SOYJOY

 先月、ちょっと小腹が空いたときに便利なヘルシーおやつを求め、ドラッグストアに行きました。

 何を買おうか悩みましたが、大豆由来の栄養バー「SOYJOY」が種類豊富なようなので、店頭で売られていた11種類(SOYJOY6種+SOYJOYクリスピー5種)ほどを買ってまいりました。

 簡単な感想をメモしながら1ヶ月かけて食べ尽くしましたので、今回はそのレビューをしたいと思います。

SOYJOY6種レビュー

 SOYJOYは大豆粉をメイン材料とした生地に様々な素材を練り込んだお菓子です。

 植物性タンパク質を初めとした、大豆由来の栄養素がたっぷり。糖質控えめなので、ダイエットなどにも有効とのこと。

 SOYJOYは通常タイプとクリスピータイプに分かれますが、取りあえずは通常タイプの方を。

 共通の特徴としては、非常にしっとりとした、かつ弾力のある生地だということ。

 食べ応えがあり、一本でもかなりのボリューム感があります。

ピーナッツ

SOYJOYピーナッツ

 カットされた(砕かれた)ピーナッツがゴロゴロ入っています。ピーナッツの風味がとても強いです。

 SOYJOYの中でも、特に食べ応えやボリューム感があるように思われます。

 144kcal。

2種のアップル

SOYJOY2種のアップル

 清涼感ある甘酸っぱさがいい感じです。

 パイナップルやアーモンドが入っている模様。

 アーモンドが食感も良くて、甘酸っぱい味わいになかなか合います。

 134kcal。

ストロベリー

SOYJOYストロベリー

 特にしっとりした味わいです。

 一方、食感に関しては若干のさくさく感があります(これはココナッツ?)

 レーズン、いちご、パイナップル、クランベリー、ホワイトチョコレートなどで、複雑なイチゴ風味を演出しています。

 133kcal。

3種のレーズン

SOYJOY3種のレーズン

 私はレーズンがあまり好きではないので、ちょっと不安でしたが……意外とおいしい。

 レーズンの酸味と豆乳生地のまろやかさがマッチし、くどさを感じない味わいになっています。

 ドライフルーツが苦手な人はダメかも知れません。

 133kcal。

ブルーベリー

SOYJOYブルーベリー

 レーズンとブルーベリーが存在感あり。

 それら果実の酸味とホワイトチョコレートの甘さが混じり合い、ヨーグルトっぽい風味になっています。

 やはりドライフルーツ苦手な人は注意。

 135kcal。

アーモンド&チョコレート

SOYJOYアーモンド&チョコレート

 チョコとアーモンドの王道的なおいしさが楽しめます。

 SOYJOY独自のしっとり感、弾力感、こってり感に、非常にマッチした味わいです。

 146kcal。

SOYJOYクリスピー

 SOYJOYクリスピーは、その名の通りサクサクしたクリスピータイプの生地が心地よい製品です。

 通常タイプのしっとりした弾力のある―――悪い言い方をすればねちっこい食感が苦手、というひとは、こちらの方がおいしく食べられるかも知れません。

プレーン

SOYJOYクリスピープレーン

 なんとなくチーズっぽい味わいです。

 チーズは入っていませんが、パパイヤだのパイナップルだのが大豆成分や脂質と組み合わさり、そんな味わいになるのだと思われます。

 123kcal。

ミックスベリー

SOYJOYクリスピーミックスベリー

 幾種ものフルーツの味わいと酸味、風味が、まろやかな生地の味わいとうまく溶け合い、マッチしています。

 クランベリー、ラズベリー、ストロベリーが入っているようです。

 119kcal。

ホワイトマカダミア

SOYJOYクリスピーホワイトマカダミア

 カリカリしたマカダミアナッツがおいしい。

 非常に濃厚な甘さを有しています。この味は豆乳チョコレートによるものでしょうか?

 ほかよりさらにサクサクして軽い食感です。

 133kcal。

バナナ

SOYJOYクリスピーバナナ

 口に含んだ瞬間にバナナの良い風味が広がります。

 一方、甘さは控えめで薄味気味。

 カロリーも控えめです。

 しつこい味わいが苦手な人にオススメ。

 115kcal。

ゴールデンベリー

SOYJOYクリスピーゴールデンベリー

 ゴールデンベリーとはなんぞや、って感じですが、食用となる西洋ほおずきのことだそうです(ほおずきというものあまりなじみはないですが)。

 オレンジピールによる柑橘系の風味とすっぱさが心地よい、さわやかなおいしさです。

 120kcal。

まとめ

 通常タイプにせよクリスピータイプにせよ、結構濃厚で、こってり感があります。

 一方、これは味覚的な好きずきの問題ですが、そのこってり感が苦手な方はダメかもしれません。大豆独自の、微妙なクセのようなものも、あるといえばあります。

 満腹感充足感はしっかりしています。

 使い方次第では、うまくダイエットなどにも利用できるでしょう。

【writer : emu】