前回「胃薬・太田胃散の是非。利益を十二分に得るには? 副作用を避けるには?」の続きです。

胃に効くサプリが見当たらない

 胃薬は副作用の心配があるし、根本的な問題解決にはならないと感じたわたくし。

 なんとか、食事療法等ナチュラルな方法で、胃の不調を解決できないかと模索しました。

 とはいえズボラなわたくし。極力苦痛や面倒のない方法で、胃の改善を図りたいところです。

 つまり、なにかしらの錠剤を飲むだけでいい感じになれるなら、それが一番だったわけです。

 でも胃薬はダメ。となるとサプリメントです。

 しかしながら、「胃に効く」という成分を保有したサプリメントって、あんまり聞かなくないですか?

 胃腸とひとくくりにされる胃と腸。

 腸に効くというサプリメントはたくさんあります。

 腸内細菌そのものたるプロバイオティクス。腸内細菌の餌となるプレバイオティクスポリフェノール等、腸に良い刺激を与えてくれる各種天然成分のサプリ。

 ちょっとドラッグストアに行けば、いくらでも目にできます。

 けど、胃に効く成分を含むサプリというのは、あまり、というか、ほとんど聞いたことがない。

食事療法、運動で胃を治せ

 薬もダメ、サプリもない、なら、もう腹をくくって、面倒でもそれ以外の方法を取るしかありません。

 さて、弱った胃を良くする方法、果たしてどんなものがあるのでしょうか。

1.ウナギを食べる!

 とことん栄養豊富で、人体に必要な成分のほとんどが含まれるというウナギ。

 豊富なビタミンAは、胃の粘膜を強化してくれるといいます。

 抗酸化作用成分も多く、胃炎や胃潰瘍の原因となる悪いものを除去してくれます。

 良質なタンパク質、アミノ酸が、それら成分と一緒になって働き、胃をギュンギュン直してくれます。

 実際に食べてみると、確かに胃にしみる(心地良いという意味で)!

 次の日も、普段よりおなかがイキイキ、元気な感じです。

 ただ、かなり脂っこい食材ですので、人によってはむしろ胃に負担となってしまうかも知れません。

 それに……最近のウナギはさすがに高すぎる

 毎日食べる余裕はございません。

2.納豆を食べる!

 納豆のヌルヌル成分が、胃粘膜を強化、修復するといわれています。

 日本国であればスーパーでもコンビニでも、大抵は売っているであろうハイパー健康食品。

 ふたを開けて、お好みで調味料を入れて、かき混ぜたら後は食べるだけ。超お手軽。

 胃に対する効果意外にも、健康に有益な多くの成分が含まれていることは言うまでもありません。

 日々の生活に取り入れなければ損! な食材です。

 ただ注意事項としては、ヌルヌルで滑りがいいので、よく噛まずに飲み込みがちになる点

 噛まずに飲んでしまうと、当然、消化器官に負担をもたらし、胃の調子をむしろ悪くしてしまうでしょう。

 入念に噛むことを意識しながら食べるようにしましょう。

3.キャベツを食べる!

 キャベツに含まれる成分に、ビタミンUと呼ばれるものがあります。

 その主な効果は、胃酸の分泌量を調整することと、胃粘膜の新陳代謝を促進すること。

 まさに、ダメージを受けた胃にぴったりの成分で、キャベツから発見されたことから、その別名を「キャベジン」といいます。

 キャベジン。胃薬にもありますね。あれはこのビタミンUが主成分になった薬ですので、その名を冠しているわけです。

 薬の方のキャベジンは、胃酸中和剤等が入っている胃薬ですので、長期連用は控えるべきですが、普通のキャベツを毎日の食べることは当然OK。

 確かに、千切りキャベツのサラダをモシャモシャ食べた次の日は、胃の調子が良い気がします。

4.カモミール茶を飲む!

 カモミールティ。

 人気のハーブティで、スーパーなどでもティバッグのものがよく売られています。

 心身をリラックスさせ、夜などに飲むと心地よい眠りをもたらしてくれるハーブですが、胃にもよい成分が含まれるといいます。

 その成分が、アズレン誘導体

 こいつが胃の粘膜を修復し、正常化させ、消化機能等の狂いも直してくれるといわれています。

 寝る前にカモミールティを一杯飲んでベッドに入れば、次の日は胃がとてもスッキリしていることでしょう。

5.腹筋をする!

 前に、「あまり運動しないひとも軽い腹筋くらいした方がいい理由」で書いたとおり。

 腹筋が弱っていると胃下垂等の原因になり、胃に余計な負担をかけ、正常な働きを妨げてしまいます。

 また腹筋は胃腸を守る鎧。これがふにゃふにゃだと、ただでさえストレスに弱い胃がさらにストレスにさらされてしまいます

6.禁酒禁煙! でも無理なら…

 お酒、胃に負担となります。

 たばこの煙も、入るのは肺にだけではありません。胃にも届きます。大いなる負担となります。

 だから、可能ならやめるべきなのです。

 ただ、そんな簡単なことではありませんよね。

 私もかつてたばこを苦労してやめ、酒もいま控えるようにしていますが、簡単じゃないとはわかります。

 無理に我慢して、その反動で過剰な飲み過ぎ、吸い過ぎをしてしまうと、胃がさらに壊れてしまうかも知れません。

 無理のない程度で、たばこ、酒ともに控えめにできれば、胃に対する負担は大いに減るでしょう。

 ただ…酒、たばこというのはやっかいな代物。

 たばこを吸って、酒を飲んで……次の日、具合が悪くなる、胃が悪くなる、気分が悪くなる。

 そうなると…ますます飲みたくなる、吸いたくなるものなのです。

 頭では、酒やたばこのせいでこうなったのだとはわかっているのです。

 けど、また酒やたばこをやると(一時的にではあるが)気分がアップする。悪かった気分が紛れる。だからやっちゃう。

 そうしてまた数時間たつと、気分や体調は最悪になっているのだが、その不快感を紛らわせるものは、やはり酒とたばこしかなく……

 またやっちゃう。やめられない。連鎖は続く。

 酒やたばこといった薬物を「控えめにする」という選択は、むしろ「難易度が高い」のだということは、かの「禁煙セラピー」「禁酒セラピー」でもいわれるところ。

 すっぱりやめるが吉なのです。

 ただ、それはそれでハードモード……。さっきもいったとおり、反動が怖い。

 となると、酒やたばこの負担を自然と減らす工夫として……

 お酒を飲むときは胃粘膜に良いヘルシーなおつまみ(上記の納豆など)を取るとか。

 たばこが進みやすいコーヒーなどの飲料は控えるとか。

 そういうことをやってみるとよろしいのではないでしょうか。

7.消化にいいものを食べて休息する!

 ある人に訊きました。

「胃が悪いんですけど、どうすれば治りますかねぇ?」

 その人、答えて曰く、

「おかゆとか消化にいいものを喰って安静にしておれ」

 極めてシンプルな回答でございますが、でもそれが究極の奥義ではあるようなのです。

 休息。休息。

 休息して、偉大なるみずからの自然治癒のパワーに胃をゆだねるのです。

 それにプラスアルファして、上記の6点を組み合わせるのです。

まとめ

 いかがでしょう。

 ご自身の胃に不安を持たれている方々にとっての一助となれば幸いです。 

 もちろん、症状が深刻な場合は、自己流の療法にこだわってないで病院に行くべきなのは言うまでもありません。

 一度胃を悪くしてしまった人間が、胃を回復させることができたとき……

 すばらしい気分になれます。悪かったものが元に…「普通」に戻っただけなのに、小躍りしたくなるほどの幸福感に包まれます。

 「普通」というのは、こんなに快適なものだったのかと感動いたします。

 健康のありがたさというのが実感でき、人間にとって一番大切なのはやっぱり健康なんだなと思い知らされます。

 胃は良くしておかなきゃ、人生、ホント、損ですよ!

【writer : doku】