Is it allergic? これはアレルギーですか?

 いきなりタイトルに反するようですが、これからする話は、実際にはアレルギーの話ではないのかも知れません。

 そう思わせながら、やっぱりアレルギーの話なのかも知れません。

 ともあれ、これはなにかを食べたらクシャミや鼻水が止まらなくなるとか、皮膚にブツブツが出るとか、そういうお話ではないということはご了承ください。

苦手な食べ物は2種類に分かれる

 苦手な食べ物って、あるんですよね。

 みなさんにもあるでしょう。誰にもあるでしょう。

 私も、あります。ただ、私にとって苦手な食べ物は、二種類に分かれます。

  • 単純に、味覚的においしいとは思えないもの。
  • そいつを食べると、なぜか体調が悪くなってしまうもの。

 今回は、後者に当たるもののお話です。

おいしいのに、おいしくてたまらないのに

 それは、いつ頃のからだったのでしょうか……。

 たぶん、十代前半の頃。それよりもっと以前…小学生以下の幼い頃は、大丈夫だったように記憶しています。

 タラコスパゲッティ…食べたんです。

 シンプルなタラコスパゲッティ。スパゲッティに、市販のタラコとバターによるパスタソースをからめ、上に海苔を散らせた、アレです。

 食べてる最中は、超幸せ。

 タラコの塩気やうまみ、バターのコク、それらをしみこませたパスタや海苔。すべてが相性抜群に融合し合い、恍惚とするような美味しさを生み出しています。

 食べ終わって、満腹。まだ幸せです。

 しかし二時間くらいたった頃でしょうか。

 チクリ…

 胃に違和感を感じます。

 チクチク、チクチク…

 なんだかよくわかりませんが、おなかが痛くなり始めます。

 立ってられないくらいです。唸りながらおなかを抱え、ベッドで胎児のように丸くなります。

 脂汗をかきながら痛みに耐えます。いつの間にか眠りに落ちるまで、苦痛は続きます。

いつだってそいつを食べると同じになる

 最初は、タラコスパゲッティが問題だとは思わなかったのです。

 だってあんなにおいしいものが、カラダに害がある訳ないじゃないですか。

 ですがそののちも、タラコスパゲッティを食べるたびに、決まって同じ症状になります。

 そのうち、タラコスパゲッティだけではない、他にも明太子などを食べたときにも、やはり同様の苦痛に襲われることに気づきました。

 次第に認めざるを得なくなります。タラコや明太子の類いが、自分のおなかを痛くしているのだと。

そうなっちゃうのは私だけ

 あれは、なんだったのでしょう?

 私が食べたタラコ、明太子が、品質が悪くて痛んでたのでしょうか。

 それは、多分ない。同じものを一緒に食べた家族は、まったく平気だったからです。具合が悪くなったのは私だけです。

 家族だけではない、世の中の多くの人々が、タラコや明太子を日々楽しんでいます。

 私が知る限り、タラコを食べてそうなるのは私だけです。

 これはなんなのでしょう?

 アレルギー…なのでしょうか?

 それとも別の何かなのでしょうか。

検証するにはリスクが大きい

 ほかにも、なぜか食べるとおかしくなっちゃうものってあるんですよ。

 大多数の人々は普通に摂ってる。

 一般的にはむしろ体にいいとされる。

 でも私のカラダにはひどい苦痛をもたらす、という。

 この現象の正体は何なのか。検証したい気持ちもあるのです。

 みずからの肉体を使って人体実験し、さまざまなサプリ、健康法を試す、というのは、私の趣味とするところです。

 しかし、残念ながら、ちょっと無理。

 いくらなんでも苦痛が大きすぎます。食後、半日~一日くらい、体が使い物にならなくなります。

避けるが吉

 で、どうするかというと、タイトル回収です(笑)。

 苦手なものは素直にそうと認め、食べるのはよすのです。

 なんにせよ、なんらかの苦痛がもたらされるというのは、つまるところ体がそれを拒絶しているということです。

 上の方では、苦手な食べ物は「単純に、味覚的においしいとは思えないもの」「そいつを食べると、なぜか体調が悪くなってしまうもの」の二種類に分かれると書きましたが、前者の「味覚的においしいと思えない」ものにしても、体が拒絶しているからおいしく感じない、という可能性は十分にあります。

 好き嫌いはダメ、とはむかしからいわれることですが、昨今では「意外と好き嫌いは馬鹿にできない」「体からの貴重なサインだ」という意見もあります。

 仮にどれだけ滋養や効能があるとしても、体は拒絶しているのですから、それら良き成分も、きちんと吸収され有益に利用される可能性は、多分低い。

 消化器をはじめとした、肉体の負担になるだけなのです。

 悲しくは、あるのです。

 おいしい、おいしい、あのタラコスパゲッティが食べられないことが。

 でもしかたないのです。たしかにタラコスパゲッティはおいしいが、食後のあの苦痛とはつりあわない。

 いつの日か、天命を迎える夜、最後の晩餐として食べるその日まで、タラコスパゲッティとはお別れなのです。

(PS.繰り返しますが、あくまで私の体に合わないというだけで、タラコや明太子の愛好家、生産者、販売業者の方々にアヤをつける意図はございません。悪しからず)

【writer : doku】