ジェノベーゼ

 ときおり、猛烈にジェノベーゼ系のスパゲッティが食べたくなります。

 つまり、バジルをがっつり食べたくなるのです。

気軽なハーブ、バジルのなかなか舐められない効能

 イタリア料理やスペイン料理等において大いに使われるバジル。

 日本においては、その種を目のゴミを洗い流すために使用したことから、メボウキとも呼ばれるそうです(種子で目を洗うってどういうことなのかピンときませんが…)。

 その大きな効果は、身心や神経系統への強壮作用。

 また同時に、身心において調子の狂った部分への調整、鎮静的な作用もあり、痛みやかゆみ、胃痙攣や焦燥感を沈めてくれるともいわれています。

 他には食欲増進や殺菌作用、料理においては肉の臭み取りなどにも利用されます。

 ドライハーブとしてはオレガノと似たところもありますので、ミックスして使っても構いませんが、オススメなのはそれぞれ単体で、日ごとに使い分けるという方法。

 そうすれば、味わい的にも体への効能的にも、マンネリを防ぎ、新鮮な気持ちで利益を得続けることができるでしょう。

バジルを食べるとお腹スッキリ、ウキウキ

 バジルもまた、すばらしいポリフェノールを供給してくれるハーブです。

 バジルを食べた直後、まずはお腹がスゥーッとします。すっきりします。バジルの殺菌力の成果です。

 そののちお腹がウキウキし始めます。腸内の善玉菌たちが喜んでいる感覚です。バジルの食物繊維、ポリフェノールを餌に、善玉菌たちが元気になっているのです。

 おいしいバジル料理を頂き、同時に元気にもなって、食後はゴキゲンな時間を過ごせます。鼻歌交じりに、コーヒーでも飲みましょう。

 そんなことを書いていると、さっそくバジルが食べたくなってきました。

 今晩は行きつけのイタリア料理店で、濃厚なバジルソースに粉チーズがいっぱいかかった、おいしいシーフードのジェノベーゼパスタをたんまり頂くことにします。

【writer : doku】