杜仲の葉

 杜仲茶を飲むとお腹がすっきりします。

 実際に、お腹がへっこむ気もします。

 もちろん即座に脂肪が燃焼して消えるわけはありません。内臓の炎症や余計な腸内ガスが軽減しているのでしょうが、悪くはないことです。

杜仲茶の成分と効能

 杜仲茶は、杜仲という木の葉っぱを原料としたお茶です。

 緑茶、紅茶、烏龍茶などはどれもチャノキの葉を原料としていますが、杜仲茶はそもそも元となる植物からして違うわけです。

 ですから正確には「ハーブティ」の一種といえます。

 そんな杜仲茶のメイン成分といえば、なんといってもゲニポシド酸

 この成分が、飲む人のコレステロール値を減少させ、肥満を防止するといわれています。

 また他には、血管を柔軟にし、また広げ、血圧を下げる働きもあります。

 インスリンの働きを助け、血糖値の上昇を穏やかに調整してくれます。

 また利尿作用が高く、その結果として肝臓や腎臓が活発になるとされています。

 肝臓に対する他の作用としては、胆汁酸の分泌を促進し、脂質の処理を効率化して、体脂肪を減らすといわれています。

 中国漢方の世界において、不老長寿の秘薬のひとつとされただけはあります。様々な方面に対し万能の効能を持つ―――それが杜仲なのです。

オススメの杜仲茶

 さて杜仲茶ですが、日本においても通販、ドラッグストアなどでいろいろなものが売られています。

 まず第1のオススメは、オリヒロの杜仲茶。比較的安価な品ですが、かつて試したとき、かなりの効果を体感できました。

 お腹すっきり、ペッタンコになり、体重も何キロか減少しました。

 ゲニポシド酸をガッツリ摂りたいという方には、お馴染み小林製薬の「濃い杜仲茶」もオススメ。

 ゲニポシド酸が約8倍入っているとのこと。スゴい。

 高品質な杜仲茶が飲みたい方は、リーズナブルなお値段で本格中国茶が楽しめる「久順銘茶」の杜仲茶がいいかもしれません。

 細かく刻まれていない、ゴッツく黒い茶葉よりじっくり抽出した杜仲茶は、なかなか味わい深いものがあります。

 飲めば数時間後には心身をすっきりした感じにしてくれる杜仲茶。日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

【writer : emu】