じゃがいも

 前に「おにぎりはレジスタントスターチ豊富だから意外と体にいいかもよ」というお話をしました。

 そのときレジスタントスターチについて、改めていろいろ調べたのですが、レジスタントスターチを摂るというだけなら、もっとお手軽な方法がある模様。

お手軽にレジスタントスターチを摂るには

 錠剤サプリを飲んでそれでOK……とは残念ながらいきませんが、とある粉末状のものを水に溶かして飲むことでレジスタントスターチを得られるようなのです。

 その粉末状のモノとは……ポテトスターチ! 要はコーンスターチのジャガイモ版で、ジャガイモから得られた粉末デンプンです。

 特に上記のものであれば、非加熱製法で製造しているとのことで、85%近いレジスタントスターチ含有率を誇るそうです。

簡単に買えるジャガイモデンプンといえば?

 とはいえ上のポテトスターチ、日本では売られておらず、iHerb等の海外通販(個人輸入)によって手に入れるしかありません。

 まあ最近なら海外通販でも注文して一週間もかからず自宅に届きますので、頼んでみてもいいかな、と思いましたが、ふと思いつきました。

「ジャガイモの……デンプン粉? 片栗粉のことじゃないか!?」

 実際には片栗粉は製造の過程で加熱処理を行うので、レジスタントスターチ含有量という点で上記のポテトスターチには劣るようです。

 とはいえ近所のスーパーで簡単に買えるので、まずはお試しとして片栗粉を飲んでみようかと考えました。

片栗粉水を飲んでみる

 さっそくスーパーに行き、片栗粉コーナーの中で比較的お値段が高く、よさげなものを買ってみました。

 帰って約10gを、水に溶かしてみました。

 軽くスプーンで混ぜるとあっさり溶けました。片栗粉といえばとろみ付けですので、どろどろ水になるかと思いましたが、加熱してないので大丈夫のようです。単なる白濁した水です。

 飲んでみます。うまくはないですが、マズくもないです。サプリと思えば、飲めないということはありません。

 即座の体感はありません。取りあえずは様子見です。

その日の夕方

 さて数時間後、ふとお通じがまいりました。

 その感覚が来たときは「おや?」と思いました。その日は朝しっかり出していたので、もうこれ以上出ることはないだろうな、と感じていたからです。

 トイレに行くと、やや軟便気味ながら、色、量とも良い感じの便が出ました。

 非常にスッキリした感覚です。お腹がへっこんだような気がします。

 こういう状態でお腹が引っ込むのは……それは内蔵の炎症が低減している場合、または腸内環境が良くなって、無駄なガスが少なくなっている場合です。

 そして体の中を涼やかな風が通るような感覚。これも私にとってもグッドサインです。

 こいつは良い感じかな、と思いました。

その後

 続いては、プロテインに溶かして飲んでみました。

 プロテインシェイカーでしっかり混ぜて飲む限りでは……違和感一切なし。

 片栗粉を入れたことで、おいしくもなりませんが、マズくもなりません。

 次の日の朝も、凄く良い感じのお通じがどっさりと来ました。

 現状の感触としては、難消化デキストリン、イヌリンより良い感じを覚えています。

 サプリとして売られている難デキ、イヌリンよりスーパーの片栗粉のほうが効くってのもなんか理不尽な気もしますが、だからこの(サプリだの健康食だのの)世界はおもしろいって感じもします。

 体内のすっきり感は増しています。

 おさらいですが、レジスタントスターチを体内で分解する細菌類は、その過程で酪酸を代謝します。

 酪酸は腸を、脳を元気にします。実際、おなかも、脳も、ウキウキ、元気になってる気がします。

 とても良さそうなので、しばらく続けてみるつもりです。

 いまあるのがなくなったら、海外通販のポテトスターチも買ってみようかな。

 上記の「感動の未粉つぶ片栗粉」は低温製法とのことですので、「Bob’s Red Millポテトスターチ」に近い製品かも知れません。

注意点

 片栗粉にせよポテトスターチにせよ、摂りすぎには注意しましょう。

 慣れないうちの摂りすぎは、腸内ガスの発生を招いてしまう可能性があるとのこと。

 実際私も、先日調子に乗って大さじ2杯くらい飲んでみたら、お腹がパンパンに膨満しえらく苦しい思いをしました。

 最初の内は、毎日小さじ半分~1杯程度から始めると良いようです。

 胃腸とレジスタントスターチの相性が良ければすばらしい利益を得られるでしょうが、それでも飲み過ぎは禁物。適切な量を摂取しましょう。

【writer : doku】