レスタミンコーワ

 レスタミンコーワというお薬があります。

 第二類医薬品にあたる市販薬で、内容成分はシンプル、

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

 というのが一錠あたり10mg入っています。

 その効果はパッケージに「抗ヒスタミン剤」とあるように、じんましんや湿疹などのアレルギー症状を抑えることにあります。

 さてこのお薬、ひとつのウワサがあります。

 簡単に言えば、寝る前に飲むとよく眠れる―――睡眠薬のような効果があるというのです。

レスタミンコーワとドリエル

 なぜそんな話になっているのかというと、こちらもまた有名な市販の睡眠改善薬に「ドリエル」というお薬があります。

 このお薬の成分内容もシンプル。1回2錠ですが、一錠あたり、

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

 が25mg入っています。

 つまりレスタミンコーワと、中身は同じなわけです。

 ジフェンヒドラミン塩酸塩はアレルギー症状を起こすヒスタミンの働きを抑えると同時に、眠気ももよおすので、それを利用して服用者を眠くさせようという訳なのですね。

 なるほどそこまではいいですが、問題はお値段

 もちろん市販薬なので、取扱店舗などで異なるとは思いますが、

  • ドリエル … 12錠(有効成分300mg)で¥2,052-
  • レスタミンコーワ … 120錠(有効成分1200mg)で¥500~¥1000-

 はい、成分量にして4倍を誇るレスタミンコーワが、お値段では半額以下という、圧倒的なコスパの差を見せております。

 つーかドリエルぼったくりだろ! ……まあ睡眠改善薬として販売するための認可を得るため、相当なコストがかかるのでこのお値段になる、という話ですが。

 ということで、ドリエルなんぞを買うくらいならレスタミンコーワを買った方がいい、というのが、市販薬マニアたちの間では常識となっているようなのです。

飲んでみた。さあ、眠れるか?

 さてかくいうわたくしも、仕事上の関係で生活リズムが不安定になることが多く、

「眠りたいときに眠れない」

 状況に悩まされるようになりました。

 そこで助けになるかと期待し、このレスタミンコーワをやってみることにしました。

 ドリエル一回分がジフェンヒドラミン塩酸塩50mg摂取ですので、それにあわせて5錠飲んでみました。

 しかしながら―――

 うーん。特別、即座に寝付きが良くなる感じはありません。

 お薬を飲んで「さあ寝るぞ、いまから眠くなるぞ」という意識がめばえ、逆に目が冴えてしまったのかも知れません。

 けれども1時間もたつと、だんだん意識がトロトロしてきて、まあ、なんとか眠れました。

 そこからは熟睡です。夢も見ません。深く眠りすぎて、次の朝、目を覚ますのに難儀しました。

 起きたあとも、お薬の効果が残っている感じでボーッとしていました。

 正直、効果はあるけれど、個人的にはちょっと使いにくいかなぁ、という感想です。

 こんなに頭がボーッとしてしまうなら、寝る意味がありません。徹夜後や短時間睡眠後のほうが調子がいいです。

 眠りを深くする効果はあるようなので、眠りの浅さに悩まされている方などには良き助けになるかも知れません。

 またジフェンヒドラミン塩酸塩には嫌な感情や記憶を消す作用もあるといわれています。メンタル面の改善を望む人にも、有益となる可能性があるでしょう。

【writer : doku】