DHEA

 DHEAというものをご存じでしょうか。

 正確にはデヒドロエピアンドロステロン…という長ったらしい名前の物質で、ホルモンの一種となります。

 それが主成分となっているサプリを、毎日ではないけれど、ときどき飲んでおるのです。

DHEA、その働き

 DHEAは主に副腎から分泌されるホルモンです。その働きの一部をご紹介しましょう。

  • テストステロン(男性ホルモン)、エストロゲン(女性ホルモン)の材料となる。
  • 免疫力を高める。
  • 筋骨を強くし、代謝を高める。
  • 抗ストレス効果、抗鬱効果を発揮する。
  • やる気や意欲を向上させる。
  • アルツハイマーを予防、改善する。
  • 頭の働きをよくする。
  • 性的欲求、性的機能を高める。
  • 糖尿病や動脈硬化、脂質異常症などさまざまな病気の予防につながる。
  • 皮膚を美しく保つ。

 まさに多様。

 特にメインであるテストステロンは、男性はもちろん女性に対しても元気・活力をもたらすホルモンです。こいつが活発か否かが、日々の幸福度にも影響します。

 上記、身心への様々な効能が相乗しあい、優れたアンチエイジング効果を発揮することで、世間一般においては「老化防止」「若返り」のホルモンとも呼ばれています。

凄い効果がある説、年配者じゃないと意味ない説

 6~7歳くらいから体内において増加しはじめ、20歳前後でピークを迎え、後は年を取るごとに低下してゆくというDHEA。

 それをサプリで補充できれば……素晴らしい効能を得られそうですが、それには諸説あります。

 まずは、猛烈に効くという説。

 男性ホルモンが猛烈に高まり、精力も猛烈に上がり、飲むだけで筋肉ムキムキのマッチョマンになれる、という話です。

 もちろん、飲むだけでマッチョになるなんてのはヤバい薬物の世界です(ドーピングとしてのステロイドだって、効果を得るにはトレーニングが必要だといいます)。

 それほどまでの効果はさすがにないと思いますが、スポーツ界の一部では、DHEAサプリは使用が禁止されているともいわれています。ドーピング扱いされるわけです。

 そういう話を聞くと……ちょっとアブないのかも知れないけれど、それなりに大きな効果が期待できるのではないか、という気もします。

 けれども一方では、若い人間には効かないんじゃないか、という説もあります。

 体内のDHEA量がかなりのレベルで低下した、年配の人にしか効果がない、というのです。

 とある実験において、DHEAサプリを摂取した被験者に、確かにテストステロンの上昇、それにともなう身心の調子の改善が見られたが、そういう良い結果が見られたのは65歳以上の高齢者ばかりだったそうです。

 あくまで不足すると体・脳・心に不調を招くが、足りているところにさらに注ぎ込んでも意味はない、というわけです。

で、実体験。結構、効く

 さて、もう青年とは言いがたいが、さりとて年寄りというわけでもない微妙な年頃のわたくし。

 わたくしに対しては……結構効きます、DHEA。

 もちろん、飲んだだけでムキムキ体がパンプアップしたりはいたしませんよ。

 ただ、気分がかなり晴れます。

 なぜだか身心が疲れている。休息も取っているし、変な食事もしていない。胃腸その他の内臓にも違和感はない。にもかかわらず、元気はなく、憂鬱で、無気力……そんなときに飲むと、すっと普通の状態に戻ります。

 元気ホルモンの素、ということで、軽い抗うつ剤のような働きをしてくれているのかも知れません。

 ちなみに普通の状態のとき飲んだところで、そこからさらにハイになったりはいたしません。足りてる人間には効かない、というのは本当だと思います。

 ただ視点を変えると―――たまにではあっても老人と同じような状態になる私ってどっかおかしいんだろうか(汗)……ちょっぴり不安になってもしまうのですが(笑)。

 得体の知れない(精神的なものも含めた)不調感に悩まされている方は、一度試してみられても良いかもしれません。

購入時の注意

 ちなみにこのサプリ、日本では買えませんので、海外通販(個人輸入)で手に入れるかたちとなります。

 ただアマゾンでも楽天でも、取り扱いがないっぽい?(昔はあったと思うが…)ので、iHerbを利用するのが良いでしょう。

 注意点がひとつ。どうもこのDHEA、日本においては準規制品のような扱いらしく、個人輸入する場合、2ヶ月分を越える量を購入すると税関で没収の対象になるとのこと(2018年1月現在)。

 よって買うなら、ほどほどの量(2ヶ月分を越えない)の商品を「一度の買い物で一個まで」としておくのが無難でしょう。

【writer : doku】