オレガノ

 私が大いに影響を受けた健康本に「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」があります。

 ダイエットバターコーヒーの提唱者として有名なデイブ・アスプリー氏が、みずからを人体実験台にして研究した各種健康法を記したものですが、その教えのひとつに、

「調味料を捨てよ」

 というのがあります。

「低品質の調味料は、心身のコンディションに大いな悪影響を与える。変な調味料は使うな。塩だけでいい、塩だけで」

 というような内容です。

 一方、いくつかの調味料に関しては人体に有益とし、その中でも氏が特に褒めているのが「オレガノ」です。

オレガノの素晴らしき効能

 イタリア料理やスペイン料理にかかせないハーブ、オレガノ。

 ミントの仲間であり、和名はハナハッカ(花薄荷)とも呼ばれます。

 トマト料理に実に合うこのハーブは、抗酸化物質とポリフェノールが豊富で、腸内細菌を助ける一方、抗菌作用もあります。

 悪い菌を駆除しつつ、体に有益な良い菌を育ててくれるのです。

 また消化を促進させる効果。心身の疲労を回復させる効果。神経を落ち着かせる鎮静効果。神経系の頭痛、筋肉痛、生理痛などを緩和する効果。せきを鎮める効果。強壮作用など、さまざまな効能があるといわれています。

なんにでもかけよう、オレガノ

 さて、上記の「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読んだわたくし。本の中でも褒められていたこともあり、さっそく試してみたくなって、近くの業務用品店で購入してみました。

 買ったのは調味料メーカーとしてお馴染み、GABAN製のオレガノです。

 これまで使ったことのなかったハーブですが、できあがった料理に適当に振りかければいいようなので、難しいことはなさそうです。

 買って帰って…最初はミートソーススパゲッティ(だったと思う)に振って食べてみました。

 パクリ、モグモグ……美味です!

「おお、おいしい。こりゃあたまげた! いままで知らなかったなんて損したなぁ!」

 とゴキゲンな気持ちになった直後…驚嘆するようなグッドサインが訪れました。

 グッドサイン―――すなわち体に有益なものを摂ったとき、即座に身心に訪れる反応のことです。

 猛烈な心地よさが、お腹の奥から沸いてきます。腸内で、有益細菌たちのお祭り騒ぎが起こっているかのような感覚です。実際に、腸に対するくすぐったさのようものさえ覚えます。気分は晴れ渡り、すばらしく高揚します。

  • 人間の体にとって有益で、
  • 自分の体とも相性の良く、
  • 自分の体が必要としている、
  • 食べ慣れないものを食べたとき。

 まれに、このような状態になります(その食材を食べ慣れてしまったら、残念ながらこの感覚は消えてしまうのですが)。

 ともあれそのグッドサインは、本能に刻まれるレベルで大きなものでしたので、すっかりオレガノ、気に入ってしまいました。

 意外となににかけてもおいしいのです。多少脂っこいところのある料理なら、なんでも合うのではないでしょうか。パスタ、焼肉、チャーハン、唐揚げ、サラダ。インスタントラーメンに入れても、悪くはありませんでした。

 特にすばらしく合ったのが、牛丼―――特に松屋の牛丼です。すごく味が良くなるのです。いまでは、オレガノなしに牛丼を食べるのはもったいない! と感じるようになり、オレガノを小瓶に入れて持ち歩く人間になってしまいました。

オレガノを摂る際の注意点

 それほど薬効の強いハーブではありませんので、そんなに副作用を気にする必要はないかと思われます。

 ただ注意点として。これは乾燥した調味料全般にいえることですが、あんまり湯気ほかほかの料理の上に容器ごと持ってきて振りかける、というのはやめた方がいいようです。

 湿気がハーブにかかって、目に見えないカビが生えてしまうかも知れないからです。

 せっかくのハーブの健康効果も、カビの毒が発生してしまっては台なし。一転して有害な食材へと変わってしまいます。

 実際、多くの人々が無意識に使っている卓上調味料も、湿気のせいでカビて有毒になってしまっていることが多いそうです。

 そうなってしまったら、もう元には戻りませんので、捨てるしかなくなります。

 湯気を立てる料理に使うときは、手間でもスプーンや小皿などに取ってから振りかけると良いでしょう。

 また、当然ながら摂りすぎは注意です。

 この手の調味料って、大容量タイプを買った方がはるかにお得なのですが、大量にあると調子に乗って使いすぎてしまいがち。

 調味料はサプリ同様、高濃度の栄養素なので、あまりに大量に摂ると逆に体に負担となってしまいます。

 自分の体にとって心地の良い、適切な量を見極め、そこからはみ出さないように使いましょう。

花言葉

 ちなみにオレガノの名の由来は、ギリシャ語における「山の喜び」。花言葉は「輝き、財産」。古くから、幸福のシンボルとされてきました。

 そういう逸話を思い浮かべながら食べると……ご利益がありそうというか、より効能が強まりそうな気がするぞ~。

 というわけで、きょうもいろんなものにオレガノをフリフリするわたくしでございます。 

【writer : doku】