日本酒の化粧水

 まぁ、表題通り(笑)。

 日本酒由来成分を使った化粧水を買ってみたのです。

 お名前もその通り「日本酒の化粧水」。

 メーカーは酒造として高名な菊正宗であります。

化粧水で、サラサラ、スベスベ、スキンケア

 寒くて乾燥する冬場の空気。

 そのせいで、やたらお手々が荒れてつらいのでございます。

 かさかさしてかゆかったり痛かったりするだけならまだ我慢しても、アカギレが悪化して血が出るようなことになったらさすがに具合が悪い。絆創膏を貼らねばならなくなり、面倒であります。

 一方で、お手々がべたべたするのも嫌いなわたくし。

 油っこいクリームとかはあまり塗りたくありません。

 そこで手軽に肌を潤わせてくれる、いい化粧水はないかと探していたのです。

化粧水の大量摂取は非常に有効

 リーズナブルなものでかまわないので、化粧水をケチらずたっぷり使うことがスキンケアには有効―――という話を、むかしどこかで聞いていました。

 そこでAmazonで検索し、リーズナブルで大容量、かつ評判もいいっぽいこの化粧水を買ってみたのです。

 ポンプ式なのが何気にうれしい。洗面所において、手洗いのたびに、気軽に手にかけられます(いちいち蓋を開けなきゃいけないタイプのものは、面倒なものです)。

 手との相性も、よし。成分が合わないと逆に肌が荒れてしまうこともあるものですが、そんなことはありません。

 使い始めて3日もすると、肌荒れはだいぶん良くなり、すべすべな感じとなりました。

 如何せんサッパリタイプの化粧水なので、保湿はそれほど長時間はもちません。綺麗な手を保ちたければ、2~3時間ごとくらいに付け治す必要はありますが、手間やベタつき、不快感はないローションなので、面倒にも感じません。

 ちなみにこの通常タイプのほかに、高保湿タイプもあるようですが、前述の通りコテコテしたのは好みではないので、通常で正解だったと思います。一方、乾燥がひどい体質の方などは、高保湿タイプの方が具合が良いようです。

 この化粧水と、このあいだ話した牡蠣サプリのおかげで、この冬は「皮膚から流血沙汰」を起こすことなく過ごせそうです。

【writer : doku】