やずやのにんにくしじみ

 ちょっと前、レギュラーサプリたる「シジミの入った牡蠣ウコン」を休止してみたら、やっぱり具合が悪くなり、再開したら良くなったという話を書きました。

Related

 やはり元気のためには肝臓が大事! と思い知らされた一件でございまして、もとより酒はほぼ飲んでないのではありますが、さらに肝臓のためのサプリを追加してみようと試みました。

 そこで今回買ってみたのがにんにく卵黄でおなじみ「やずや」の製品。

 “やずやのにんにくしじみ”(シジミ成分入りにんにく卵黄)であります。

“やずやのにんにくしじみ”、4つのメイン成分

やずやのにんにくしじみ

 さてこの製品、商品名こそ“やずやのにんにくしじみ”ですが、他にも有益な成分が入っています。

 まずは卵黄

 それ自体でも有力な滋養分の供給源であるとともに、にんにく卵黄としてにんにくと合体させれば、その有効成分とうまく調和し、効果を高めあってくれる素材でもあります。

 続いては牡蠣

 天然の亜鉛を初めとしたミネラル豊富な牡蠣のエキスも入っています。

 商品名にある2成分にも言及しておきましょう。

 しじみはその名産地として名高い島根県宍道湖産のものを使用。さらにはそこに植物性のオルニチンが、しじみ約500個相当の量、がっつりと加えられています。

 にんにくは青森県産、厳しい冬の寒さのなかたくましく育った「福地ホワイト六片」を使用。

 なかなか期待の持てそうな素材がしっかりと使われているようです。

飲んでみた感想。疲れ知らずになれるが、刺激に注意

やずやのにんにくしじみ

 中身はやずやのにんにく卵黄お馴染み、黄色いソフトカプセル

 目安量は1日2カプセル。食後などに2度に分けてがオススメとのこと。

 で、飲んでみた感触ですが、飲んだ直後、なんだか身体がカッカするような感覚があり、実際ある程度の発汗もありました(ちょっとプラシーボ入ってるかも知れませんが)。

 その後も1日疲れ知らず。快適に過ごせました。

 一方、疲労回復を目的として疲れたときに飲むと、逆に疲労がひどくなるようにも感じました。

 これはやはり、にんにくを初めとした滋養成分にある程度の刺激があるためでしょう。そのせいで人によっては、疲れた内臓がよりグッタリしてしまうのです。

 もちろんその刺激が平気―――という人は元気をしっかり取り戻せると思います。

 胃腸の強さに自信がない人は、疲労時の摂取は避け、体調のいいときに飲むことで、

  • より元気でパワフルなコンディションを獲得する!
  • 疲れを未然に防止する!

 というような効果を期待できるでしょう。
 

男性の精力アップにも? 酒飲みではない人にもオススメ

 さらにいえばこのサプリ、男性には精力剤的な効果もあるのではないかと感じています。

 ちょっとシモなお話で恐縮ですが、実際、特に寝起きなどに元気が増しているようにも感じます。

 性力は精力、すなわち元気・活力・精神力とも直結しています(これは男女共にです)。

 元気と性的欲求、どちらも欠けているという方の場合、このサプリを飲むことで双方を同時に解決できるかも知れません。

 ところでこの手の、いわゆるお酒のみのための肝臓サプリむしろお酒を飲まない人にこそオススメなのではないかとも感じています。

 お酒を飲む人がこういったサプリを飲んだところで、酒の害によるマイナスが多少緩和され、ゼロに近付くだけに過ぎません。

 しかしもともとお酒によるマイナスがない人が飲めば、限りなく大きな「プラス」を得ることも期待できます。

 仕事でも勉強でもライフワークでも、バリバリこなせることでしょう。

 肝臓はアルコールを処理するためだけの器官ではありません。この臓器を適切にケアすることは、快適で元気な、すばらしい日常への道となるのです。

【writer : doku】