華舞の食べる1兆個の乳酸菌

 死菌系の乳酸菌サプリで人気の商品をちょっと試してみることにしました。

 
 今回は国産のサプリ。「華舞の食べる1兆個の乳酸菌」です。

死菌系サプリとは

 むかしから、プロバイオティクスすなわち体に有益な乳酸菌等を摂取する場合は、生きた菌でなければ意味がないといわれてきました。

 生きた菌でなければ、腸内で働いてくれるはずもありませんから、そりゃあそうだと思われてきました。

 だから「胃酸に負けない強い菌」というのが世の中から求められ、逆にいうと胃酸で死んじゃう菌には意味がないとされてきました。

 しかしながらそのうちに、死んだ菌も、腸内の善玉菌の餌となるので無益というわけではないという話が出てきました。

 つまり食物繊維など―――いわゆるプレバイオティクスと同じような働きをするというわけです。

 その理屈もまたごもっとも。よって死んだ菌は生きた菌には劣るものの、それでも有益性はあるので、発酵食品や乳酸菌サプリを摂ることはいいことだ、という考えが一般的となりました。

 そうこうしていると今度は「むしろ生きてる菌より死菌サプリの方がよい」という説も出てきました。

 その理屈はなかなかに難しいですが、あえて単純化して言うと、

  1. 乳酸菌が体内に入ると、体内の免疫機能のスイッチが入り、胃腸や体の状態が良い方向へ向かう。
  2. そのときに必要とされる菌は、実は生菌だろうと死菌だろうとどちらでもいい
  3. ただ菌の数は多い方がいいので、加工しやすく菌数の多い死菌サプリの方が効果的。

 ということなのだそうな。

 まあそういうことなら、ものは試しでちょっとやってみようかと思いました。

華舞の食べる1兆個の乳酸菌

華舞の食べる1兆個の乳酸菌

 さて「華舞の食べる1兆個の乳酸菌」、その名の通り、スティック内の顆粒に一兆個の乳酸菌が含まれています。

 菌の名前は「高機能乳酸菌エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株」。一兆個というのをヨーグルトで換算すると、約1リットルになるとのこと。

 1リットルもヨーグルトを食ってはおられませんので、このサプリで手軽に摂取するのが賢い方法といえるでしょう。

 1日の推奨摂取量は、1本。生菌サプリなら、死ににくいよう胃酸が薄まる食後などが良い、ともいいますが、死菌サプリなので気にすることもないと思います。

 味はあっさりしたヨーグルト味でなかなかおいしい。

 お通じに関しては、もともと特に問題がなかったこともあり、変化なし。快調なままであります。

 死菌サプリには免疫力の向上やアレルギーの抑制など、様々な効果があるようなので、その辺を期待して、しばらく続けてみようかと思います。

【writer : doku】