チョコラAD

 ちょっと思いつきでビタミンAのサプリを飲んでみたらなんかいい気分になれたので、この栄養素についてちょっと再注目している。

ビタミンA、その効能

 ビタミンAというごくありふれた、基本的な栄養素のひとつについてあらためておさらいしていこう。

 ビタミンAは脂溶性ビタミンのひとつだ。主に動物性食品に含まれるが、野菜類に含まれるβカロテンなども体内で同様に作用するので、ビタミンAとして扱われる。

 ビタミンAが効果を発揮するのは主に皮膚や粘膜。

 お肌をきれいにしたり、喉や鼻などの粘膜を健全に保ったり、目の健康をまもったりなどたくさんの働きをしてくれる。

 そんな大事なビタミンAだが、近代の健康法においてそれほど重要視されないのは、体内に蓄積できる脂溶性ビタミンゆえ不足しにくく、むしろ過剰摂取のほうが心配されているからだ。

(むかし、食糧事情の悪かった頃はビタミンAの不足が「とり目」の原因になっていたそうだが、現代ではほぼその心配はないようだ)

 私もその認識だったので、ビタミンAをそんなに積極的に摂取しようとは考えてはおらず、むしろ控えめにするよう心がけていたのだが、それゆえ逆に不足してしまった、という可能性もある。

 思えば喉や鼻、胃腸などの粘膜が不安定になりがちだったわたくし。

 ひとつビタミンAという栄養の摂取について見直してみることにした。

チョコラAD

 というわけでいま飲んでいるのはチョコラBBで有名なチョコラシリーズのビタミンA&Dバージョン、チョコラADである。

 1カプセルでビタミンAを4000IU、ビタミンDを200IU摂取できる。

 食品からも摂取することを考えると、ちょっと多いかも知れないので、2~3日に1回程度のペースで飲んでいる。

 そのうちにiHerbで海外もののビタミンAも試してみる予定。

【writer : doku】