強力わかもと

 エビオスと並ぶ伝統的国産ビール酵母整腸剤、強力わかもと

 1929年に「若素」(まさに若さの素!)という名で発売されて以来、多くの日本人に愛され、利用されてきました(最近では外国人にも人気なのだとか)。

 知名度、人気ではエビオスのほうが勝るでしょうが、その効果・効能という点では、

「ライバル、エビオスよりはるかに上!」

 そう断言する愛好者たちも多くいます。

 私もしばしば飲んでおり、個人的に「神サプリ」のひとつにもあげております(実際にはサプリではなく指定医薬部外品)。

強力わかもとに含まれている成分

 エビオスに含まれている成分は、そのほとんどがビール酵母そのものです(あとは若干の添加物)。

 一方、強力わかもとには、そのビール酵母に加え、ふたつの主成分が加わっています。

 そのふたつです。

 強力わかもとには、胚芽に培養させた消化酵素生成菌、アスペルギルス・オリゼーNK菌と、そこから生まれた消化酵素、アミラーゼプロテアーゼが含まれています。

 また同じく胚芽培養した生命力の強い乳酸菌、フェカリス菌も加わっています。

 そのふたつと、ビール酵母の整腸剤としての力が相乗効果を発揮し、互いのパワーをより強めているのです。

強力わかもとの効果

 整腸剤なのだから、胃と腸にいい効き目があるわけですが、その効果はまさに「強力」です。そして「強力」にも関わらず「ナチュラル」でもあります。

 食後に何錠か飲んでみましょう(1回の目安量は9錠ですが、別に少なめに飲んでも効かないなんてことはありません)。

 食後は胃腸が重くなり、眠くなるのが常、という人は多いと思いますが、私の場合、強力わかもとを飲むとすぐに胃が軽くなります。

 胃腸が活発に動き出す感覚と共に、気分もウキウキしてきます。眠くなることなく、むしろ脳みその働きも活発化します。

 サプリ、薬との相性は個人差があるものですが、強力わかもととの相性が悪くなく、かつ胃腸に不調を抱える人だとしたら、即座に効果の体感が期待できるのではないでしょうか。

 消化がサポートされることで、体内の不要物の処理、排泄も順調に行われます。

 便秘に悩む人は便の出が良くなり、逆に軟便に悩む人は排便が安定します。

 胃腸の不調は、身心の不調。胃腸の好調は、心身の好調です。日々の活発な行動、建設的な頭脳労働、一日中ゴキゲンな毎日が、強力わかもとを飲むことで得られるかも知れません。

 また胃腸の疲労は心身の疲労。消化による負担で胃腸が疲れ果てると、夜、どれだけ寝ても寝たりなくなります。

 強力わかもとを飲むことで、胃腸の負担が減り、短時間睡眠でも平気になる可能性もあることは、以前の記事で述べました。

 元気になる、睡眠時間が短くなるといっても、カフェインや興奮剤の類いで無理矢理ハイになるようなものではありません。

 単純に、胃腸の具合が健全だから元気、疲れなくなるから短眠、であるわけです。

エビオスとの違いは?

 前述の通り、エビオスはその成分のほぼすべてがビール酵母です。

 強力わかもとは、ビール酵母+消化酵素および消化酵素生成菌+乳酸菌、です。

 どちらも効能としては、

  • 栄養補助
  • 整腸作用

 があげられますが、その成分から考えますと、

  • 栄養補助効果が強いのは「エビオス」
  • 整腸作用効果が強いのは「強力わかもと」

 といえるでしょう。

 ビール酵母はナチュラルなマルチアミノ酸として有能です。またエビオスに関しては、むかしから精力剤としても効く、とまことしやかに語られています。

 そういった効果を期待されるなら、エビオスの方が良いでしょう。

 お腹の具合に問題があると自覚する人はわかもとがオススメ。

 あるいは自覚はなくとも、現代人には無自覚の内に胃腸に問題を抱えている人も多くいます。そういうひとであれば、わかもとを飲んだ途端びっくりするほどの効果を体感できるかも知れません。

 ただどちらにせよ、一度両方を飲み比べてみるのが一番ではあります。

 飲み比べをしてみて、自分にとって「気持ちいい!」と感じられた方を採用するのです。

 わかもとにせよエビオスにせよ、どうしても、合う、合わないがあるからです。

合わないという人がいるのはなぜ?

 強力わかもとがどうしても体質に合わない、というひともいます。

 飲むと腹部膨満感に悩まされたり、逆に便秘っぽくなったり、体調が悪くなったりしてしまうのです。

 もしそんな症状が出るようなら―――服用をやめましょう。残念ではありますが、ご縁がなかったと考えましょう。

 繰り返しになりますが、強力わかもとには、

  • 消化酵素生成菌(アスペルギルス・オリゼーNK菌)
  • 乳酸菌(フェカリス菌)

 という2種類の菌が含まれています。

 菌って、カラダにいいものであっても、どうしても相性というものがあるのです。体そのものとの相性、腸内細菌をはじめとした体内の細菌との相性です。

 それらが合わなければ、体調不良に陥ってしまうことも十分あり得るでしょう。

 じゃあそういうひとはエビオスならいいのか、というとそう単純でもありません。

 ビール酵母そのものも、腸内で細菌たちの餌となるプレバイオティクスとして利用されます。

 もし、そのひとの腸内に最初から存在する細菌たちが、ビール酵母を苦手とするタイプだったとしたら……

 腸内フローラの勢力図が崩れ、むしろ調子をおかしくしてしまう可能性もあります。

 一方、エビオスを飲むと不調になるけど、わかもとは大丈夫、効く、というひともいます。

 エビオスがダメということは、イコール、ビール酵母がダメということです。

 ビール酵母という成分においては両方共通ですので、これはちょっと不思議な気もします。エビオスがダメなら、わかもともダメそうなものです。

 これはおそらく、わかもとの消化酵素成分、乳酸菌成分が、ビール酵母をうまく処理してくれた結果……と考えられるのではないでしょうか?

 ちなみに私は、エビオスにせよわかもとにせよ合わない、ということはないので、状況に合わせて使い分けています。

 お腹の具合が良くなさそうなときはわかもとを。アミノ酸補給を重視したいときはエビオスを、という感じです。

気になるお値段は?

強力わかもと

 気になるお値段は? などという見出しを書きましたが、お値段に関しては気にしなくていいです。

 現在(2017年12月)における、強力わかもととエビオスのメーカー希望価格は以下のようになっております。

商品名 日数 価格 1日の値段
強力わかもと108錠 約4日分 ¥500- ¥125-
強力わかもと300錠 約11日分 ¥1000- 約¥90-
強力わかもと1000錠 約37日分 ¥2500- 約¥67-
エビオス1200錠 40日分 ¥1600- ¥40-
エビオス2000錠 約66日分 ¥2480- 約¥37-

 わかもとの服用量は一回9錠を一日三回で27錠

 エビオスは一回10錠を一日三回で30錠となります。

 もちろん実売価格は上記よりかなり安くなっていることがほとんどですし、店舗や通販サイトによっても差異があります。それでもたいていの場合、わかもとはエビオスの1.5~2倍くらいのお値段であることが多いようです。

 2倍というとえらい差だ! と思われるかも知れませんが、それでも気にしなくていいです。

 もし強力わかもとが体に合って、その効能を享受できたなら、上記のごとき金額、安いものです。それほどの利益があります。

 一番最初はお試しで安いのを購入して、自分の体に合うようであれば、その後はお金を惜しむことなく大容量のものを買いましょう。

まとめ

 日本が誇る国産のナチュラル整腸剤、強力わかもと。

 まだ試したことがない、という方は、これを機会に、一度試してみられてはいかがでしょうか。

【writer : doku】