タカヂア

 毎日ではないですが、時折飲んでいる消化酵素があります。

 第一三共ヘルスケア社製、新タカヂア錠です。

超歴史ある消化酵素剤

 新タカヂア錠の主成分は「タカヂアスターゼN1」という消化酵素で、麹菌から抽出されたジアスターゼ(アミラーゼ)です。

 その歴史は古く、三共製薬の事実上の創業者である高峰譲吉氏が発見し明治27年(!)に特許を申請したことに始まります。

 かの夏目漱石の名著、「吾輩は猫である」にも、タカヂアスターゼを服用する人物が登場します。小説にも取り上げられるほど、当時からメジャーな製品だったようです。

納得のその効果

 100年以上前から多くの人に愛好されているのですから、その効果はいうまでもなく確かです。

 食べ過ぎてお腹がもたれたとき、ちょっくら飲んでみましょう。まもなく楽になるはずです。

 また、ちょっと裏技的な使用法になりますが、例えば今夜は飲み会だのパーティだのがあるけれど、どうにも食欲が優れず、このままじゃ満喫できそうにないぞ、というようなとき。

 この新タカヂア錠を飲むと、1時間後くらい後には、お腹が空いて空いて、ご飯が食べたくてしょうがなくなっているでしょう。

 逆にいうと、ダイエット中の人は使用しない方が良いです(笑)。

胃腸元気な日々のために

 無駄な消化疲労をふせぐことが、活発でクリエイティブな毎日のコツです。

 こういった消化剤を、賢く利用しましょう。

【writer : doku】