エプソムソルト

 エプソムソルトを使って自家製マグネシウムオイルを作っていると以前記事にしましたが、このエプソムソルト、本当は入浴剤です。

 先日購入したエプソムソルトは量にして2.2kgもあります。マグネシウムオイルの材料としては多すぎるので、本来の用途としても使用してみることにしました。

Related

エプソムソルトの成分

エプソムソルト

 おさらいですが、エプソムソルトの成分は硫酸マグネシウムです。

 硫酸というとおっかなそうな感じですが、体が溶けてしまうようなことはもちろんありません。硫酸マグネシウムは普通に海水に含まれる、ナチュラルな成分です。赤ちゃんに使っても問題ないとのこと。

 これを溶かしたお湯につかることで、マグネシウムの経皮摂取を行うのです。

 同じくマグネシウムを摂取できる入浴剤として、いわゆるバスソルトという、塩の入浴剤がありますが、これは塩分故に風呂釜を傷めてしまう可能性があるそうです。

 そういう心配がないという点でも、安心して使えます。

さて入浴剤としての実力は?

 使用量は、浴槽のお湯150ℓに対し150~300g。

 自分の家の浴槽が何ℓなのかは正直よく分からないので(笑)、取りあえず300g使ってみることにしました。

 付属のスプーン6杯分です。

エプソムソルトのスプーン

 お湯の中に放り込み、さっそく浸かってみます。若干の溶け残りがありましたので、手で撹拌して溶かしてしまいます。

 推奨入浴時間は20分だそうです。私はのぼせやすいカラスの行水タイプなので、お湯はぬるめにしておきました。

 それでも浸かってると、

「おおっ!?」

 とびっくりするくらい、汗がいっぱい出てきます。体は芯まであたたまって、新陳代謝が活発になり、いかにも体のなかの悪いモノが出ているって感じになります。

 風呂からあがると、フラフラ、グッタリ。グッタリといってもイヤな感じではなく、非常にリラックスした心地よい疲労感に包まれています。

 その後間もなく就寝しましたが、とてもよく眠れました。

まとめ

 その他の効果の実感として、やはり美肌があります。

 お肌、風呂上がりは綺麗なピンク色、それ以外の時はなめらかな綺麗な白色になり、手荒れも改善されました。

 ミネラルが補充されたことによる充足感、それにもとづく空腹感の減少も感じられました。

 デメリットがあるとすれば、前述の通り風呂上がりはかなりグッタリしてしまうので、風呂上がり後もなにかクリエイティブな活動がしたい! という場合には向かないということ。

 また、若干ですが体が乾いた後、皮膚が粉っぽくなるような感じがするようなしないような……。

 そういうのが気になるようなら、風呂から出る前に軽くシャワーを浴びると良いでしょう。

 ちなみに、毎日このエプソムソルト風呂に入るとくたびれてしまうこともあるようなので、そういう場合は週に2~3回くらいの使用に抑えると良いでしょう。

ads

【writer : doku】