グラスフェッド牛

 前回の続きです。

PREV

 前記事に記した考えの末、2種類のギーをiHerbから購入してみたのでした。

 さてどんなもんでしょう?

2種類の人気ギー

 さてこの2種類の“ギー”

 届いたのはある春の日、4/25夕方、気温は16度くらいでした(このデータ、なにげに重要かも)。

 ちなみに注文したのは4/21の深夜23時頃でした。ほとんど22日だったことを考えると、3日で届いたことになります。めちゃ速い。地方住まいでコレですから、もし東京だったら2日で届いているところです。

 まあそれはともかく―――開封直後の写真がこちら。

ギー

 左がPure Indian Foods製ギー、右が4th & Heart製ギーバターとなります。

 それぞれレビューしていきましょう。

Pure Indian Foods製ギー

ギー

 さてまずはPure Indian Foods製のギー。

 iHerbにおいてギーで検索すると、大抵一番最初に出てくる商品です。

 製造元のPure Indian Foods社は、

1889年創業以来、家族経営で5代にわたってギーを販売

 している会社とのこと。

 社名のピュア・インディアン・フーズの名の通り、インド伝統の健康食品などを製造しているようです。

 容器はやわらかいプラスチック製となっています。

 成分表の写真はこちら。

ギー

 こちらのギー、常温(上記の通り16度くらい)においては液状です。上に載せた3枚の写真ではわかりにくいかも知れませんが、

ギー

 このように、美しい黄金色の液体と、白っぽい脂肪分(?)がまじりあった、とろとろした神秘的なオイルです。

 液状だともし使いにくいようなら、軽くかき混ぜた後冷蔵するといいでしょう。ちょっと硬めのマーガリンくらいの固形となります。

 この写真は、そのように冷蔵して固めた状態のもの。

ギー

 スプーンですくって一口食べてみました。

 無塩なので、そのままではそれほど味はないのですが、結構しっかりバター感は残っています。

 精製しているので、風味とかも消えているのでは、と考えていましたが、そんなことはありませんでした。

4th & Heartギーバター

ギー

 続いては4th & Heartギーバター。こちらの容器は、なかなかにしっかりとしたガラス瓶となっています。

 Pure Indian Foods製ギーと異なる点は、こちらは液状ではないこと。

 マーガリン程度の硬さの固形となっています。

ギー

 ただ商品レビューによれば、

「オイルが漏れた状態で届いた」

 という苦情もあるようです。漏れたということは液状になっていたということだから、気温が高い時期などはまた違うのかも知れません。

 こちらが成分表。

ギー

 中身を開けてみた写真。固まった“ギー”が蓋の裏側にたっぷりと付着しております。

ギー

 瓶が傾いた状態で保管されたので付着したのでしょうが、ということはその保管されていたある時期、液状ないし半液状だったのではないか、と考えられます。

 ともあれ同じように、一口頂いてみました。

 こちらは多少の塩が使われている模様。超微細のヒマラヤピンクソルトを入れている、とのこと。そのせいか味は若干強く、またクリーミーに感じられます。

双方のギーにある特徴

 お味に関して詳細に語れないのは私に味音痴なところがあるからでもありますが……

 味わいということでは、これらふたつのギー、それほど差異があるようには感じません。

 どっちもおいしいです。一方どちらも、通常のバターと比べて「飛び抜けておいしい」わけではありません。

 むしろ味ということなら、高級なバターのほうがおいしいんじゃないかな、とも思います。

 またヘルシーとはいわれるものの、やはり油は油。量を間違えて取りすぎてしまうと、胃もたれを起こしてしまいます。

 ニキビなどもできちゃうかも知れません(私はできました)。

 一方、ふたつのギーに共通する有益な点もあります。

 まずは料理の使いやすさ。

 液状ないしやわらかい個体なので、スプーンなどで取りやすい、とは前述したとおりですが、炒め物とかにも使いやすいです。

 バターは熱するとかなりの量の煙を(しかもべたつく油を含んだ!)出すものですが、タンパク質が取り除かれたギーは、加熱してもそれほど煙を出さないのです

 煙を気にすることなく高温加熱し、肉や野菜を炒められます。

 そして私にとっては重要な、バタチョココーヒーの材料としてはどうか?

 これらが届いてから、さっそく普通のバターを使ったバタチョココーヒーから、グラスフェッド&オーガニックギーチョココーヒーに変えてみましたが……

 もろもろの有益な効果の質は、大いに上がったように感じます

 飲んだ後のエネルギーレベルの高さは、これまで以上に見事なものがあります。その勢いで運動などをすると、とても捗り、非常に良い汗がかけ、普段以上のパフォーマンスを発揮できます。

 やはり「シリコンバレー式」に書いてあったとおり、グラスフェッドのバター及びギーは、

「なんか違うっぽいぞ!」

 とは感じています。

完全なグラスフェッドではないっぽい点は注意

 ところでこのふたつのギー、多分両方ともだと思いますが、実際には完全な牧草飼育(グラスフェッド)製品ではないようです。

 なんでも夏は牧草飼育のグラスフェット、しかし牧草の少なくなる冬場においては穀物飼料も使用して育てられている、いわば「準グラスフェッド」の牛の乳を使用している……とのこと(レビュー等の書き込みによれば、ですが)。

 とことんこだわる方はその点を注意ですが、私はあまり気にしていません。

「気にしすぎていたらキリがない!

 というのが第一の理由ですが、例えばオーガニックにこだわりすぎることで病気持ちの作物を喰うハメになる、というようなパターンは結構ありがちです。

 グラスフェッドについても固執しすぎると、逆になにか弊害があるかも知れません。

 牧草飼育の有益性を承知でグラスフェッド牛を育てているプロたちが、あえて冬は穀物飼育もするというなら、それはそれでお任せするのが良いのではないかと…

 ともあれアメリカ産“ギー”。とてもナイスな商品だと思います。

 食材、調味油としても、健康食品としても、場合によっては化粧品の一種としても使えます。

 iHerbの場合、ポイントの有効期限の関係で、損したくなければ定期的に買い物をする必要があるのですが―――買うものがないときはこのギーを買えば良いな~と考えています。

さてどちらを継続するか

 現状、味も効果の体感も、どちらがより良いか、というのは決めかねるところですが、やはり液状になりにくい4th & Heartギーバターのほうが使いやすそうだなとは感じています。

 液状ですと、誤ってボトルを倒してしまった際、悲惨なことになっちゃいます。まあ前述通り冷蔵庫保存して固まらせればいいんですが、そうなると今度はちょっと硬い。

 ただPure Indian Foods社には、このたび取り寄せたギーの「発酵」タイプもあります。

 ちょっと(300円くらい)高いようですが、こいつがなかなか評判がいいようです。味も良いし、胃もたれもしにくいんだそうな。

 バターやギーの発酵・非発酵は、栄養・効能的な観点においては関係ない、という説を聞いておりましたので今回はスルーしましたが、そういうことならちょっと試してみたくもなります。

 次の機会においては、そのPure Indian Foods社発酵ギーを試し、そのうえでどれをレギュラーにするか決めようと思っています。

追記

 ギーを取りすぎるとちょっと胃もたれを起こしニキビができると前述しましたが、しばらく取り続けているとそういう症状は出なくなりました。

 食べ慣れないものを食べたことが原因の、一時的なものだったのかな~?

Pure Indian Foods, ギー、100%オーガニック、グラスフェッド、15 oz (425 g)Pure Indian Foods, ギー、100%オーガニック、グラスフェッド、15 oz (425 g)

4th & Heart, ギーバター、オリジナルレシピ、16オンス (454 g)4th & Heart, ギーバター、オリジナルレシピ、16オンス (454 g)

【writer : doku】