海

 この間、塩について考える記事を書きまして、天然海塩はなかなか難しい、と書きました。

 単純に体感的なものだけで語っても、おいしくて凄く元気が出る一方、ちょっとでも摂りすぎると気分が悪くなっちゃう。

 それでもカラダに良いものであるなら、うまいお付き合いがしたいものなので、有名な商品を色々仕入れて、色々試してみました。

4種類の自然塩

 自然塩というのには岩塩も含まれますが、今回比較対象としたのはどれも海塩です。

 ぬちまーす、粟国の塩、皇帝塩、天海の平釜塩の4種です。

 ひとつずつ見ていきましょう。

ぬちまーす

ぬちまーす

 沖縄は宮城島の海水によって作られた、小麦粉のように細かいパウダー状の塩です。

 海水を霧状に噴射して、そこに温風を吹き付けることによって水分だけ瞬時に蒸発させる「常温瞬間空中結晶製塩法」なる製法により作られた塩で、従来の製塩法では失われていた栄養分も結晶化できているとのこと。

 ぬちまーすに含まれるミネラルは21種類に渡り、これはギネスにも登録されているそうです。

 海水の成分がほとんどそのまま残っている塩といえます。

ぬちまーす

 味わいのほうもすばらしい。直接舐めても、料理にかけてもいいですが、間違いなく塩なのにも関わらず、なんともいえない、複雑かつ深みのある味わいを楽しめます。

 朝イチでこいつを少量、水に溶かして飲むと、すばらしい覚醒効果が得られます。体は暖かくなり、脳にも血が渡って、やる気、活力が沸いてきます。

 一方、ミネラルが超豊富な分、純粋な塩分は控えめです。食塩としては、ちょっと塩気が足りない、と感じられる人もいるかも知れません。

粟国の塩

粟国の塩

 こちらも沖縄の塩。ぬちまーすほどではありませんが、十分ミネラル(にがり)豊富です。

 ナトリウムの割合が(ぬちまーすに比べれば)多い分、しっかりした塩味が楽しめます。

粟国の塩

 一方、やはり通常の精製塩などよりははるかにミネラル豊富なので、精製塩にはない深みのある味わい、独特のまろやかさなども含まれています。

 甘すぎず辛すぎず、どんな料理にでも合う塩です。

 ちなみに通常の状態だとかなり水分を含んで、しっとりとしています。気になる人は、自分でフライパンなどで煎って焼き塩にしても良いとのこと。

皇帝塩

皇帝塩

 こちらは中国産の塩です。

 伝統的な製法をもちい、太陽と遠赤外線の力で海水を自然結晶させ、その後1~2年かけて熟成され作り上げられる特別な塩で、その名の通り、かつては歴代の皇帝も愛用したとのこと。

 ミネラル量、ということでは、上記のぬちまーすや粟国の塩には劣るようですが、一方では、この皇帝塩に含まれる程度のミネラル量が、一番人体にとってバランスが良いのではないか、ともいわれています。

 皇帝塩のpH値は、人の血液と同じ7.4。そういう点でも、人体に合っているのかも知れません。

皇帝塩

 なお調理において煮るとpH8.0~9.5くらいになって胃腸に優しくなるそうです。そのままの状態だと刺激が強い! と感じられる方は、煮物料理に使われるといいでしょう。

 製塩においては非加熱方針をとっていますので、ミネラルだけでなく、海の生きた酵素が含まれています。漬け物などの発酵食品に使うと、それら酵素が細菌など微生物を活性化し、発酵を促進して、とてもおいしくなるんだそうな。

 かなりしっとりしたお塩ですので、食卓塩のように使いやすくはないですが、指でつまんで料理にパラリとすると、超おいしくなりますよ!

天海の平釜塩

天海の平釜塩

 こちらはお値段的には、上記三点よりグレードがやや落ちますが、近所のスーパーにおいては一番高かったお塩です。

 高知県室戸沖の海洋深層水を、平釜炊きで製塩し、その後サラサラに焼きあげた焼き塩タイプになります。

 サラサラなので、食卓塩として使いやすいのがうれしい。

天海の平釜塩

 ミネラル量としては、上記三点の塩より少ないようですが、それでも通常の精製塩よりははるかに深い、まろやかなうまみを有しています。

 比較的、例の成分酔いもしにくいですので、それほど気兼ねなく使えます。

天然海塩、どう使うか?

 前述したとおり、天然海塩は食べすぎると「成分酔い」とでもいうべき気分の悪さを招いてしまいます(もちろんそのおかげで無制限な摂りすぎを防げる……といえるのかも知れません)。

 とってもおいしいことに間違いはありませんので料理に使いたいところですが、間違って多く入れすぎてしまうと具合の悪いことになってしまいます。

 いろいろ試して、自分にとって最適な使用量を見極めると良いでしょう。

 単純に健康効果を得たい、というだけなら、毎朝1グラム程度の塩を水に溶かし、飲むことをオススメします。

【writer : doku】