カンジダ対策ハーブミックス【iHerb・海外サプリ】

 iHerbでまたまた、日本では見かけない珍しいサプリを買ってみました。

 腸内のカビ―――カンジダを駆除するというサプリであります。

体にカビが増えちゃう原因とその症状

 カンジダはカビ(真菌)の一種で、大抵の人の体内にはある程度の量、最初から存在するものです。

 しかしながら量が増えすぎると、次第に体に悪さをするようになります。

 量が増える原因としてはいくつかありますが、やはり第一には食生活。

 糖分など、カビの好物となる甘いものを多く摂取していると、体内の真菌が増えることに繋がります。

 またなにかの病気で抗生物質を多用した場合も、真菌増殖のきっかけとなります。

 抗生物質は細菌を殺菌しますが、真菌は殺せません。

 通常、腸内細菌などの細菌類が真菌の増殖を抑えているものですが、細菌がいなくなってしまうとカンジダ等真菌の天下となってしまって、体の中がカビだらけとなってしまうのです。

 他には日常生活を送っている場所が湿気が多く、カビの多い環境であった場合も体内で真菌が増えます。その胞子を日常的に吸い込むことになるからです。

 また普段飲んでいるお薬やサプリの成分が真菌の餌となる場合もあるといわれています。

 さてそんなこんなで、体内でカンジダをはじめとした真菌が増えすぎてしまうとどうなるか。

  • 便秘や下痢、腹部膨満
  • 皮膚の炎症
  • 頭痛や関節痛
  • 集中力や知力の低下
  • 抑うつ感などメンタルの不調

 などの症状が出てきます。

 カンジダ症というと女性特有の症状のように思われていますが、上記した症状であれば老若男女誰にでも起こり得ます。

カンジダ対策にはまず生活の見直しから

 では体内からカンジダ等の真菌を駆除するにはどうすればいいでしょうか。

 症状が重いものであれば、お医者さんにかかり抗真菌薬という真菌を殺菌するお薬を飲むこととなりますが、それ以外では?

 まず第一には、前述したカビが増える原因を日常生活から取り除くよう工夫をすべきでしょう。

  • 甘いものは控える
  • 部屋や浴室の掃除をよくする
  • 薬や抗生物質は(もちろん医師との相談の上)減らす方針を取る

 などです。

 そのうえで、ハーブの力を利用してみる手もあります。

 オレガノオイル、オリーブの葉、ブラックウォールナット(の殻)といった抗真菌作用のあるハーブです。

 今回購入したサプリは、それらハーブを利用したものとなります。

iHerbから購入したカンジダサポートサプリ

 買ってみたのは2種類。「Crystal Star カンジダ菌解毒」と「Solaray オレガノオイル」であります。

Crystal Star カンジダ菌解毒サプリ

カンジダ対策ハーブミックス【iHerb・海外サプリ】

 Crystal Starのカンジダ菌解毒サプリの主な抗真菌成分は、

  • オリーブの葉エキス
  • ブラックウォールナットの殻

 であります。

 他にも様々な効能があるハーブ、副腎をサポートするシベリア人参、免疫反応をサポートする成分なども含まれている模様。

カンジダ対策ハーブミックス【iHerb・海外サプリ】

 上がカプセルの写真。様々なハーブのミックスなので、ちょっと色合いは不気味ですがそれだけに効果はありそう。

Crystal Star, カンジダ菌解毒, 60粒(ベジタリアンカプセル)

Solaray オレガノオイルサプリ

カンジダ対策オレガノオイル【iHerb・海外サプリ】

 もうひとつはSolarayのオレガノオイル。こちらはオレガノオイル単体のサプリとなります。

 カプセルはソフトジェルタイプ。若干緑色がかった美しい金色で、アメリカサプリにしては小さめです。

カンジダ対策オレガノオイル【iHerb・海外サプリ】

 1カプセルに付きエキストラヴァージンオリーブオイルに抽出されたオレガノエキスが150mg入っています。1日1カプセルを食事とともに。

 飲んでしばらくすると、オレガノらしいハッカの風味が喉の奥から漂ってきます。

Solaray, オレガノオイル、150 mg、ソフトジェル 60 錠

カンジダ対策サプリの注意点。「ダイオフ」に気をつけて

 ところでカンジダ等の真菌は死んだあと、その内部に溜め込んだ毒素や有害物質を外へと排出するといわれています。

 ですのでこの手のサプリを飲んでしばらくすると、その排出された毒素により逆にひどい体調不良に見舞われる場合もあります。いわゆる「ダイオフ」です。

 サプリが効いている証といえばそうなのですが、あまり症状がひどいようだとそれはそれで危険なので、そのときはサプリの使用を中断し、できれば専門のクリニックに相談しましょう。

 ダイオフの症状がひどいということは、もともと体内のカンジダ症が重いものだった可能性もあります。やはり医者にかかるべきでしょう。

(もちろん、ダイオフ関係なくサプリが自分にあってない場合もあります)

 体内のカビやカンジダに対してもっと詳しく学びたいという方は、下記の書籍、内山葉子氏著「おなかのカビが病気の原因だった」を読まれるといいでしょう。

【writer : doku】