こんなタイトルの記事にたどり着いたということは、きっとお客様はそれなりにコーヒーというものを愛好されるお方なのでございましょう。

 素晴らしいですね、コーヒー。

 すっと目を覚ましてくれるのに、同時にほっとリラックスさせてくれる味と香り。

 入れ方や、ちょっとした工夫で、普段とはまるで違う顔を見せてくれることも魅力です。

 その健康効果が一般にも広く知られるようになった昨今、単純な嗜好品としてだけでなく、日々の元気のためにコーヒーを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 かくいう私もそうです。

 毎日、地元の専門ショップより仕入れたスペシャリティコーヒー(かなりお高いけど、味わい、香り、身体への効果ともにあきらかに違う!)で、コーヒーポリフェノールをはじめとした有益成分をたっぷりと摂取しています。

 おかげでお腹ウキウキ、頭ワクワク。

 毎日を楽しく過ごしております。

ところでコーヒーの入れ方には色々ありますが…

 みなさんはコーヒーを淹れる際、どんなドリップ方法を採っておいででしょうか。

 コーヒーの入れ方は様々です。

 一般的なペーパードリップ、金属フィルタードリップ、フレンチプレス、ネルドリップ、水出し方式、エスプレッソ、サイフォン、などなど。

 それぞれ特徴がありますし、またペーパードリップひとつをとっても、カリタ式、 メリタ式、 ハリオ式などさらに細かく分類されます。

 それを承知の上で、しかし様々なコーヒーの入れ方をあえて大別するとすれば、

  • コーヒーの微粉やコーヒーオイルをきっちりカットして、すっきり澄み切ったコーヒー液を抽出する入れ方(ペーパードリップなど)
  • コーヒーの微粉やコーヒーオイルを残して、まったりまろやかなコーヒー液を抽出するやり方(金属フィルター、フレンチプレスなど)
  • その中間(ネルドリップなど)

 その三種…に分かれるのではないでしょうか。

 すっきり味とまったり味のどちらがいいか、これは単純に好みの問題でありましょう。

 究極の入れ方は中間に当たるネルドリップだとは多くのコーヒー党が認めるところですが、道具の手入れ、保管などが非常に手間で、ドリップにも高い技術を要します。

 一般家庭で日常的に行っておられる方はあまりいないようです。

 一方、栄養面、健康面においては、例によって意見は二つに分かれております。

  • コーヒーの細かな粉やオイルにはポリフェノールがたっぷり。身体にいい!
  • 微粉だの油だのは野菜の灰汁みたいなもの。身体に悪い。捨てるべし!

 いつものように、自分の身体で試してみるしかございません。

身体に合うならば「まったりまろやか系」がおすすめ

 私自身の結論を口にしますと、コーヒーオイル等ペーパードリップにおいてカットされてしまう成分は、決して身体に悪くない、むしろ良い、と感じます。

 実際、飲んだ後のコンディション・テンションのアップ感お腹のワクワク感が違います。

 むろん摂りすぎは良くないでしょうし、低品質の豆を使うと、カビ毒等々の身体にお悪い成分を多めに摂取してしまう可能性もありますが、スペシャリティクラスのコーヒー豆を使う分には、その心配はあまりないと思います。

 もちろん、飲んでみて気持ちが悪くなっちゃったり、どうしてもおいしいと感じられなかったときはやめましょう。そういう身体のサインは大切です。

まったりコーヒーといえばフレンチプレス

BODUM・ボダムのコーヒープレス画像1

 さてまったりまろやかオイル入りコーヒーを作るにおいて、一般的なのが漏斗型金属フィルター方式フレンチプレス方式

 このどちらかを選ぶとするなら、やはりフレンチプレスでしょう。コーヒーオイルは水より軽い成分ですので、漏斗型ではどうしても抽出しきれないといわれています。

 フレンチプレスの入れ方は簡単

1.お湯を沸かします。お約束どおり、プレス器具やカップはお湯で温めておきましょう。

2.豆を中挽きから粗挽き目に挽きます。豆の量は定番どおり、一杯あたり10gが目安でしょうが、そのあたりはお好みで。

3.それをプレス器具の中に入れます。

4.お湯を注ぎます。熱々のお湯が直接豆にかからないよう、ポットを傾けて注ぎます。私の場合、三分の一程度入れたところで、軽くポットを揺すってお湯を豆になじませますが、別に一気に注いでも構いません

 お湯をどこまで注ぐかですが、ポットのてっぺんから2~3cmあたりでよいでしょう。

BODUM・ボダムのコーヒープレス画像2

 このポットでいうなら、

BODUM・ボダムのコーヒープレス画像3

 「Bodum」のメーカーロゴの上端あたりがちょうど良いといわれています。

 自分にとってのスイートスポットはどこかを探ってみましょう。

5.プレス機器の、蓋部分をはめます。そうして4分程度待ちます。

6.4分たったらゆっくりとハンドルをおろし、豆と抽出液を分離して、できあがりです。

プレスよりさらにオイル濃厚な、私流コーヒードリップ

 と、フレンチプレスについて解説してきましたが、わたくし、実はフレンチプレスはあまり飲みません(たまには飲みますが)。

 プレスよりさらにコーヒーオイルたっぷりな、我流の入れ方で、日々のコーヒーを楽しんでいます。

 前置きが長くなりましたが(笑)、この我流コーヒーの入れ方紹介が、本記事のメインです。

 とはいえ難しいことはなにもありません。実に簡単。極めてシンプル

1.お湯を沸かします。コーヒーサーバーをふたつ用意します。各器具は例によって温めておきます。

2.豆を細挽き目に挽きます。

3.サーバーの一つに豆を入れます。

4.お湯を注ぎます。やや多めに注ぎます軽く攪拌します。

5.2分待ち、また軽く攪拌します。さらに2分待ちます。するとお湯の中のコーヒー豆のほとんどは自然と沈殿します。

6.比較的アミが細かめの茶こしを用意します。その茶こしでこしながら、もう一方のサーバーに抽出液を注ぎます。底の方の抽出液まで注いでしまうと、さすがに微粉が多くなりすぎますので、上澄みだけを注ぐようにしましょう。

7.出来上がり! コーヒーを注いだ2番目のサーバーの底にも、すぐに微粉が沈殿しますので、最後の方は残すようにして、おいしく飲める範囲で頂きましょう。

なぜかおいしい「細挽き沈殿式」

 もちろん、茶こしでこしながら、直接コーヒーカップに注いでもOK。その場合は二番目のコーヒーサーバーを用意する必要はありません。

 もともとフレンチプレスを愛好していたわたくし。しかしフレンチプレス特有の、粗挽きゆえどうしても薄めの抽出になる、という点が不満でした。

 そこである日ふと思いついて、細挽き豆でフレンチプレスを作ってみました。

 フレンチプレスにて粗挽きが推奨されている理由は、主に「細挽きだと、抽出液内の微粉がさすがに多くなりすぎる」というものですが、やってみると……別に悪くない

 味もしっかり濃くなりますし、粉っぽさにしても大して気にはなりませんでした。

 すっかり気に入って細挽きプレスを楽しんでいたわたくしですが、またあるとき、フレンチプレスの代わりに茶こしでコーヒーを淹れる人もいるという話を聞きました。

 なるほどこれならプレスより皿洗いがラク(フレンチプレスの器具は、簡単ではありますが分解の必要があります)と思い、一度試してみると、不思議!

 細挽きプレスより濃厚で、とろっとろで、脳みそとお腹が「うっひょ~!」と歓喜するようなコーヒーができたではありませんか。

 いったい細挽きプレスとなにが違うのか。

 単純な話、プレスの金属フィルターと茶こしでは、茶こしの方が荒いアミ目になりますので、抽出液内に含まれる微粉や微量成分の量が増えたということになるのかもしれませんが、理屈はともかく、

「こっちのほうがおいしいんじゃない?」

 そう思ったわけでございます。

コーヒーを飲む際の留意点

 いかがでしたでしょう?

「こんな野蛮な入れ方をうまいと思うのはおまえだけ」

「コーヒー豆を直接食ってろ」

 という意見もあるかもしれませんが、まあ「私にとっては」この入れ方がいちばんおいしいのでございます。

 ちなみに、偉そうに「我流」と称しておりますが、実際のところこの手の「細挽き沈殿式」でコーヒーを淹れておられる方というのは少なからずいるそうです(原初のコーヒードリップ法の一つ、トルココーヒーもそうですしね)。

 さて健康面に関して気になることといえば、やはり飲み過ぎの問題ですが、コーヒーに、それほど深刻な依存性や中毒性はないと思います。

 こんなわたしとて、4~5日コーヒーをまったく飲まない(普通に欲しくないので飲まない)ときもあります。

 また上記の「細挽き沈殿式」コーヒーを毎日欠かさず飲んでいたら、ふいにあの「とろっとろ加減」に食傷してしまい、ごく普通のペーパードリップコーヒーが飲みたくなることもございます。

 そういうときは、素直に感覚に従います。「もうこれ以上は要らないよ」というとき、身体はちゃんと教えてくれます。

 またコーヒーは胃を痛めるという問題については、これは抽出する濃さが問題だと思います。

 自分にとって心地よい濃さのコーヒーを、何杯飲んでも平気なわたくし。にもかかわらず、あるときカフェで超濃厚なエスプレッソを頼み最初の一口を飲んだ数秒後、

 ガツンッ!!!

 胃になにかが突き刺さったような痛みを覚えたではありませんか。

 胃を痛める原因はコーヒーの量ではありません。コーヒーの質もあるかもしれませんが、なによりの問題は濃さなのです。

 「濃く淹れた方が絶対おいしい」という意見も世の中には多うございますが、胃を悪くしてはどうにもなりません

 さらにいえば「あなたにとって胃を悪くする濃さのコーヒー」を、あなたの味覚はおいしいとは思わないはずです。

 自分にとって最適な濃さを探りましょう。

 豆の量を多くしたり少なくしたり…。お湯の量を多くしたり少なくしたり…。

 濃く淹れてしまったら、お湯をさして薄めましょう。

まあ結局なにが言いたいのかというと

 コーヒーの入れ方もひとそれぞれ。

 別にカフェを開いてお金取って客に飲ませるというのではない、自分が飲むコーヒーです。

 王道だろうが邪道だろうが外道だろうが、自分にとって心地よければそれでOK。

 ネット上にいくつも存在する、コーヒーマニアたちのレシピを詳細に真似てみたところ、うーん、いまいち、ということは良くあります。

 もちろんいろいろ試してみることはいいこと。そこからオリジナルのアイディアが生まれます。

 わたくしの入れ方も、ひとつの例であり、場合よってはある種のヒント(?)になるかもしれませんが、それだけです。

 是非とも皆さん、王道的なやり方にとらわれず、いろいろやってみてください。

 まったく新しい入れ方を開発し、そのための器具を発明するレベルにまで至れば、ひょっとしたら大金持ちになれるかも……ですよ。

【writer : doku】