カフェロップ

 この第3類医薬品を、どれだけ長い間愛用し続けたでしょうか。

 第一三共ヘルスケア社製、眠気防止薬カフェロップ

 少々の眠気や疲れならあっさり吹き飛ばしてしまう、驚異的なカフェイン飴です。

カフェロップ初体験。恐るべき高揚感

 始めてカフェロップを服用したのは、中学生のころだったと思います。

 ドラッグストアで見つけ、なんとなく購入してみました。

 その夜、ヘッドホンで好きな音楽を聴きながら、カフェロップを舐め舐めしてみて……驚愕!!

 凄まじい覚醒感、コワいほどの高揚感、なんでも成せそうな万能感! 高笑いしながら、部屋の中で踊り狂ってしまいました。

 端から見ると明らかにヤバい人間であり、自身、ヤバい薬に手を出してしまったのかと思いました(あくまでカフェロップはカフェイン製剤です)

その後もしばしば愛用

 まあこういうものの常として、毎日のように使っていると効きが悪くなるので、連用することはなかったのですが、それでもここぞというときに舐めると、やはりくる、あのハイテンションが!

 というわけで、必要に応じてではありますが、しょっちゅうカフェロップを摂取する人間と化してしまいました。

 カフェロップ一箱に入っている飴の量は1回4粒×3回分で12粒。4粒ごとに包装されており、それが3つで、一日量12粒でのカフェイン量は500mgとのことであります。

 つまり1回分(4粒)におけるカフェイン量は約166mgです。

 不思議なことに、他のカフェイン剤(大抵は錠剤タイプ)で同じくらいのカフェインを摂ったとしても、カフェロップほど効かないのです。

 これがなぜなのかはよく分かりませんが、添加物として入っているカカオだの糖分だのが、カフェインと良い相乗効果を起こしているのかも知れません。

 ちなみに味も悪くありませんよ。かなり甘ったるくはありますが、普通のコーヒー飴の味であります。

【writer : doku】