リチャード・フィリップス・ファインマンなる高名な人物がいます。

 1918年生、1988年没のアメリカ人物理学者です。

 その名声の理由は、なんといっても1965年に本業である物理学でノーベル賞を取ったことにありましょう。

 けれども、物理学なんて難しいことはさっぱり分からぬ我々のようなの人々にもその名が親しまれている理由は、彼のユーモラスな逸話集にあります。

 その代表というべき本が、大人気を博し大いに売れたという「ご冗談でしょう、ファインマンさん」

 ファインマン先生の友人が、長年録音した会話を編集し、自伝風にまとめた本ですが、実に楽しい。

ファインマン先生、活躍録

 幼少の頃、ラジオの修理屋として大活躍した話。

 世間知らずな学生時代の話。

 若手学者だった頃、アインシュタインをはじめとした多くの大御所のまえで講義することになり、大いに緊張した話。

 ドラムの趣味が高じてプロの演奏家の代役になるまでに至った話。

 大人になるまでまるで絵の描けない人間だったのに、そのうちに個展を開き、絵の注文が来るほどにまでなった話。

 まさに万能の天才、うらやましい! なんて感じたりもしますが、同時に「偉業を成し遂げたければひとつのことに集中しべし」なんて言葉も残してたりする。

 科学研究に関して「もしそれが世のために実質的な利益がなにもないとしたら、それは素直に認めるのが誠実だ」とも言っていて、それが妙に心に残っていたりします。

(科学の世界では、例えば天文学など、実際の社会になにか利益をもたらすわけではない、いってみれば「宇宙の真理のひとつを解き明かす」ほかに意味などない……という研究も多くあります。

 それらを予算やスポンサー獲得目的などの理由で、世の中の役に立つかのように偽りのアピールする風潮もまたあるらしいのですが、それは違うだろう、とファインマン先生はいっているわけです)

酒豪であったファインマン先生

 さてそんなファインマン先生。

 学問や研究に励み、教育者としても活躍しながらも、人生はしっかり楽しむ…そんなお方ですので、若い頃は酒場で仲間たちと大いに遊んだそうです。

 もちろん、お酒もがっつり嗜む、そういう生活。

 しかし後年においてファインマン先生は、お酒の類いは一切口にしない、完全なノンアルコール人になっております。

 かのノーベル賞受賞関係のパーティにおいてすら、わずかのお酒も飲まなかったそうです。

 そのきっかけは、どこにあったのでしょうか。

ファインマン先生が酒をやめた経緯

 本当、なんでもない、ある日のことだったようです。

 昼下がり、ファインマン先生、街を散歩しておられました。

 行く先に、行きつけのバーが見えてまいります。

 もちろんただの散歩ですので、そのお店が目的ではございません。

 普通に通り過ぎ……ようとしたファインマン先生ですが、そのとき心の奥から、猛烈なお酒への渇望感が湧き上がってまいりました。

「何はおいても今一杯やりたい。僕が今どうしても欲しいものはこれだ!」

 早速バーに入っていこうとするファインマン先生ですが、すぐ我に返ります。

 バーに入ったところで、今は真っ昼間です。

 飲み友達も遊び仲間もいるはずはありません。

 ひとりで飲んだって楽しいはずもない。

 にもかかわらず、自分でも異常に感じるほど酒が飲みたくなった。

 それはなぜか? なぜなのか?

 …アルコールという、ヤバい薬物の依存症に自分がなりかけていることを、ファインマン先生は一瞬にして悟りました。

 それ以来、ファインマン先生は人生において一滴の酒も飲まなくなったそうです。

悪いものはきっぱりやめる

 とてもシンプルなお話であり、シンプルな決断です。

 ですがこれこそ「理性的な考え方」というものではないでしょうか。

 我々も、酒なんてやめた方がいいとわかっていながら、心の中で様々な理論展開をして酒瓶に手を伸ばします。

  • ストレスの解消になる(神経が麻痺するだけ)
  • 少量ならむしろ体にいい(その理論は最近では怪しいといわれているし、そもそも一度飲み出せばどうせ少量ではすまない)
  • いますぐやめたら調子を崩す。仕事のスケジュールが落ち着いてからにしよう(落ち着いたからってやめやしない。いますぐやめたほうがむしろ調子は良くなる)

 そんないいわけを自分に対して行い、心のどこかでは合理的な選択をしたような気持ちになって、酒をあおります。

 まさに愚かです。

 ファインマン先生はこんな言葉も残しています。

 僕は考えるということが愉快でたまらないという人間である。だからこんなにまで人生を楽しませてくれるすばらしい機械である僕の脳を、こわしてしまいたくないのだ。

 これもまたシンプルゆえ理性的な考え方です。

 自分にとって何が大切なのかがはっきりしているので、その害なるものはさっさと切り捨てることができるのです。

 我々も、ファインマン先生のような正しい考え方を持って、真に合理的に、効率的に生きていきたいものです。

 なぁんて考えながらも、夜になると冷蔵庫の缶ビールに手が伸びてしまうんでしょうがねぇ…(涙)。

【writer : doku】