の強度がかなり高まります。

 ボールの重さのおかげで体勢が安定するので、むしろ動作がやりやすくなるように感じるかも知れませんが、調子に乗って回数をこなしていると、あとになって腹筋に、

「引きつるような痛み」

 が走り、悶絶するハメになる可能性もあります(特に普段運動不足な人の場合)。

 逆にいえば、少ない回数で、腹筋をしっかり鍛えることができます。

 普段腹筋運動を日課にしているという方は、このメディシンボール、試しに使ってみられれば、非常にグッドな効果を期待できるかも知れません(前述の通り負荷が大きいので、最初は少なめの回数から始めましょう)。 

【writer : doku】