硫酸グルコサミンサプリ【iHerb・海外サプリ】

 アイハーブより日本でも人気、グルコサミンのサプリを買ってみました。

 なんだかんだで一番お世話になっているサプリメーカー(?)Doctor’s Best社より、「グルコサミンサルフェイト750mg」であります。

グルコサミンは関節に効くのか否か?

 グルコサミン は、関節痛に「効く」サプリとして、世界中で多くの人々に愛好されています。グルコサミンは軟骨の成分のひとつ。それを補うことで、弱った関節を治せるという考えです。

 一方、グルコサミンサプリなんかが関節痛に効くわけがない! とその理論を否定する意見もあります。

 その理由としてあげられるのは、

  • 確かにグルコサミンは軟骨の成分だが、胃腸において他のアミノ酸同様分解吸収される。その成分が関節に直接届くわけではないので意味がない。
  • また、仮にサプリの成分が関節に直接届いたとしても、量が少なすぎてやっぱり意味がない。

 というようなものです。

 なるほどごもっとも。上記の意見はたぶん正しいのだろうと私も思います。

 ただグルコサミンには、一般的にはあまり語られない別の効能もある、ともいわれているのです。

グルコサミンはレクチンの害をブロックする?

 その効能とは、グルコサミンが様々な食物内に含まれる有害物質・レクチンをブロックしてくれる、というものです。

 Wikipediaによればレクチンとは、

  • 「糖鎖と結合する能力を有する酵素や抗体以外のタンパク質」の総称
  • あるいは「糖鎖に結合活性を示すタンパク質の総称」

 とのことで(難しくてよくわからんですね!)、その種類は数千に及ぶといいます。麦類に含まれるグルテンもレクチンの一種です。

 多くのレクチンは人間の消化器官ではうまく処理できず、ほとんどの場合健康に何らかの害をもたらします。生き物たちが、他者に食べられないため体の中につくりだした一種の毒と考えてもいいでしょう。

 そのレクチンに対し、グルコサミンが見せる働きは次のようなものです。

  • 腸粘膜(腸のバリアー)の原料となることで、レクチンが体内に侵入するのを食いとめる
  • レクチンを吸着し、無力化させる

 2番目のレクチン吸着効果については、体内におけるグルコサミンのその性質こそが関節痛の原因のひとつになっている……ともいわれています。

  1. 有害なレクチンが腸から体内に取り込まれる
  2. レクチンが関節のグルコサミンに吸着
  3. 関節に炎症を起こしたり、調子を悪くしたりしてしまう

 というわけです。

 逆にいえば、もし胃腸の段階でレクチンをグルコサミンサプリに吸着させブロックしてしまえば、やがて新陳代謝により関節のグルコサミンは毒に侵されてない新しいものに生まれ変わります。

 効かないともいわれるグルコサミンサプリを飲んで、

「関節が楽になった…」

 という体感を得る人が多いのは、そういうカラクリによるのではないか、とも考えられているのです。

チートデイの味方。グルコサミンサプリ

 レクチンは関節痛だけでなく、前述通り様々な体調不良や肥満等の原因になります。

 私は別に関節痛ではないのですが、レクチンフリー体質になることでよりグッドな状態を得られるのではないかと考え、ちょっとやってみることにしたのです。

硫酸グルコサミンサプリ【iHerb・海外サプリ】

 中身の写真。アメリカサプリお馴染みの透明なベジタブルカプセルに入った白い粉末です。

 主成分である硫酸グルコサミンは、日本製のサプリでよく使われる塩酸グルコサミンより効きが良いのだそうな。

(ちなみに、N-アセチルグルコサミンというやつはより効きが良く、腸に対する有効性も高いとのこと。お値段もややお高くなりますが、次はそっちにしてみようかな)

 もとより日々の食事においてはレクチンの少ない食材を取るように心がけているわたくしですが、週に1回程度の「チートデイ」は設けておりますし、そういう日には好物のラーメンを食べたりもします。

 レクチンがたんまり入ってそうなその手のものを摂った後でも、このサプリを飲めば変な内臓疲労や胃もたれなどを起こしにくい―――ようには体感しています。

Doctor’s Best, Best グルコサミンサルフェイト、750 mg、180 粒

【writer : doku】