ドクターズベスト・ハイアブソープションマグネシウム

 健康オタクのサプリマニアなんぞやっていると、日々飲むサプリの量・種類がどんどん増えていくものです。

 そうなると飲んでる側もわけがわからなくなって、どれが効いているのか、あるいは効いてないのか、逆に害になっているのか、そのあたりの判別が付かなくなります。

 よって、定期的に自分がいま飲んでいるサプリの見直しをすることにしているのですが、それにともない、「マグネシウム」に関して改めて調べてみたところ、私が毎日飲んでいる「クエン酸マグネシウム」よりグッドなマグネシウムサプリがあるという情報を目にしました。

Related

マグネシウムの効能&マグネシウム不足の症状

 あらためて、マグネシウムの効能を書き並べてみましょう。

  • 体内で300以上の酵素の合成を補助する。
  • タンパク質のエネルギー代謝を助ける。
  • 筋肉をリラックスさせる。
  • 安眠をもたらす。
  • 血圧を調整する。
  • 体温を調整する。
  • 血糖値を調整する。
  • カルシウムの吸収を助ける。
  • 神経系をリラックスさせ、安定させる。

 上記に書いたことはごく一部です。実際には、もっともっとたくさんあります。マグネシウムの効能は、実際には一言で言い表せます。すなわち、

「身心のすべてがよくなる」

 です。

 一方でマグネシウムが不足すると、人体はどうなるでしょうか。

  • 偏頭痛
  • 筋肉の緊張、肩こり、首のこり
  • 情緒不安定、不安、いらだち
  • 便秘
  • 不眠
  • 代謝不足によるエネルギーレベルの低さ。だるさや無気力感。
  • チョコレートが食べたくなったり、むやみに食欲が増したり。
  • それにともなう肥満

 ここに書いたことも、ごく一部です。実際にはもっともっとたくさんあります。マグネシウム不足の症状もまた、一言で表せます。すなわち、

「身心のすべてがガタガタになる」

 です。

様々なマグネシウムの種類

 そんな、是非とも摂取すべきマグネシウムですが、それならなんでもかんでもマグネシウムの名が付いたものを飲めばいいのか、というとそれは違います。

 マグネシウムにも色々あるのです。

 もともと純粋なマグネシウムとは非常に不安定な物質。物質として安定するためには、なにかしらほかの原子と結合する必要があります。

 その結合した物質が何かによって、同じマグネシウムでも様々な性質を持つのです。

 吸収率は大いに異なりますし、マグネシウム自体は有益でも、結合した物質が人体に有害、という場合もあります。

 慎重に選ばねばなりません。

 一部をご紹介しましょう。

クエン酸マグネシウム

 私が飲み続けていた、クエン酸と結びついたマグネシウムサプリです。

 吸収率は比較的高い方(25~30%)。クエン酸が胃を活性化するので、食事と共に摂れば消化を促進してくれます。

 ただ、それが刺激になって、胃を痛めてしまう人もいるようです。

塩化マグネシウム

 豆腐を作るための「にがり」としてもお馴染みです。

 こちらも胃酸を活性化するので、食事と共に摂る必要があります。

 また、経皮吸収タイプの、いわゆるマグネシウムオイルの原料としても使われます。

硫酸マグネシウム

 硫酸というと物騒な感じがしますが、危ないものではなく、普通の海水などにも含まれている成分です。

 入浴剤として、経皮吸収目的で利用されることが多いです。

 経口摂取することもありますが、これは便秘薬、下剤として使用する場合です。(下剤として効果が発揮されるというのは、体内では吸収にくく、栄養素としては役立ってない、ということでもあります)。

炭酸マグネシウム

 こちらも吸収されにくいタイプ。

 胃酸を抑える制酸剤や、便秘薬・下剤として利用されます。

 少量ですが、ポポンSプラスにも利用されていますね。

酸化マグネシウム

 もっとも吸収されにくいタイプのマグネシウムです(4~5%)。

 栄養摂取目的ということではまるで期待できません。

 ただ下剤としてはかなり優秀で、比較的人体に負担の少ない、ナチュラルに近い排便作用をもたらしてくれます。

理想のマグネシウムサプリ、グリシン酸マグネシウム

 さて本題です。

 グリシン酸マグネシウム(グルシネード・マグネシウム)というのがあるそうなのです。

 アミノ酸の一種でもあるグリシンと結合した、最も体に吸収されやすいマグネシウムだそうで、胃腸にも優しく、マグネシウムサプリにありがちな軟便や腹部不快感を引き起こすことも少ないとのこと。

 経口摂取するマグネシウムサプリの中では、理想のフォームといわれています。

 その代表的な商品が、ドクターズベスト社製、ハイアブソープションマグネシウム

 海外サプリ通販大手iHerbのマグネシウムサプリの中ではまさにトップ人気。120錠タイプがレビュー1300越え。240錠タイプがレビュー700越え。合計で2000以上のレビューを獲得しております。

 他を圧倒する、大人気商品、まさにベストセラーであります。

 マグネシウムが結合している成分は、前述のグリシンと、それからアミノ酸仲間であるリジン

 グリシンは心身をリラックスさせ、安眠を招いてくれるというアミノ酸。実際、身近なドラッグストアにおいても、安眠サプリとしてよく売られています。

 リジンは体内で合成できない、いわゆる必須アミノ酸の一種で、人体において不足しがちな栄養素ともいわれています。カルシウムやタンパク質の吸収、コラーゲンや髪の毛の生成、脂肪燃焼等に役立ちます。

 どちらのアミノ酸にせよ、腸管内においてミネラルの吸収を助けるとされています。マグネシウムと組み合わせるのにピッタリなわけです。

 パッケージには、

「100%Chelated with TRAACS」

 とあります。

 「TRAACS」というのは、米国のアルビオン社が特許を持つ、特別なキレート加工技術(またはそれによって作られたミネラル剤)のことです。世界的に信用された技術で、ミネラルの生体利用効率を最適化しているとのこと。

 要は「信頼できる技術を用い、妙な混ぜ物を使うことなく、グリシンとリジンだけをマグネシウムに結合(キレート)しましたよ」というような意味になります。

 世にあるマグネシウムサプリの中には、加工を効率化する目的で、あまり栄養補助食品としてはよろしくない「酸化マグネシウム」を混ぜ物に使うことも多いそうなのですが、そういうことはやってないよ~といっているわけです。

 人体に最もよく吸収され、そして最も副作用のないというこの商品の評判を聞き、是非とも試してみたくなったのです。

錠剤のサイズ(画像付き)

 善は急げ。さっそく注文してみることにしました。

 最近の海外通販はさすが。iHerbを利用しましたが、注文をした3時間後には発送のメールが届き、その五日後くらいには自宅へ届きました。

 パッケージはトップ画像の通りですが、成分表はこんな感じ。

ドクターズベスト・ハイアブソープションマグネシウム

 中身の錠剤はこんな感じ。

ドクターズベスト・ハイアブソープションマグネシウム

 いままで飲んできた、nowのクエン酸マグネシウムより一回り小振りなタブレットです。

ドクターズベスト・ハイアブソープションマグネシウム、nowクエン酸マグネシウム比較

  • ハイアブソープションマグネシウム  約2.0cm
  • nowクエン酸マグネシウム  2.4~2.5cm

 程度の大きさです。

 ただ容量としては、nowクエン酸マグネシウム1錠に含まれるマグネシウム容量が200mgなのに対し、ハイアブソープションマグネシウムのほうは1錠で100mgです。

 もちろん、単純に半分、と考えるわけにもいきません。前述の通り、ハイアブソープションマグネシウムの吸収率はピカイチ! クエン酸マグネシウムより上です。

 実際に体内で活用されるマグネシウム量、ということでいうなら、200mgのクエン酸マグネシウムにも決して負けぬ容量なのではないでしょうか。

どう飲むのがベスト?

 さて、飲み方ですが、パッケージにおいては、

「1回2錠を、1日2回。食事と共に摂取するか、栄養学に詳しい医師の指示に従ってください」

 とあります。

 ただこれには諸説あり、

「アミノ酸であるグリシン、リジンのキレートなので、吸収を高めるため空腹時に服用した方がよい」

 という意見もあります。実際、アミノ酸サプリは空腹時の服用を薦めるものが多いです。

 またグリシンは安眠をもたらすアミノ酸として有名なので、

寝る前に飲むのがよい」

 という声も聞かれます。

 いまのところ私は、パッケージの指示の通り食後に飲んでいますが、いろいろ試してみてもいいかもしれません。

 量に関してですが、「1回2錠を1日2回」ということは400mgのマグネシウムが摂取できるわけです。

 マグネシウム摂取量の目安は成人男性で320mgくらい、成人女性で260mgくらい(許容上限はともに700mg)とのことなので、1日分目安は越えるけれど多すぎもしない、といった感じ。

 ただ個人的には、あおさだとか小魚だとか、マグネシウム豊富な食材を食事でも摂るようにしているので、1日に飲む量は2錠までとしております。

飲んでみた感想は?

 クエン酸マグネシウムからこちらに切り替えてみて、すぐに何か変化があったわけではありませんでした。

 クエン酸マグネシウムを飲んでいたとき同様、調子は悪くないです。

 しかし一週間くらいたったころでしょうか、ふと変化に気付きました。

 腹部が、少しだけですが、それまでよりヘコんでいるのです。

 別に痩せた、とかではありません。運動にせよ食事にせよこれまで通り。特別体重が減るようなことはしていません。

 にもかかわらずお腹がへっこむ理由。思いつくのは主にふたつです。

  • 腸内環境がよくなり、腸内ガス等が減少した。
  • 内臓が炎症が軽減し、無駄に血が集まっていた状態が解消された。

 後者か? と思いました。

 前述の通りクエン酸マグネシウムは、人によっては胃を痛めてしまう可能性もあります。ずっと飲み続けているうちに、いつのまにやら胃を悪くしていたのかも……。

 もちろん、クエン酸マグネシウムにも大いに利益はあるのです。そこから得られるマグネシウムによって、私の体調は大変に改善されました。しかしだからこそ、プラス面の陰に隠れた胃を痛めるというデメリットに気付けなかったとも考えられます。

 ちなみに自身の過去の日記や、マグネシウムについて前回書いた記事を読む限りでは、

「マグネシウムを飲むようになってから胃腸の調子がいい」

 とは書かれています……。いま思うにこれは、クエン酸マグネシウムの刺激が、その時点においては胃に良いように作用した、ということだと思います。

 一時的には良くても、その刺激を長期間にわたって与え続けたら……次第に胃も疲弊し、弱ってしまったとしても不思議ではありません。

 まあ想像による自己分析はともあれ、良い感触はありますので、ハイアブソープションマグネシウム、継続しました。

 さらに一週間ほどたったころ、自分の体調が明らかに良くなっているのを感じました。

 お腹はさらにへっこんでいます。胃腸が軽いです。単純に歩いていて、スキップしたくなる心持ちです。

 精神的にも、いい感じにリラックスできている感じが続いています。穏やかに冴えた感じ。あるいは明晰なリラックス感。睡眠時も(これまでも睡眠に対し特に問題は感じていませんでしたが)より深く眠れるようになり、質の高い疲労回復が得られるようになりました。

 ここまで来るとあきらかです。私にとっては、クエン酸マグネシウムより、このハイアブソープションマグネシウム―――リジン+グリシン酸マグネシウムのほうが合っているようです。

 クエン酸マグネシウムにしてももうちょっと手元に残っているので、消化を促進したいとき、マグネシウム摂取と共にあえて胃腸に活を入れたいときなどにおいて、ときおり摂取するという形を取りたいと考えております。

購入はiHerbがオススメ

 さてこのすばらしいマグネシウムサプリ。海外製品になりますので、購入する場合は海外通販(個人輸入)となります。

 Amazon・他でも買えます。

 iHerbでも買えます。

Doctor's Best,ハイアブソープションマグネシウム,100%キレート化、TRAACS配合,240錠Doctor’s Best,ハイアブソープションマグネシウム,100%キレート化、TRAACS配合,240錠

 ふたつのリンク先を見比べていただければ分かりますが、お値段、えらく違います。両サイトとも、価格に関しては変動しますのでここでは書きませんが、多分、iHerbのほうがかなり安いはずです。

 購入するならiHerbがお得のようです(iHerbを利用したことのない人は、会員登録をする手間がかかってしまいますが)。

 ワケの分からんアカウントをこれ以上増やしたくないの!! という方はAmazon・他で。それ以外の方はiHerbでのご利用をお勧めします。

Related

【writer : doku】