どひい!! あやうく、当サイトがぶっ壊れるところでした。

 このブログのスタイルシートがサーバー上(ワードプレスのテーマ内)から消滅し、CSSなしの表示になりかけた(というか数分間なった)のです。

 自分自身の備忘録として、そして人様へのなにかの参考としてメモ。

FTPソフトをいきなりシャットダウンさせたのが原因か

 その日、私は、FTPクライアント「cyberduck」を使い、エディタ「Atom」をもって、当サイトのスタイルシートをダウンロードして、あれこれ書き換えをおこなっていました。

 他人から見ればどうでもいいような細かい部分をあれこれ修正し、満足して、作業を終えることにしました。

 そして以下のように行動しました。

  1. エディタ「Atom」上でスタイルシートをセーブした(つまりサーバー上のデータへの書き換えを指示した)。
  2. すぐにAtomを終了した。
  3. またすぐにFTPソフト「cyberduck」も終了した。

 そうしてから当サイトを見てみると……

「あら?」

 あらわれたのは真っ白な背景の上、左詰の状態で表示される画像・文字列。

 インターネットを使っておられる方ならどなたでも見たことはあるでしょう。HTMLは読み込んだけど、CSSは読み込み損ねた…という状況のときになる画面です。

 まあよくあることです。気にせずリロードしました。しかし、リロードしおわっても変わりません。何度リロードを繰り返しても変わりません。スタイルシートが読み込まれません。

 もしや、と思い再びcyberduckを立ち上げ、サーバー内を確認してみると…

 ワードプレステーマの中から、「style.css」のみが消失しているではありませんか!

アップロード中にアプリケーションを終了してはいけない

 一瞬あせりましたが、すぐに手を打ちました。

 サーバーからダウンロードしAtomで作業したファイルというのは、Atom終了後、ローカル上ではそのコピーが「ゴミ箱」に送られる、という仕様になっています。

 ゴミ箱をのぞいてみると……あった、あった! ゴミ箱内のstyle.cssを復旧させ、サーバーに再upし、なんとか事なきを得ました(これがうまくいかなかったら、ちょっと古いデータからバックアップするハメになるところでした)。

 しかし何故こんなことになったのか。

 やはり考えられることは、やはりセーブ直後―――サーバー内データの書き換え中にアプリケーションを終了したことでありましょう。だからって「消滅」しなくてもいいだろう、とも思いますが、ちょっと不用意な行動でした。

 今後はセーブの後は、しばらく時間をおいてから、アプリを終了しようと思います。

 しかし、FTPソフトでデータをやりとり中、もしなにかトラブルがあったら(それこそPCが唐突にぶっ壊れるとか、ネット回線の不都合とか)、サーバー上のデータがなくなる可能性はあるということなので。

 やはりバックアップは大切ってことですなぁ。

 もちろん、いまだってバックアップはやってますけど、それほど“こまめ”にではなかったので(汗)。

 運営サイトのバックアップ体制も見直さなきゃならんなあと思った次第でございます。

【writer : doku】