先日、出先で外食せざるを得ない日がありました。

 なにが入っているやら分からぬ、おかしげなものは喰いたくないしかしあまり金もない、という状況でしたので、松屋で牛めしでも食おうということになりました。

 松屋の牛めし、結構好きなんですよね。やはり無添加が嬉しい。ほかで化学調味料たっぷりの食事を摂ったりすると、舌がびりびりした後、神経系統が微妙に狂い始め、情緒不安定になることがありますが、松屋はそれがないだけありがたい。

 また松屋の牛めしには、ハーブのオレガノが結構合うんです。もともと腸内環境に良いと聞いてはじめたオレガノですが、肉類にかけると極めておいしい。外食するようなときは、小瓶に摘めたものを鞄に入れて、持ち歩いています。

ひさびさの牛めしに舌鼓を打ってみたが

 というわけで、松屋に行きました。

 牛めしの…特盛りはさすがにアレなので(1318kcal!)、大盛り(959kcal)で済ますことにしましょう。

 サラダなどはあえて注文せず。松屋はカウンターに置かれた調味料等も無添加ということですが、ドレッシングに関しては使用されている油の質が心配です。もちろんなにもかけずに喰ってもいいんですが、値段の割りにたいした量もないサラダを、そこまでして食べたい気分でもなかったのでやめておきました。

 さほど混んでもいなかったので、注文後三分と待たず牛めしが届きます。蓋を開け、カウンターの紅ショウガを適量放り込み、持参したオレガノを振りかけます。軽く混ぜ、一口頂きます。

 おいしい! しかもあたりだ!

 むかしはしょっちゅう松屋で牛めしを食べていました。そういうひとなら分かると思いますが、同じ牛めしでも案外個体差があります

 肉がやわらかかったり、硬かったり。脂身が多かったり、少なかったり。つゆが濃かったり薄かったり。またよそってくれる店員さん次第で、汁が多かったり少なかったり絶妙だったり。

 きょうの牛めしは肉柔らかめ、脂身やや多め、つゆはやや濃いめで量は絶妙。あたりの部類に入ります。

 幸せな気分でカッカと食べてしまい、満足した気分で店を後にしました。

腹一杯食べたはずなのに…

 しかし満足感は続きませんでした。店を出て、駐車場の自分の車に乗り込み、さあ出発するかと思った瞬間、

 ……足りない。

 そう感じました。

 足りない? 足りないなんてことはないだろう。松屋の牛めし大盛りの栄養素内訳は、

  • カロリー/959kcal
  • たんぱく質/23.4g
  • 脂質/28.9g
  • 炭水化物/140.7g
  • ナトリウム/1678mg
  • 食塩相当量/4.3g

 てな感じで、確かにタンパク質がさほど多くないですが、それでも1000kcal近く食べているのです。いわゆる三大栄養素もきちんと全部そろっています。これを喰ってなお腹が減るとなると、どうにもならない。

 しかし不足感は確かに存在します。消える様子がありません。いまからまた店に引き返して、牛めしのおかわりを注文したいところです。

野菜の微量栄養素であろうと空腹感の原因になる。

 まあそのときは、なぜこんなに飢えを感じるのか、その理由が想像できましたので、とち狂った行動は取らずにすみました。

 まずは持ち歩いているビタミン剤を飲みました。すると多少不足感が収まりました。

 出先での用事を手早くすませ、さっさと家に帰りました。帰宅すると、ブロッコリーを中心にした冷凍野菜を鍋でゆで、軽く塩を振って食べました。デザートにブルーベリーも食べました。

 すると、あの異質な空腹感は完全に消えてしまいました

マイナー栄養素の不足が過食を招く。

 つまるところ、私の身体は野菜を欲していたのです。ちゃんとカロリーを摂っても、ちゃんと三大栄養素を摂っても、野菜が足りないからお腹を空かせていたのです。

 ビタミン、ミネラル等の微量栄養素が健康のために必須であることはわきまえていましたが、これらの一時的な不足がここまで空腹感を招くものだとは思いませんでした。

 また単なるビタミン剤では不足感を補いきらなかった点にも注目でした。マルチビタミンに含まれているような「メジャー」な微量栄養素だけじゃ、ダメだということです。おそらく食物繊維も重要な要素でしょう。

 世の中の、どうしても過食がとめられないという人々は、実際には栄養不足なのだ…という説を聞いたことがありましたが、頷けることでした。

 足りないのは微量栄養素でも、脳から送られてくるのはあくまで食欲という形のサイン。目の前に肉だのご飯だのが存在すれば、そいつらを喰らいたくなります。

 しかし、食べても食べても満たされることはないのです。飯や肉では、必要なものを補充できないのだから。結局お腹がパンパンになるまで食べて、それでもなお不足感を感じているのです。

外食はますます難しいと感じる

 普段の生活において、野菜の山盛りを食べることは正しかった! と確信する話でしたが、同時に「今後出先でなにを食べればいいのだろう…」という悩みも発生しました。

 外食で食べる野菜って、高いですよね。たっぷり食べたければ、相当なお値段を支払わねばなりません。

  • それなりに高い品質の食材を使い、
  • わけのわからん調味料等を使わず、
  • できれば高タンパク、低糖質、良質の脂質を使った中くらいのカロリーで、
  • そして野菜山盛り。

 そんなメニューを外で食べるとなると、どれくらいのお金がかかるでしょう。千円、じゃすまないですよね。二千円? 三千円? 家でなら数百円で用意できるものに、そんなお金をかけてはいられません。

 松屋で喰った後コンビニで袋入りのカット野菜でも買い、塩だけ振ってばりばり食う、という手もありますが、いくらなんでもめんどくさい。また牛丼って、カロリーのわりに低タンパク高炭水化物なのも確かなんですよねぇ。

 ますます「健康志向の出不精生活」が進みそうです。

【writer : doku】