Amazonプライムビデオ

 VOD―――すなわちビデオ・オン・デマンド。インターネットを使用して様々な映画やドラマ、アニメなどを見られるサービスは隆盛を極めています。

 特に人気なのが、固定会員費で動画が好きな時に好きなだけ見放題になるサービス。

 さまざまなサイトがあります。Hulu、dTV、U-NEXT……その規模も、サービス内容も、かかるお値段も様々です。

 そのなかで、私は個人的にアマゾンプライムビデオを長年愛用しています。

 他のサイトと、それほどガチに比較したわけでもないですが、私がアマゾンプライムビデオを選んだ理由、その隠れた魅力について、ちょっと語ってみようと思います。

業界最安値のお値段

 アマゾンプライムビデオは、Amazonのプライム会員、という有料会員サービスの1特典となります。

 Amazonプライム会員が得られる特典は非常に多彩なのですが(後述します)、ここではちょっと置いておきましょう。もしプライムビデオ以外のサービスが、その人にとって一切不要だったと仮定すると、

  • プライム会員の会員=プライムビデオの料金

 ということになります。

 プライム会員は月額払いと年払いのどちらかを選べる形となっておりますが、その料金は、

  • 月額会員費 ¥400-
  • 年間会員費 ¥3,900-(1ヶ月当たり ¥325-

 となっております。

 他の有名サイトはどうでしょう。

  • dTV 月額¥500-(+税)
  • Hulu 月額¥933-(+税)
  • U-NEXT 月額¥1,990-(+税)

 高いです。アマゾンプライム会員よりも。仮に動画サービスしか使わなかったとしても、アマゾンプライム会員のほうが安いのです

 実際、年間払いなら月換算¥325-というのは、有名な月額動画サービスの中では最安値といえます。

無料作品の多彩さ

 もちろん安くとも、見られる作品が少なくては意味がありません。

Amazonプライムビデオ

 Amazonプライム会員になると、アマゾンビデオという課金制動画サービスの中から、プライムマーク(上のような画像)の付いているプライム会員特典動画を無料で見放題になるわけですが、

「無料動画少なすぎ! 有料ばっかりじゃないか」

 ということでは、失望もいいところです。

 しかしその心配はありません。数だけでいうなら、一生かかっても見きれないほどの動画が、プライムビデオには存在します。

 いまちょっと調べてみたら、

Amazonプライムビデオ

  • すべてのビデオ(71181)
  • Prime会員特典(28250)

 という結果が出ました(2018年4月現在)。

 ちなみに2016年頃は、すべてのビデオが20000くらい、Prime会員特典8000~9000くらいだったようです(それでもアマゾンプライム超スゲーといわれていました)。

 いま現在ですら、到底見切れない無料動画の数々。それがラインナップを入れ替えつつ、日に日に増えてゆくのですから、

「もう見尽くしてしまったよ…」

 ということはありえないでしょう。

オリジナルコンテンツや他サイトにないコンテンツも

 もちろん、プライムビデオより高い会員費を取っている他の見放題サイトのコンテンツが、より充実していることは確かです(そうでなければ成り立ちません)。

 しかしながら、じゃあアマゾンプライムビデオで見られる作品は、100%、(高料金の)他サイトでも見られるのかというと、そうでもないのです

 意外なことに、プライムビデオにはあるのに、他の高額サイトでは取り扱ってない、というコンテンツも多いのです。

 実際「プライムビデオ独占!」と謳っている動画は多くありますし、そうでない動画でも、他サイトで探したらなかった、という場合は結構あります。

 またこういう定額「見放題」「読み放題」「聞き放題」系のサービスというのは、どれだけ高い料金を払おうと、

「あなたが求めているものが、100%得られるわけではない」

 ものです。なにかを「絶対に見たい」とするなら、それは個別課金で購入ないしレンタルするかしかありません。

 よってこの手のサービスを楽しむためには、

提供されているサービスの中から、自分が楽しめそうなものを探す

 という精神が肝要です。

 そしてそういう精神であれるなら、

「アマゾンプライムビデオで十分かな」

 という気がするのです。

ドキュメンタリー系は他サイトと大して変わらん

 さてここからは個人的な話ですが、わたくし、自然、動物もののドキュメンタリーとかが好きなのです。

 ですので定額制VODを選ぼう、という際、有名サイトのドキュメンタリーカテゴリをそれぞれチェックしてみました。

 するとあることに気がつきました。

ドキュメンタリー系に関しては、どこもそんなに変わらん

 ということです。

 アマゾンプライム会員の何倍もの料金を取るサイトであっても、ドキュメンタリーコンテンツに限れば、

「ちょっと多いくらい…」

 の差異でした。

「この差ならアマゾンでいいや」

 そう考えたわけです。

 …ちなみに私のこの考え、実は間違いでした。

 より「上」だったのです。ドキュメンタリーコンテンツに関しては、他サイトより、アマゾンの方が。

字幕なしの海外コンテンツ。英語の勉強にも

 アマゾンプライムビデオで自然・動物もののドキュメンタリーなどを見ていると、そのうちに「オススメ動画」一覧に、ちょっと変わったものが現れます。

 ややチープなデザインのサムネイルに、動物の写真が載せられています。そこにやはりちょっとチープなデザインの英文字フォントで、なにかが書かれています。

Amazonプライムビデオ

 何だろうと思ってクリックしてみると、他の動画同様個別の紹介ページへ行くのですが、そこに記載されている解説文等はすべて英語です。

Amazonプライムビデオ

 それでもプライム会員は無料で見られるようなので、再生ボタンをクリックしてみると、普通に動画が始まります。

 動物たちの映像、英語のナレーション。字幕はナシですが、見ることができます。

 プライムビデオには、こういう海外コンテンツが多く含まれているのです

 これらを「おもしろい」と思うか「つまんない」と思うかは人それぞれでしょうが、私は結構楽しんでいます。

 動物ドキュメンタリーだけではありません。

 私はプロレスや格闘技を見るのも好きなので、先日試しに、「WWE」とか「wrestling」「UFC」で検索をかけてみましたが、やはり関連する海外動画の数々がヒットしました。

 他には―――例えばあなたが特定の外国に興味があった場合。

 ここでは仮に北欧、ノルウェーとしましょう。プライムビデオの検索フォームに「Norway」と英語で打ち込んでみると、おもしろいものが出てくるかも知れません。

 主には自然ものや旅行もののドキュメンタリーのようですが、結構いろいろな海外動画が出てきます。

 このように、興味のあるものを英語検索することで、思いもよらぬお宝動画を発見できるかも知れないのです。

 言語は主に英語のようですから、英語の分かる人なら難なく楽しめるでしょう。分からないという方でも、自然ものや紀行ものなら、ナレーションを理解できなくとも楽しめます。英語を勉強中の方なら、その上達に利用できるかも知れません。

 こういう海外ものも含めれば、ドキュメンタリーというカテゴリに関して、アマゾンプライムビデオは他の高額サイトよりはるかにコンテンツが充実しているといえるのです。

個別課金もお手軽

 プライムビデオの話からはちょっと脱線しますが…。

 さきほど、どうしても見たいコンテンツがあるなら個別課金するしかない、と申しました。

 そういうどうしても見たいコンテンツの入手にも、アマゾンビデオは便利です。

 前述の通り、現在有料も含めたアマゾンビデオの総動画数は7万以上にわたります。他にも、通信販売で、DVD、BDなどの購入もできます。

 アマゾンならば、

 無料動画を探す → 有料動画を探す → DVDやBDを探す

 という作業が同じアカウントで行えます。大抵のものは見つかるでしょう(超絶ニッチなものを検索するとその限りではありませんが)。

 検索も、アマゾンビデオに対するタイトル検索1回でOK。もしアマゾンビデオになかったとしたら、通販用の関係商品一覧が自動的に表示されます。

当然ながら、他のプライムサービスも利用可

 プライムビデオは、アマゾンプライム会員という有料会員サービスの1特典であると申しました。

 ここで改めて、他の特典を見てみましょう。

  • 通販の少額注文にかかる配送料無料
  • 通販のお急ぎ便日時指定が無料
  • Kindle端末を購入する際割引が付く
  • アマゾンパントリー(日用品まとめ買い)サービスを利用し、安く購入できる
  • タイムセールに早く参加できる。会員専用のセールに参加できる
  • 注文後1時間で商品が届くプライムナウが使える(都内限定)
  • アマゾンフレッシュで生鮮食品が買える(都内や一部地域限定)
  • プライムフォトでオンライン上に写真を保存できる
  • プライムミュージックで音楽100万曲以上聞き放題
  • プライムリーディングで本が無料で読める

 めちゃくちゃたくさんあります。

 まあひとによっては「用はない」サービスもあるでしょうし、私も利用しているのは一部ですが、やはり通販の配送が便利になるのは何気に便利(それでなくてもアマゾンの配送は早いのですが)。

 また最後の2つ、プライムミュージックとプライムリーディングは、また別の記事にしたためようと思っていますが、プライムビデオに負けないくらい楽しめるサービスです

 月会員なら月¥400-で、年会員なら月換算¥315-で、これらすべてが手に入ります

 仮に利用するのが動画サービスだけだったとしても¥315- or ¥400-は安い! といいました。

 仮に上記特典の数々を十全に利用したとしたら、ますますお得ということになります。

 私がプライム会員の特典すべてから感じている価値100%とし、その内訳も%で表現してみると、結果は次のようになります。

  • プライムビデオ 40%
  • プライムミュージック 30%
  • プライムリーディング 15%
  • 通販の配送関係 15%
  • (他はほぼ利用したことなし)

 私は年会員なので月換算¥315-支払っています。その40%ですので、私が心理的にプライムビデオに対し負担している額は、月額¥126- ということになります。

 たった¥126-! 自販機の缶ジュースより安いくらいの料金で、これほどまでに凄まじい動画見放題サービスが利用できるのです。

 ありえない、というか、非常識なまでのお得さといえましょう。

 例によって最初の一ヶ月は無料で試せるアマゾンプライム会員「Amazonで買い物をする」「動画を見るのが好き」「音楽を聴くのが好き」「本を乱読する」…どれかひとつでも当てはまるなら損はなく、ふたつ以上当てはまるならすばらしい利益を得られるサービスです。

【writer : doku】