最近、牡蠣が食べたくてしょうがありません。

 もちろん牡蠣はおいしいから、好物だから食べたいのではありますが、ちょっと亜鉛不足だったりするのかな、とも思いました。

亜鉛の素晴らしき効能

 人間にとっての必須ミネラル、亜鉛。その効果は多岐にわたります。

味覚を健全に保つ。

 舌にある「味蕾」と呼ばれる、味を感知する細胞の原料となります。

 この「味蕾」が健全でないと、食事が楽しめないのはもちろんのこと、体にいいものを「おいしい」、体に悪いものを「まずい」と感じられなくなり、誤った食事を取り続けてしまう可能性もあります。

 味覚は人体を守るための重要なセンサーのひとつ。大切にせねばなりません。

脳細胞や、脳神経を成長させる。

 脳細胞を長生きさせ、脳のシナプスや神経回路を成長させます。

 逆に、鬱病や精神疾患を患っているひとの脳は、極度の亜鉛不足であることが多いそうです。

 このごろ憂鬱、頭の働きがにぶい、と感じられる人は、亜鉛を摂取してみるといいかもしれません。

美しい髪や肌、たくましい筋骨を育む。

 亜鉛はタンパク質を合成させる酵素の材料となります。

 いうまでもなく、タンパク質は人体のあらゆる部分の材料です。

 積極的にタンパク質が合成されることで新陳代謝が促進され、体はたくましくなり、髪や肌は美しく成長します。

 トレーニングをしているけれどなかなか筋肉が付かない。いいトリートメントや化粧水を使っても、髪やお肌の調子が悪い。……そういう方は、亜鉛不足の可能性があるかも知れません。

抗酸化作用をもたらす。

 亜鉛は体内でビタミンAを助け、また代謝させます。

 ビタミンAの抗酸化作用をサポートすることで、アンチエイジングによる若返り効果が期待できます。

 また亜鉛は、抗酸化作用を持つ酵素の原料にもなります。

免疫力を向上させる

 免疫器官、免疫細胞を活性化することで、風邪や病気になりにくくなります。

 冬場などは特に風邪が怖い! 積極的に、亜鉛を取り入れていきたいところです。

血糖値を下げる

 インスリンの材料となり、糖代謝を健全化します。

 健全な糖代謝はダイエット、肥満防止にも重要。

 なかなかダイエットがうまくいかない人は、亜鉛不足の可能性も?

生殖機能を改善する。

 特に男性はそうですが、亜鉛は精子の材料となり、性欲や精力を増強します。また性器の前立腺を健康に保ち、性的機能を良くします。

 女性に対しても、月経周期を安定させたり、生殖のための女性ホルモンを活発にさせたりと、やはり性的機能をパワーアップさせる効果があります。

 コントロールの効いてない性欲は困りものですが、基本的に性欲・精力はやる気や活力と密接な関係があるもの。性欲が落ちると、元気もなくなる……そういうものです。

 日々アクティブに過ごしたい人にとって、亜鉛は必須です。

テストステロンの材料となる。

 元気・活力ホルモンとも呼ばれるテストステロン。

 男性ホルモンの代表のようにいわれていますが、日々元気に過ごした女性にとっても重要なホルモンです。

 亜鉛はその分泌を助ける重要な栄養素のひとつです。

 テストステロンがないと、元気は出ない、心は憂鬱になる、体は不活性になり太る、病気にもかかりやすくなる……悪いことずくめ。

 テストステロンを切らさないためにも、亜鉛が不足せぬよう気を付けねばなりません。

サプリに頼らず、亜鉛を生活に取り入れるには?

 そんな素晴らしい効果を持つ、逆にいえば不足すると怖い亜鉛。

 男性なら12mg、女性なら9mg。毎日確実に摂取するために、是非ともサプリを飲みましょう! といいたいところですが、以前書いたとおり、わたくし、亜鉛サプリは苦手です。

 どうしても、お腹が痛くなったり、気持ち悪くなったりしちゃう。

 ですので摂取するなら普通に食事から、となります。

 とはいえ毎日牡蠣を食べ続けるわけにもいきません。季節ものですし、お値段もそれなりにします。

 他に、亜鉛を摂取するいい食材はないでしょうか。

肉類

 牡蠣ほどではありませんが、肉類には亜鉛が豊富です。

 牛肉全般、豚肉なら脂身の少ない部位であれば、100gあたり3~5mg程度の亜鉛は補給できます。

 一方、鶏肉類は100gあたりの亜鉛量が1gに満たない部位も多く、あまり亜鉛摂取には期待できません。

 ちなみにビーフジャーキーが100gあたり亜鉛8.8gと優秀ですが、半分乾物なのでそれほどたくさんは食べられません。

 ときおり、おやつ代わりに少量食べるのは有益ではないでしょうか。

魚介類

 魚介類ですが、亜鉛食材の代表たる牡蠣を除けば、

  • 蟹(100g中、亜鉛4~5mg)
  • ほや(100g中、亜鉛5mgちょっと)

 が、亜鉛保有量豊富なようです。

 ただどちらの食材にせよ、日常において毎日のように食べるようなものではありません。

 生活に取り入れやすい食材としては、するめ、干しエビ、煮干し、たたみいわしなどが亜鉛豊富です。

 何百グラムも食べられるようなものではないですが、おやつ代わりにしたり、少量を食事の一品目に加えたりして、亜鉛不足を防ぎましょう。

その他

 海藻類では、海苔が亜鉛豊富(100g、3~4mg)。

 粉チーズなどでお馴染み、パルメザンチーズ(100g、7~8mg)。

 豆腐や納豆など大豆食品にも、そこそこの亜鉛が含まれています。

 後は木の実や種子類! 松の実、ごま、カシューナッツには100g中5~6mgの亜鉛が含まれます。それにはちょっと劣るものの、アーモンドもいい(100g、4mg)

まとめ

 目標としては、牛肉や豚肉など、しっかり量を食べられて、かつ亜鉛豊富な食材を1日100~300gくらい。

 それにプラスして、たくさんは食べられないけど亜鉛豊富な食材を適量摂取していけば、亜鉛不足は避けられるでしょう。

 自身の最近の食生活を振り返ると……うん、確かに上記の食材が不足気味だ(笑)。

 牡蠣だけではない、実は海苔やチーズもやたら食べたかったのですが……いろいろ納得なのであります。

【writer : doku】